話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

スキルイータ

北きつね

第三十三話

/*** イサーク Side ***/

 スーン殿が戻ってきた。手には、なにやら小奇麗な袋を持っている。
 ガーラントを見る。わからないという顔をしている。デス・スパイダーの作り出す布では無いようだ。

 酒の前に、袋の話ができるのは嬉しい。

「ガーラント殿。この袋は、どう見えますか?」

 ガーラントが、袋を手に取る。

「!!ツクモ殿!」
「どうされましたか?」

「いや、失礼した。もしや、この袋は、収納のスキルが付与されていますか?」
「えぇそうです。袋そのものは、人族が使っていた物を使っていますが、それに、収納のスキルを付与しました」
「え?」
「どうしました?」
「いえ、今の言い方ですよ。ツクモ殿が作成されたように聞こえたのですが?」
「えぇそうですよ。スーン」

 スーン殿が、同じ様な、袋を5枚、目の前に置いた。レベル5のスキルカードが二枚置かれた。

「ガーラント殿。スキルスロットという言葉はありますか?」
「いえ、聞いた事がございません」
「そうですか・・・それでしたら、この5枚の袋で、スキルが付与できる袋を調べる事はできますか?」
「いえ、できません。そもそも、スキルの付与ができるかどうかは、運任せというのが定説です。何かしらの法則があるという見方もありますが、万人を納得させるだけの材料を提示した説はありません。少なくても、儂は知りません」

「そうですか・・・スーン。レベル1の魔核を大量に・・・あぁ持ってきているのだな。火種もだな」

 スーン殿が、20個近い、レベル1魔核をテーブルの上に置いた。火種のスキルなのだろう、レベル1のカードも20枚置かれた。

「ガーラント殿。少し実験に付き合ってください」
「あぁ構わない」

 それを聞くと、嬉しそうに、魔核を分け始めた。それにしても、レベル1とはいえ、これだけの魔核がすぐに用意できるのだな。
 7個と12個に分けられて、残り1つは、別グループになるようだ。よく見て欲しいと言われたので、観察したが、色や大きさに多少の違いはあるが、ほとんど違いは見られない。ガーラントもピムも同じ意見だ。ナーシャは、別テーブルで幸せそうな顔をして、ツクモ殿から紹介された、パンケーキを頬張っている。

 1つ別枠があった事に関係するのか、スーン殿が、もう一枚スキルカードを取り出した。

「ガーラント殿は、魔核にスキルの付与はできますよね?」
「あぁもちろんだ」
「それならば、この魔核に火種のスキルを付与してください。7つ成功したら、そうですね。先程の袋を、チームノービスに進呈しますよ」
「ツクモ殿・・・いや、わかりました、やりましょう」
「お願いします。まずは、この多い方の12個からお願いします」

 皆の予想通り、12個には失敗して、スキルが発動して無くなってしまう。
 そして、7個のグループの方は、全部火種のスキルが付与された。どのくらいの確率なのか、わからないが、最初の一個はそうなると予想していたが、7個全部となると、ツクモ殿は、付与できる魔核がわかる事になる。

 そして、残りの一個には、まずは火種を付与して、成功する。連続して、もう一個のスキルを付与してみてくれと言われた。微風のスキルだ。流石に無理だろうと思っていた事が成功してしまった。

「ツクモ殿!なぜだ。なぜわかる!」
「流石に、方法をお教えできませんが、私には、スキルが付与できる魔核/武器/防具/道具がわかるのです。あっ実験に付き合って頂いてありがとうございます。その袋はお持ち帰りください。収納のスキルは、レベル7相当ですので、かなりの容量だと思います」
「・・・ちなみに、回数は?」
「え?無制限じゃないと使えないですよね?」

 あぁダメな物だ。返そうと思っても、ダメだろう。確かに、収納袋は欲しいと常々思っている。
 その上、無制限となったら、それこそ喉から手が出るほど欲しい。無制限の物が、無いわけではない。ダンジョンの宝箱で、たまに出たという話を聞く。だから、俺たちが持っていても不思議に思われないだろう。

「ありがたく、頂戴いたします」

 そう答えるのがやっとだった。

 そして、テーブルの上には、いくつかのグラスが並んでいた。
 酒が出てきたのだろう。酒と言えばエールが一般的で、領主や豪商などが、ミードを嗜むという話を聞いた事がある。一番最初にだされた物は、エールに似ている。俺は、それほど酒に強いわけではないので、少しだけもらう事にした。ピムも同じだ。

 一口飲んで見る
「!!」

 びっくりした。
 触った時に、すごく冷たかったが、飲んだ時の喉を通る感覚が、エールと全然違う。これなら、いくらでも飲めてしまいそうだ。

「ツクモ殿。これは?」
「製法は、そのうち公開しますが、今日の所は、こういう酒だと思ってください。エールとは違いますが、飲めますよね?」
「あぁ!あぁ!普段、エールを飲んでいたが、別物だ。喉を通る時の感覚や、舌の上の感じ方、極上だ。もっとくれ、いくらでも飲めそうだ」
「それは後日にしましょう。ガーラント殿。日常的に、これが飲めると過程して、一杯、どのくらいなら許せますか?」
「飲む前なら、エール並のレベル3を2~3枚という所だと答えるが、飲んでしまうと、レベル4でも飲みたくなってしまう。できたら、レベル3が5枚程度なら毎日でも飲む!!」

 そうだな。飲んでしまったら、レベル4でも安いと感じてしまうだろう。毎日飲むには少し高いから、レベル3が5~6枚なら、毎日でも飲むな。

「スーン。どうだ?」
「はい。想定以上です」
「そうか、ありがとう。さて、ガーラント殿。イサーク殿。ピム殿。次からの酒は、酒精がやたら高い物です。そうですね。次の物は、ミードを蒸留して作成した物で、酒精が先程のビールの10倍近くになっていると思います」

「え?」「は?」

 何度めかの衝撃だ。酔いの主な原因が、酒精にあるのは知られている。エールよりも、ミードの方が酒精が強い場合があるが、それでも、2倍程度だときいた事がある。それが、10倍?想像できない。

「ですので、絶対に、一気に飲まないでください」

 そう注意されて、出された物は、琥珀色の飲み物だ。
 先程のコップよりも、すごく小さいコップに入っている。

 匂いは、ミードのような気がするが、もっと違う匂いがする。これが、蒸留という手法を行ったからなのだろう。

 少しだけ口に含む。
 びっくりした。鼻に抜ける、蜂蜜の香りもだが、それ以上に、喉を焼くような酒精。それでいて、甘く美味しく感じるのどごし。ピムも同じ様にびっくりしているようだ。ガーラントは、目を見開いている。

「ツクモ殿。ツクモ殿。後生だ。もう一口。もう一口」
「はいはい。後で、残りをお届けします。先に進めます」

 なんだか、ガーラントの扱いが解っているようだ。
 それとも、酔っぱらいに慣れているのか?

 次に出された、大麦を蒸留した物といわれた物は、無色透明だったが、恐ろしく酒精が強かった。先程のよりも、甘みが強いのに、酒精が格段に強い。一気に酔ってしまいそうだ。

「さて、先程と同じ事を聞きたいのですが、さすがに、コップいっぱいだとわかりにくいので、これくらいの瓶に入っていたら、どのくらいならいいですか?」

 ツクモ殿が出された物は、かなり大きいものだが、俺たちがダンジョンに潜る時に使う水筒の1つと同じくらいだろう。
 ガーラントは、レベル5でも買うと言っている。確かに、一度飲んでみたら、それでも安いと思えてしまう。多分、領主や豪商なら、レベル5を数枚から、もしかしたら、レベル6を出すかも知れない。

 ツクモ殿が、なぜこんな事を聞きたかったかという事を教えてくれた。
 直近は無理だろうけど、早ければ、数カ月後・・・数を用意するのなら、数年後とかに、獣人族が、これらの酒を作って、売ることができたら、彼らの独立にならないかという事だ。正直、この酒のためなら、ブルーフォレストの奥地に入る事もいとわないドワーフは多いだろう。領主や豪商も、大量の冒険者を雇っても元が取れると考えるだろう。
 その事を正直に伝える。
 なにやら、ツクモ殿は、また考え始めてしまった。

「大主。お話の途中です」

 スーン殿が話を元に戻してくれた。

「そうだった。いろいろわかりました。ありがとうございます。あぁナーシャさん。デザートはどうですか?」
「すごぉぉぉっく美味しいです!」
「それは良かったです」

 ナーシャの話になると長くなりそうだ。

「ツクモ殿」
「あぁそうだったな。それで、貴殿たちは、私に何を望みますか?ここでの生活なら、獣人族の居住区ができたので、そこで生活する事ができます。ミュルダに帰るのなら、途中まで護衛を出しますし、食料や水も提供いたします。何か、希望が有るのなら、言ってください」

 ここが勝負どころだ。
 正直、これだけの物を見せられると、”住む”という選択肢は魅力的だ。

 だが
「ツクモ殿。俺たちは、少なくても、俺は、ミュルダに一度帰ります。あそこは、俺の家だ」
「わかりました。それで?他の方々は?」
「儂も、イサークに付き合う」「僕も」
「わた「すまん。ツクモ殿。ナーシャをここでかくまってくれないか?」」「イサーク!」

「かまいませんよ。ナーシャさんがそれでよろしければ?」
「ツクモ殿。私は、イサークと一緒に行く!」
「だそうですよ」

 ナーシャだけでもここに残ってくれたら、そう思ったのだけどな。

「ナーシャ。ミュルダは、今大変な事になっているのだぞ。そのくらい、解っているよな?」
「うん。だからこそ、一緒に行きたい」

「ん?ミュルダ?大変?すみません。イサーク殿。ミュルダが大変という事ですが、もしかして、アトフィア教の事ですか?」
「えぇそうです」
「申し訳ない。世情に疎いので、説明して頂けないでしょうか?」

/*** カズト・ツクモ Side ***/

 うーん。
 イサーク殿から、ミュルダと言われる街が陥っている状況を聞いている。

 そうだ!

「イサーク殿。アンクラムは、獣人族を、盾にしないと、ミュルダに攻める事ができないのですか?」
「そんな事は無いと思いますが、難しいと判断する可能性が高いです」
「そうですか、獣人族が襲われていて、囚われていた者を開放しましたが、それでもまだ攻めますか?」
「わかりませんが、アトフィア教の連中がいる限り、獣人族への弾圧は続きますし、ミュルダへの規制は続くと思われます」
「ミュルダに取って、アンクラムは、必要な街なのですか?」
「は?」

「いえ、話を聞いていまして、取引高とか・・・そうですね。概念があるかわかりませんが、アンクラムからの輸入と輸出が占める、ミュルダ経済への影響が低いのであれば、ミュルダが切り捨てられるのではなく、ミュルダが、アンクラムや・・・えぇーとなんといいましたか、ダンジョンがある街」
「サラトガです」
「あぁそうそう、サラトガを切り捨てればいいのでは?」
「それでは、ミュルダはどうやって」
「居住区の獣人族と取引をしませんか?さすがに、ブルーフォレストの奥地まで毎回入ってくるのは辛いでしょうから、ブルーフォレストとサイレントヒルの堺辺り、ダミーとなる獣人族の街でも作りましょう。そこと、ミュルダで商取引をしてもらうと言うのはどうでしょうか?」

「ちょっ、ちょっと待ってください。そんな大きな事、冒険者風情では判断できません」
「そうですか?誰に、進言すればいいですか?」
「一番は、領主ですね」
「イサーク殿は、領主とのつながりはありますか?いきなり、私のような人間が行って、話を聞いてくれるとは思えません」
「え?あっ領主への繋ぎは可能だと思います。こちらで頂いた物を見せれば・・・それよりも、街を作るなんて事が可能なのですか?」

「スーン。森から出てしまうが、問題ないよな?」
「大主。問題ありません。規模にもよりますが、建材は準備できます」
「そうか、広さは、商業中心の都市にする予定だからな。そこから、まっすぐに、居住区に安全に移動できるようにする事を考えてみてくれ」
「かしこまりました。スキルの使用は?」
「任せる。必要なら魔核に付与する」
「かしこまりました」

 思いつきだけど、意外といいアイディアかもしれない。
 居住区に住んでもらって、ダンジョンに潜ってもらう。これは、確定事項だけど、水と一緒で、人も、流れが無いと淀んでしまうからな。長崎の出島の様にそこでだけ商取引ができるようにしておけば、いろいろカモフラージュできるだろう。

「イサーク殿。街は問題ないと思います。お土産を持って伺えば、会って頂けそうですか?」
「話は聞いてくれると思います」
「そうですか、もう少し、インパクトがほしいですね。領主が”借り”だと思うような事があれば嬉しいのですけどね」

 イサーク殿と、ガーラント殿と、ナーシャ殿が、顔を見合わせる。
 ピム殿がなにかに気がついたようだ。話の流れから、”借り”だと思ってくれるような物なのだろう。

「「「「レベル7回復!!!」」」」

「スキルイータ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く