高欄に佇む、千載を距てた愛染で

本宮 秋

友誼

第二話

二人の女の子、亜紀と真樹。
仲の良かった二人が、呆気なく普通の女子学生の関係に。
理由は、男。ありきたりの理由。
二人の友情を分けてしまった原因の男子生徒、崇。
崇は真樹に好意を持ち告白までしたが、結果的に亜紀と付き合う事に。

思い通りになった亜紀は、恋に夢中。

恋と友情を秤《はかり》にかけ、自ら恋から逃げた真樹は…… 恋と友情を失い悲しい毎日。

小さな田舎町、嫌でも亜紀と崇の楽しそうな毎日が目に入る。
亜紀は行動的な女子。
真樹は行動する前に考えてしまう女子。

微妙な性格の違いで、お互いの優先順位も違う。そのせいもあり真樹は、悔しさを何処にも誰にもぶつける事が出来なかった。

しかし若い男女。

移り気と言うか、若いからこそ気持ちが不安定。同い年のコミュニティだからこそ見栄やプライドも出て来る。
初めは、仲良く良い付き合いが出来ていた亜紀と崇だが…… 徐々に。

亜紀には、もう一つ理由はあった。

それは、真樹の存在。
崇が真樹に好意を持っていた事を知っていたし、真樹は他の女子とは違う存在だった事が亜紀が悩む原因だった。

亜紀にとっては、崇と一緒にいても何処か真樹の影を感じていた。
真樹の影が…… 亜紀を不安にさせ、崇との関係が少しずつ崩れていった。

無論、真樹には何も関係ない事。
真樹は、静かに亜紀と崇の仲を見守っていただけ。

亜紀自身、恋に夢中だったので忘れていたが、やはり亜紀にとっても真樹は…… 
大事な存在。

ただそれに気付くのは、今では無く……


時が進み。

高校生になっていた。

亜紀も真樹も崇も同じ高校。
しかし亜紀と崇は既に、別れていた。

高校で新しく友人が出来た事もあり、崇と別れた亜紀だが、真樹とは仲が戻らなかった。

二年になった時、真樹は付き合う。
……崇と。
元々は相思相愛の仲。
ごく自然に、お付き合いできた。
一気に楽しく素敵な毎日。
高校生活が明るくなった。
それなりに長く付き合いも続いた。

その仲の良い二人を見た亜紀は、辛かった。自分も崇と付き合っていたのに、遥かに真樹と崇の仲が良く見え、その結果亜紀は より真樹を毛嫌う様になった。

真樹も楽しい毎日だったが、たまに亜紀の姿を見ると…… 辛く、自分だけが幸せな事が……
少しずつ自分を卑下するようになった。

高校生活も終盤あたり。
真樹は崇と別れる事に。
直接的な理由は、崇の浮気。浮気というより別の女の子に乗り換えた。下級生の子に。

ただ真樹は、すんなり受け入れる。真樹自身、段々と崇といるだけではどこか……
つまらない様な、何かが足りない様な物足りなさを感じていたから。

お互いに進路も決まった冬の日、バッタリと亜紀と真樹が出会った。
愛染橋の入り口で。
辺りは夕方の時間だが既に日は落ち、暗い橋の上で。
久々に会話を交わし二人で橋を渡る。

「崇と何で別れたの? 」
亜紀が唐突に訊く。

「何でって、私が振られただけだよ。他の子に気持ちが移っただけ」

「下級生の子に取られて悔しくないの?せっかく崇と付き合えたのに」

「しょうがない…… し。でもいい思い出できたし、もういいの! 」
崇の事は、スパッと終わった感じに答えた真樹。

「亜紀は……  卒業後は…… 」

「一応進学。真樹は大学でしょ! 」

「うん。離れた所いくの? 亜紀は」

「そうだね。お陰で真樹とも顔合わせなくて…… 済むよ」

「…… ごめんね」
何故か真樹は、謝る。

「謝られる事、されてないけど? 」

橋を渡り終える時、
「じゃ、元気でね」
亜紀がそう言い残し……

亜紀の後ろ姿を真樹は、見ていた。
もう本当に昔の様に戻れないのかと考えながら……

亜紀の姿が暗闇に消え、真樹は一人その場で佇む。
ふと橋の欄干に書いてある
『愛染橋』
を見つめ……

居た堪れない気持ちを…… ぶつける。
『こんな田舎、嫌い』
『こんな名前の橋なんて…… 嫌い』
『亜紀…… なんて…… 嫌い』

『自分が…… すごく…… 嫌い』

寒い冬の冷たい川に架かる橋で……
真樹は、涙を流していた。

亜紀に対してなのか、自分に対してなのか。

それから高校を卒業し、それぞれ別の方向へ。

亜紀と真樹は何年も会う事が無かった。


第二話    終




「高欄に佇む、千載を距てた愛染で」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く