スキルイータ

北きつね

第二百三十五話


 シロが元老院に入ったと報告が来た。

「それで、フラビアが来た理由は?」

「はい。アトフィアの残党がシロ様を襲ってきましたので、排除しました」

「ん?シロが狙われたのか?どこで?」

「正確には、シロ様を狙ったものではありませんでした」

「・・・?」

 シロが襲われたが、シロを狙っていたわけではない?

「ようするに、野盗と同レベルになっていると言いたいのか?」

「はい」

 どうやら、俺たちが支配している大陸では、アトフィア教の影響は排除できたと考えて良さそうだ。
 宗教の怖い所は、分別を欠いて従ってしまっている信者たちが居ることだ。その者たちが”野盗”と同等になっているのなら、排除は簡単だ。

「フラビア。それ以外には?」

「はい。報告は、元老院から届くと思いますので、口頭でお伝えします」

 アトフィア教を探らせていた者たちからの報告が多かった。

「わかった。報告書を待つ。それで。フラビアは、シロの親族として出席してくれるのだよな?」

「はい。最初は、従者としての出席で考えていたのですが、従者はエーファたちが行うことになりました」

「ありがとう」

「ギュアンとフリーゼも、シロ様の出席者です」

「わかった」

「以上です」

 フラビアも、元老院で式まで過ごすように言われている。

 さて、ロックハンドに移動して、イサークたちに話をしなければならないな。

 久しぶりに、カイとウミを連れ出した。ライは、ダンジョンに他の眷属たちを連れて、食材の確保に向かった。
 式が終わったあとで、眷属たちとパーティをするための食材を確保したいらしい。

 俺だけでも、ロックハンドに移動しても問題はなかったのだが、襲撃犯が隠れている可能性が排除出来ない。
 護衛を付けないでの移動を許可することが出来ないと、各方面から言われてしまった。それに、新種の問題は何も解決していない。

「イサーク!」

「お!久しぶりだな」

「そう言えば、ナーシャは?」

「また、何か、ナーシャがしたのか?」

 イサークが恐る恐る聞いてきた。

「安心しろ、俺の所には、何も苦情は来ていない」

「よかった。それじゃ?」

「まずは、ロックハンドの様子を見に来た」

 俺は、イサークを手招きした。

「イサーク。この街というか、場所は不審者が入りにくい状況になっている。人が増えているとは聞いているが、実際はどうだ?」

「あぁ基本は、船でやってくる。冒険者だけだ。森に入って稼いで騒いで帰るだけで、定住した者は少ない」

「そうか・・・。各地で、奴らが野盗と同等になっているという報告が上がっている」

「奴らというと、アトフィア教か?」

「そうだ。もう、この大陸では、野盗と同等になっている」

「わかった。ピムにも注意させる」

「頼む」

「そうだ!ナーシャ経由で聞いたけど、カトリナが何か困っているらしいぞ」

「カトリナが?」

「あぁ。でも、緊急という感じではないそうだ」

「わかった。何かあれば言ってくるだろう」

「そうだな。あっ!それと、ガーラントが、洞窟の一部を借りたいとか言っていたぞ?」

「わかった。ガーラントは?」

「もうすぐ来ると思う」

 5分くらい。イサークから近況を聞いていたら、ガーラントがやってきた。

「お久しぶりじゃな」

「ガーラント。それで、洞窟の一部で何をする?」

「お!そうじゃ!ツクモ様。鍛冶をするのに、魔力が充満する場所を探していたら、森よりも、洞窟の中が適していそうでな」

「ふーん。別にいいぞ。伝えておくよ。ガーラントだけでいいのか?」

「相談は、そのことじゃ。儂だけじゃなくて、数名が入られるようにして欲しい。駄目か?」

「それは、今の洞窟じゃなくて、魔力が充満している洞窟であればいいのか?」

「ん?そんなことができるのなら、それで構わない」

「わかった。準備をしよう。優秀な武器や防具が必要になってきそうだからな」

「新種か?」

 イサークが話に割り込んでくる。
 実際に、対峙したことがあるので、何かを感じるのだろう。

「そうだ。結局、何もわからないからな。新種が現れたということだけだ、それも、他の大陸にも現れているらしい」

「・・・。わかった」

「任せろとは言えないが、武器と防具をさらにいいものが打てるように準備を始める」

「そんな時に、式への誘いで悪いけど、イサークとガーラントとピムは、俺の招待客として列席してほしい」

「わかった。そのつもりで準備はしている。ん?ナーシャはどうする?」

「ナーシャは、シロの招待客にする」

「わかった。伝えておく。何か準備しておくものはあるか?」

「服も用意しているみたいだから、大丈夫だ。ナーシャには、式には甘い物は出ないと伝えておいてくれ、それから、イサークとガーラントとピムは1日だけだが、ナーシャは3日とも式に出てもらう」

「おっ!?」

 人数の偏りが激しいから、俺の招待客はどれか1日だけの出席になるが、シロの招待客は3日とも出てもらうことになったと説明した。

「わかった。伝えておく」

「逃げたら、わかっているだろうとだけ言っておいてくれ」

「あぁ」

 イサークが微妙は表情をしているのは、ナーシャに説明するときのことを考えたのだろう。
 ガーラントは笑いをこらえている表情をしている。

「眷属の誰かを迎えに出すから頼むな」

「おぉ」

「カイ!ウミ!帰るぞ!」

 森に出かけていた、カイとウミを呼び戻す。
 護衛の意味が無いと言えば無いけど、レッシュやエルマンとエステルが頭上を回っている。問題があれば、知らせてくれる。

「あ・・・」

 カイとウミが飼って来た魔物は、森の奥に出てくるような魔物だったようだ。
 イサークたちでも十分な安全マージンを持って狩れる魔物だが、単独での撃破は難しいらしい。

 それを軽々飼ってこられたので、固まってしまったようだ。

 ガーラントが固まったのは、チームで狩りをすると、素材が駄目になってしまうのを、カイとウミは素材を傷つけないで狩ってきている。
 ”ヨロイタートル”と言われる。陸ガメの魔物だ。甲羅を残した状態で狩ることができれば素材として使えるが、ヨロイのようになっている甲羅を壊さなければ、倒せない。武器も破損してしまう可能性が高い上に、魔法耐性も強い。亀なので、足は遅いので、ヒットアンドアウェイで対応すれば、時間は必要だが討伐は可能だ。しかし、時間をかけて攻略すると一番の素材になる、甲羅を傷つけてしまう。
 ほぼ無傷の状態で討伐してきたのだ。

「ツクモ様!儂に、甲羅をくれ!いや、買わせて欲しい。防具の素材として利用をしたい」

「置いていくから好きに使ってくれ・・・。そうだな、シロにガントレットでも作ってくれ、残った素材は、報酬としてガーラントに渡す」

「本当か!」

「あぁ」

「ガントレットなら、2-3日でできる。式に持っていく」

「わかった。楽しみにしている」

 カイとウミに感謝だな。
 二匹の頭を撫でながら、洞窟から家に戻る。

 屋敷に戻ると、リーリアとオリヴィエが待っていた。
 どうやら、服の最後の調整のための採寸をしたいということだ。

 風呂に入ってから、服の調整のために着替えを何度か行って、簡単に動いて採寸を行った。

 準備が整ってくると、式が近づいてきていると実感できる。
 大陸中から移動が開始されている。

 中央大陸からも人が流れてきている。
 パレスケープに繋がる道は渋滞こそ発生していないが、かなりの馬車が連なっている。混むのを嫌って、わざわざロングケープ経由で向かってくる者も居るようだ。

 ドアがノックされる。

「旦那様。ルート殿がお越しです」

「ん?あぁ元老院からの報告書かな?書斎に通してくれ」

「かしこまりました」

 書斎に行くと、ルートがソファーに座って、出された紅茶を飲んでいた。

「ルート?」

「夜分にもうしわけありません。ツクモ様が、どこにいらっしゃるのか探していたら、この時間になってしまいました」

 あぁそれで少しイラッとしていたのだな。

「すまん。ロックハンドに行っていた」

「それなら、誰かに伝言を・・・。いえ、失礼しました。それで、元老院からの報告書です。お渡しいたします」

「すまんな。ミュルダ老が来ると思っていた」

「シロ様の説得・・・。いえ、ご説明をしておりまして、私が資料を届けにきました」

「そうか、すまんな。クリスも、説明に参加しているのか?」

「はい。礼儀の問題はないのですが、武器を持っていないのが、どうも不安のようで・・・。その説明です」

「すまん」

「それなら、代わりに・・・。いえ、忘れて下さい。それで、資料はどうしますか?」

「預かる。明日、また話を聞きたい」

「わかりました。夜分に、もうしわけありませんでした」

 律儀にルートは謝罪して書斎を出ていった。
 資料は、明日にでも読もう。今日は、眠い。

「スキルイータ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く