話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

転生魔王、冒険者になる

ノベルバユーザー167873

4話 初戦闘、そして新たな出会い

「ん…あれ?俺何してるの?」
「目を覚まされましたね。ユウキ様は剣を作った後魔力切れで倒れられました」

魔力切れかーやっぱり俺でも結構ギリギリだったんだなーどんなんができたんだろ

「アモン、剣は?」
「こちらです」

うわっ見るからに強そう。鑑定してみよ

「『鑑定』」

『ステータス』
 
 【名前】グラム
 【剣種】神器 魔剣 
 【性能】触れたものなら何でも切ることが   出来る。
使用者が持ち主の場合のみ魔力を2倍にし、剣の重さを自在に変えることが出来る。(持ち主以外の場合この剣はただの剣になる)


やばい…チートだった

「アモン、この剣やばくない?」
「ユウキ様なら普通だと思いますが」
「えー…なんかおれへの評価高すぎない?」
「それよりもここら辺の魔物で試されてはどうでしょうか」
「それもそうだな。『空間魔法』」

空間魔法を使うと500m先に気配があった

「じゃあまずあいつに実験台になってもらいますか」

500mの距離を身体強化を使い一瞬で距離を詰め切りかかる

「ゴガァ!?」
「おせーよ」

魔物もユウキに気づくがすでにユウキは魔物の首を切り落としていた

「ゴブリンか、まぁゴブリンならこうなるわな」

ユウキは切りごたえのなさに少しがっかりする

「まぁこれからずっと使って行くわけだし強い敵にも会えるだろ」
「そうですね、神獣も運がよければ会えますよ」
「神獣かー、会うまでにもっと強くなっておきたいなー。まぁまずは冒険者にならないとな。早く行くか!」
「はい!」


ユウキとアモンが人国を目指して3日目、そろそろ森を抜ける頃に空間魔法の敵感知に反応があった。

「アモン、なんかあっちで争ってるっぽいぞ」
「そうですね、盗賊とかでしょうか?」
「山賊か、そういえばまだ人と戦ったことないし行ってみるか」

そしてユウキとアモンがたどり着くと馬車を何人かの騎士が囲っており、その回りを20人以上の盗賊と思われるやつらがいた

「あの人数じゃ騎士の方はちょっとしんどいかなー。早めに盗賊やっつけますかー」

そして戦闘と呼べるようなものではない、ただの蹂躙が始まった

「フハハハ!お前ら、そろそろ騎士らも限界だろう。馬車の中にいる貴族を人質にして財宝をかっさらうぜ!」
「さすが兄貴!」
「さあ、こいつらをぶっ殺っ!」
「兄貴!?」
「なんだ、気配探知もできねークズじゃん」

ユウキの一振りで盗賊のリーダーの首がとんだ

「キサマ!よくも兄貴を!」

飛び込んでくる盗賊を全て爆炎魔法で灰に変える…辺りを巻き込んで

「ユウキ様、少々やりすぎでは?」
「ごめん、始めての魔法の実戦だったからちょっとテンション上がっちゃって」
「しょうがないですね、木々の修復は私がやっておきます」
「さすがアモン俺の一番のパートナー」
「パートナーですか、いい響きですね」

アモンが少し照れているとユウキの戦いでしばらく唖然としていた騎士たちがやっと動き出した

「あなた方はいったい?」
「俺は冒険者を目指しているユウキです」
「ユウキ様の一番のパートナーのアモンと申します」

何故か一番を強調してアモンが言う

「冒険者じゃないのにそんなにも強いのか…あ、自己紹介が遅れました、今回護衛の騎士隊長を勤めているバロンだ。危ないところを救っていただき感謝する。さすがに私達ではあの人数の盗賊を相手するのはきつかったんだ」

3人が話していると馬車から一人の少女が降りてきた。見るからに位の高い人だと分かる

「あの…危ないところを救っていただき、ありがとうございます」

恥ずかしそうに少し怯えながら少女がお礼を言う

「あなたは?」

「私はここから一番近いバレンという国の国王アレクの娘のシルフィです」

「「えーーー!?」」


 

「転生魔王、冒険者になる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

  • リムル様と尚文様は神!!サイタマも!!

    魔王ということがバレるのか?

    0
コメントを書く