スキルイータ

北きつね

第四話

「カイ。ウミ。この辺りに、洞窟は有ったか?」
『・・・』『あったけど・・・』

 二匹が言い淀んだ所から、二匹が根城にしていた場所なのだろう。

「どのくらいの魔物が入り込んでいる?」
『え?あっ僕たちが確認した時には、20体位でした』『うん』

 20体か・・・以外と多いな。草を抜いて、地面を露出させる。

「カイ。ウミ。覚えている限りでいいから、その洞窟を書いてみてくれないか?」
『はい』『わかった』

 二匹は、何かいいながら、地面に洞窟の見取り図を書いていく。
 どうやら、入り口は一つで、それほど大きくないようだ。分かれ道も一つしかなく、すぐに最奥部に到達できる。

「そうか、カイとウミが覚えている限りで、魔物はゴブリンだけだったのか?」
『僕が見たのは・・・あっスキル持ちがいるかも知れません』
『アタシは、コボルトが数体荷物を運んでいたのを見たよ』

 入り口を塞いで、出てくる一体一体始末していくか・・・時間がかかりすぎるな。
 それに、食料調達に外に出ている奴がいると後ろから襲われてしまうし、あまり時間はかけられない。他の魔物が来ない間に、拠点として使える状態にしたい。

「カイ。ウミ。その洞窟が見える場所まで案内してくれ」
『・・・わかりました』『はい!』

 ウミはなんだか、嬉しそうだ。

 広場から、1時間くらい森の中を移動した。少しだけ広がった場所が見えた所で、カイとウミが止まった。
『カズト様。あれがそうです』

 カイの目線を追うと、岩山があり、そこに切れ目がある。高さ的には、2mは無いだろう。1.5m程度だろうか、幅も大人がやっと通れる位だ。確かに、大型の魔物は入ってこられないだろう。拠点と考えると、ちょうどいいのだろう。
 しばらく、監視していると、数体のゴブリンとコボルトが出入りしているのが確認できた。

 出ていった者も何かを持って帰ってきている。
 辺りに、闇の帳が降りてきた。もう帰ってくる者は居ないようだ。確認しただけで、ゴブリンが11体。コボルトが6体だ。

 出ていかなかった者もいるだろうから、拠点化を進めているのだろう、木材や石を持ち込んでいるのが確認できた。あと、何かしらの道具と思われる物も持ち込まれていた。そして、人間と思われる死体もあった。

 この近くに、人間が住んでいる可能性が上がったが、カイとウミは、人間は俺以外見たことがないと言っている。
 人里の事は、棚上げだな。今考えてもしょうがない。

 さて、使える武器は、剣が二本と、知恵と勇気!絶望的だな。戦力比は、3:17~30程度だろう。30と考えると、一人、10体倒せばいい計算だ。はぁ頭かいて寝てしまいたい。でも、拠点は欲しいし、カイとウミに、安心して過ごせる場所を提供してあげたい。何よりも、俺が安心したい。

 状況を注視していると、ゴブリンたちは見張りは出ていないようだ。
 正面に回って見たが、見える位置に、ゴブリやコボルトを確認できない。もしかしたら、スキルで何かしているのかもしれないが、その場合には逃げ出すしかない。

 入り口が思った以上に狭い上に、ターゲットが奥に入っている。カイとウミの説明でも、奥は、広がっているが、入り口の通路は狭いようだ。1対1には慣れるのだろうけど、30体と戦い続けるなんて事は考えたくない。

「カイ。岩山の上はどうなっている?」
『え?わかりません。申し訳ありません』
『アタシ知ってる!沢山土とか石とか有ったよ』
「少し大きめの岩は有ったか?」
『うん。有ったよ!』
「ウミ。ありがとう!」
『えっへん!』

「カイ。ウミ。大変だけど、さっきの場所まで戻るぞ」
『はい』『わかった』

 さっき抜いた草が必要になる。生木も沢山ある。

// 名前:草
// 食用には適さない。水分に、睡眠効果がある。

 そんな草だ。
 広場に戻って、風向きを確認して、枯木の上に草を置いて、火を付ける。立ち上った、緑の煙を鑑定してみると、

// 名前:煙
// 一定量吸い込むと、睡眠状態になる

 当たりだ!
 必要量がわからないから、広場に生えている草を片っ端から根っこから抜いた。木に巻き付いていた、蔦を剥がして、草を束にして縛る。まとめて、洞窟の近くまで持っていく。

 次に、岩山に登った。ウミが言う通りに、堆積した物だろうか、草が生える程度の土や石がある。
 直径1m程度の大きな岩が数個転がっている。1トン超の重さになる。俺に動かせるとは思えないがやってみる事にした。森から、硬そうな木を選んでテコで動かせるのなら転がしたい。

 岩を動かす成功した。うまい具合に、近い場所での支点を作る事ができた。不思議な木だったが、魔力を注ぐと、鉄のように固くなると説明が出ていたので、魔力を注ぐイメージで、5mの木で、5cmの支点位置で動かす事ができた。異世界バンザイだ。

”ズドン”という音と共に、岩が洞窟の入り口の3/4を塞ぐ。

 中でゴブリン共が騒いでいるが、出られるのは、頭や手だけのようだ。
 位置もうまく行った。ゴブリンどもが、岩に体当たりしているのがわかるが、その程度では岩は動かないだろう。

 煙がうまく流れるように、土と岩でかまどの様な物を作る。それから、枯れ木を組み上げて、持ってきた草を上からかぶせてから火を付ける。あとは、木の皮を剥いで作ったうちわもどきで、煙を洞窟の中に流し込む。

 火が強くなりすぎるので、生木を入れて、煙の量を調整する。
 奥まで届いているのかは不明だが、出ている煙と、上から出ている煙の量が明らかに違うし、洞窟と言っても、大きさから空気穴が有っても不思議ではない。カイとウミも、器用に二匹で岩を運んでくる。それで、塞いでいる岩の隙間を埋めていく。

 そのまま、火が消えない程度に、草を燃やし続けた。近くの土が粘り気が有ったので、岩と石の隙間に詰め込んでいく、これで、煙の流出も少なくなる。安全ラインがわからないが、一晩程度送り続ければ大丈夫だろう。

 もうひとり人手が欲しい・・・。

 一人と二匹で、頑張った。
 朝日が辺りを照らし始める。数時間前から、洞窟の中から物音が聞こえてこない。物音で起きてしまう可能性もあるので、一酸化中毒を狙って、岩の隙間から、燃えた炭を投入する事にした。

 カイとウミに、持てる範囲で枯木を集めてもらった。無理の無い範囲でやってもらっている。

 何回目の投入が終わった。
 カイとウミが戻ってきたら、食事に行こうと思っていた。

 二匹が戻ってきた。
 ん?後ろから、何かがついてきている。”ぽよんぽよん”とした生き物で、いわゆるスライムなのだろう?

「カイ。ウミ。そのスライムはどうした?」
『広場に居たから連れてきました』
「え?広場?果物を食べた所?」
『はい。アプルの皮や芯を食べていました。”もっと食べたい”と、言っていました』
『ほら、カズト様にお願いしなさいよ』

 ウミが、スライム向けて命令したら、”りんご”や”もも”を、10個くらいずつ吐き出した。
「これは?」
『剥いて欲しいそうです』
「そのまま食べないのか?」
『・・・。あっ芯だけ食べたいそうです。種とかですね』
「そうか、それにしても・・・」

// 名前:---
// 年齢:0歳
// 種族:スライム・ベイビー
// 称号:なし
// 固有スキル:収納
// 固有スキル:---
// 固有スキル:---
// 固有スキル:---
// 固有スキル:---
// 固有スキル:---
// 固有スキル:---
// レベル1スキル:
// レベル2スキル:
// レベル3スキル:
// レベル4スキル:
// レベル5スキル:
// レベル6スキル:
// レベル7スキル:
// レベル8スキル:
// レベル9スキル:
// レベル10スキル:
// 体力:H
// 魔力:H

 確かに最弱なのは間違いないけど、固有スキルが優秀すぎる。固有化のスキルを持っている俺との相性が良すぎる。
 この世界の人間は、スライムを眷属化して、便利に使っているのだろうか?

 なんとか、眷属化したい。カイとウミは、ペット枠で、スライムはペット兼倉庫役だな。収納が、どの程度収納できるのかわからないけど、少なくても、果物20個を収納できる程度の大きさは有るようだ。

「カイ。そのスライムを、俺の眷属に加えたいけど、話を通してもらえるか?」
『・・・大丈夫です。是非と言っています』
「ありがとう。契約を行う」

 スライムに触れながら、眷属化のスキルを発動する。
「名前は、ライ。お前の名前は、ライだ!」

// 名前:ライ
// 称号:カズト・ツクモの眷属

 ライを鑑定して、眷属化ができた事を確認した。
 早く、念話のスキルカードを得ないとな。カイやウミに、間に入ってもらえば話が通じるけど、会話ができないと寂しい。

 ライが持ってきた果物で腹を満たした。
 皮や種や芯は、ライが喜んで食べている。

 果物で、水分と栄養を確保した。
 これからどうしようかと悩んでいると、

『カズト様』
「ん?どうした?」
『ライに、何をしているかと聞かれて、簡単に説明したら』
「ん」
『”隙間から、中に入って確認してくる”と、言っていますがどうしますか?』
「大丈夫なのか?」

 カイと、ライが、何か話している様子だ。
 ウミは、マイペースなのか、果物を食べたら、毛づくろいをしてから、俺の膝の上で丸くなって寝息を立て始めている。

『ライが言うには、ライは、魔力で生きているので、煙はなんともないようです』
「そうか、睡眠の煙も有るけど大丈夫なのか?」

『スライムは、眠らないので、大丈夫だと思います』
「そうか、睡眠しないのなら、睡眠の煙があっても大丈夫か・・・」

 少し考えてみるが、中がどうなっているのかは気になる。
 岩をどけて確認して、まだ動けるやつがいたら大変な事になってしまうかもしれない。確かに、ライが確認してくれたら、安全性は格段と上がる。

「ライ。剣は使えるのか?使えるのなら、一本持っていって、生きているゴブリンやコボルトが居たら・・・」
『カズト様。ライが言うには、剣は使えないけど、スライム特有の攻撃で、”弱っていたら倒せる”と、言っています』
「そうか、それなら頼む。もし、動けるやつがいたら無理しないで逃げてこい。約束だぞ!」

 ライが、その言葉を聞いて、飛び跳ねる。
 命令されるのが嬉しいのか、自分ができる事が有ったのが嬉しいのかわからないが、喜んでいる感情は伝わってくる。

 岩の隙間を埋めていた石と土をどかして、ライが入っていける隙間を作る。
 ライが、岩の隙間から洞窟に入っていく、ドキドキしながら、ライが帰ってくるのを待つ。

 20分くらい経過しただろうか、
『カズト様。ライなのですが、洞窟の中には、起きていたり、生きている者は、居ないそうです』
「わかった。戻ってくるように伝えてくれ」
『あっ。カズト様。ライが、ゴブリンやコボルトを食べていいかと聞いています』
「そうだな。カイとウミがいいのなら、問題ないぞ」
『わかりました。僕たちは、問題ないです。ライに伝えて、最初は、魔力だけ食べさせます』
「任せる。俺は、岩をどかす」

 ウミを、草むらの上にどかして、岩を動かしたときと同じ要領で、洞窟を塞いでいる岩をどかす。

 炭の燃えカスあるが、煙はそれほど心配なさそうだ。
 入り口の辺りは、煤で汚れているが、少し進むとそれも収まっているようだ。入り口付近に、コボルトの死体が転がっている。殴られた跡がある事から、ゴブリンに命令されて、岩をどかすか、なんとかしようとしたのかもしれない。

 中も煙は大丈夫なようだ。少し息苦しく感じるけど、多分大丈夫なのだろう。洞窟の中は、それほど狭くない。入り口から3m位は狭かったが、それをすぎると、学校の廊下くらいの幅と高さがある空間になっている。
 分かれ道から、右側は少し上り坂になっている様だ。ライ(カイの通訳)からの情報で、”右側にゴブリンが居た”と、いう事だ。左側の少し下りになっている所には、ゴブリンも、コボルトも居ないようだ。

 カイと、起きたウミは、右側のライがいる方に行ってもらう事にして、俺は左側の、いろいろな物が有ると言っていた場所に向かう。

 左側の先を暫く行くと、また道が分かれていた。
 カイとウミからの説明になかった事から、ゴブリンたちが作ったのかもしれない。

 分かれ道を下に伸びる、左側を進む。
 少しずつ降りになっている通路を、10分くらい歩いたが、まだ底にたどり着かない。一旦戻る事にする。

 分かれ道まで戻ってきた所で、カイとウミとライが待っていた。
『カズト様』
「あぁすまん。そっちは大丈夫だったか?」
『はい。魔力は、僕とウミで処理しました。ゴブリンキングも居たようですが、死骸は、ライが消化しました』
「あぁありがとう」
『それと・・・』
「なんだ?」
『人族の死骸はどうしましょうか?』
「魔力はなかったのだろう?」
『はい』
「それならしょうがない。ライに処分させたほうがいいだろうな。ここに置いておいても腐ってしまうだろうからな」
『・・・わかりました』
「何か言いたいのか?」
『いえ、人族ですよ』
「あぁその事か、俺は、別に同じだからって人族のほうが大事なんて思わない。話をしたことも無ければ、顔も知らない奴らよりも、お前たち、カイやウミやライのほうが大事で大切だ」
「え?あっありがとうございます」

 先に動き始めていた、ウミが戻ってきて、カイを連れて行った。
 俺は、ゴブリンたちが溜め込んだ物を見に行く事にした。

「スキルイータ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く