高欄に佇む、千載を距てた愛染で

本宮 秋

追慕

第四話

すっかり寂れた故郷。

女の実家は、疾《と》うに無くなっていた。
愛染橋も嘗《かつ》てより古くなってるのが明らかに……
変わらないのは、橋の下を流れる川の流れと橋から見る空の景色だけだった。

あいにくの曇り空。


『何年? 何十年…… ここで約束した事に、縋り付いていたのだろう』

改めて、歳を重ねた女が若かりし日の思い出を掘り起こしていた。

『やっぱり…… あれは、淡い思い出……
何故、もっと早く気付かなかったんだろう。気付いていたら、もっと違う人生だったのかも。でも今は、そんな事どうでもいい。やっと…… やっと、踏み出せそうだから。
もうこれで、この場所とも、この橋とも、この景色ともお別れ……

さようなら   愛染橋。
さようなら   淡い思い出。

最後に、この橋から見る綺麗な夕陽を見たかった…… 』

そう橋の上で誓い、前を向いて歩み出そうとする女に……
僅かな雲の切れ間から…… 夕陽が一瞬、顔を出す。
川の水面に一筋の夕陽の光。

『ふふっ。ありがとう愛染橋。やっと最後に願いを叶えてくれて…… 』


……

2ヶ月後。

静かな愛染橋。

橋の真ん中に人影。
背が高い、中年の男性。

「何十年ぶりだろうか? この橋に来たのは。街はすっかり変わってしまって。
でも、まだこの橋は残っていたんだな。
……ごめん」

小さな声で謝った男。

かつてこの橋で女と約束を交わした男。
今頃、何故ここに。

スーツを着て、白いシャツに……
 ……黒いネクタイ。

「ごめんな。俺が約束を…… 破ったんだよな。ずっと心の奥に罪悪感みたいなのが、あったけど……
俺がお前の所に行ったら…… お前の幸せを壊すかもしれなくて…… 行けなかった。
てっきり幸せになってるとばかり…… 思ってたから。ずっと守ってくれていたんだな、約束。        本当にごめん。
でもあまりに早過ぎるだろ!
まだまだ人生これからだろ!
なんで、よりによってお前が…… 」

女は、この橋に来た2ヶ月後に突然の……

人生の終わりを迎えた。

やっと…… 掴めそうな幸せを まえに。

男は、自分を責めていた。
幸せに暮らしていた男だったが、やはり気に し続けた人生だった。

男の脳裏に若かりし頃の思い出が……

「この橋で、色々 話をしたな。夕陽を見ながら暗くなるまで。楽しかった。
そして…… 好きだった。      なのに……

愛染橋か。

もっとアイツに愛を与えてやってくれよ!約束を破った俺じゃなくアイツに……
せめて……   生きていて欲しかった。
そしたらいつか」

橋の欄干に両手をつき俯き、川を眺めながら。

ふと男が顔を上げる。

真っ赤な夕陽。

「この橋から見る夕陽は、こんな赤かったか? こんなに綺麗だったか?
くそっ。
俺は、そんな事も忘れてしまった程……

ごめん、こんな男で。

もう一度だけ…… この夕陽を一緒に見たかった」

男は、夕陽が沈んでもずっと佇んでい
た。

愛、染める…… 愛染橋で。

……


目が覚めた。

どの位、寝ていたのだろうか。

いや、いつも通りだった。

一晩の夢で、他人の人生を観た夢なんて勿論初めての経験。
まして、目が覚めてもはっきりと夢を覚えているなんて……

あの橋に行った事が、あの二人の思いを自分に伝える為のきっかけになったのか……

夢なのに真実の出来事の様な、二人の想い。
それを確かめる為、あの橋に再び向かった。

いざ橋に着くと、夢に出て来た風景とはまるで違っていた。初めに来た時と同じ、寂れた橋。かつて街があったとは想像出来ない程、荒れ果てた周りの景色。

橋の真ん中に進み、川を覗き込む。
川の流れは、夢と同じ。
その川に途中で買った白い花を、そっと流した。

夢が真実かどうかは分からない。ただ、女の思いに…… せめて花だけでも添えてあげたかった。

あの二人にとって大事な思い出の夕陽は、とても見る事が出来ない空模様だった。

やはりここから見る夕陽は、あの二人だけのものらしい。

そっと橋を後に……

橋の終わりに差し掛かった時、

一瞬  風が通り過ぎた。

一度きり。

それ以降、風は吹かなかった。
振り返り、橋を見返す。

何も無い。誰もいない。

不思議な経験をしたけれど、お陰でこの橋とこの景色は、ずっと自分の心に残るだろうと……

愛染橋を後にした。

橋を後にしてから、あんなにはっきりと覚えていた夢の記憶が……

橋から遠ざかる程、夢の記憶が消えていった。

何となく記憶に残ったのは、帰り際に……
一瞬吹いた風の感触だけだった。


第四話    終









「高欄に佇む、千載を距てた愛染で」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く