高欄に佇む、千載を距てた愛染で

本宮 秋

追慕

第三話

夢は続く。

女は、過去を振りきる様に歩み出していた。ただ、なかなか上手くいかない日々。
離婚したことで、仕事も変えひっそりと暮らしていた。いい事なんて、まるで無い寂しい毎日。年齢だけが着々と重ねていく。もう、四十も間近。

毎日、コツコツと仕事をするだけ。
あの若い時の希望と夢に溢れていた時期は、なんだったの?と思うほど地味で不変的な毎日。

あの人は…… 幸せなんだろうか? もう…… 私の存在すら…… 頭にないのだろうか……

でも、もう逢いたいとは思わない。
時が、過ぎてしまったから。
もう私も、あの頃の面影も失い普通のおばさん。
普通どころか幸せに縁の無い地味で、つまらない女。
今の私で彼には、向き合いたく無い。

でも…… 逢いたい。逢わずとも一目……


もう恋する事にも諦めた女。

そんな女の前に、歳下の男性が。
仕事先に営業でやって来る歳下の男性。
とても男として魅力が有るとは言えない冴えない男性。純朴と言うか女性と縁がまるで感じない地味な人。
仕事も余りできる感じでは無く。その日も営業に回って来て、帰り際に持っていた書類を落とし地面にばら撒いていた。

近くにいた女が、その書類を拾ってあげた。男性は、汗を掻きながらひたすら
「すいません、すいません」と。
女の顔を見ずに、慌てて立ち去った。

ふと足元に鍵が落ちていた。
男性が落としたものだろう。既に男性は居ないし連絡先もわからないので、会社の警備室に預けた。
会社帰り、晴れていた筈が雨模様になっていた。傘も無く立ち竦んでいたら見覚えのある背中の男性。

鍵を落とした事に気づき、探しているのだろうか。おどおどしながら鍵を探していた男性。
声を掛け、警備室に行き鍵を男性に渡してあげた。
丁寧過ぎる程、感謝されたが相変わらず男性は顔を上げず目も合わさず。
人見知りなのかシャイなのか。営業やっているのに……
ただ、女が傘が無く雨模様の空を見ていた様子に気付き、

「あ、あの…… よ 、よかったら、車で……お送りします…… けど。鍵のお礼に…… 」

ボソっと男性が雨に掻き消されそうな声で言った。
悪い感じも無い、おそらく真面目な人。
勿論、男としても見る事が無いであろう歳下の男性。
素直に男性の言葉に甘え、送ってもらった。
車中、緊張した感じの男性を見て女から話をした。
歳は女より5歳下。女と同じ様な田舎の出身。
境遇も似てた。
高校生の時、父親を事故で亡くし……
女も大学二年の時、父親を……

ただ真面目そうでシャイで純朴な男性を男と言うより弟の様な感覚に思えた。

それからは会社で見かける度、軽く挨拶をする様に。
しばらくして男性から食事に誘われる。
流石に断わろとしたが、男性の食事の誘い方が余りに辿々しく、暑くもないのに汗を掻き、緊張しすぎている感じに居た堪れなくなり誘いを受ける事に。

相手が相手だけど、久々の二人での食事。高級なレストランでも無い、普通の居酒屋。

軽く食事をしただけで、帰ることに。
ただ、帰り際にいきなり交際を申し込まれる。
こんな離婚歴ある、おばさん相手に……
その場は、適当に誤魔化し帰る。

良い人なのは、分かる。でも男として見れない様な。
しかし女は、少し嬉しかった。照れくさくて敢えて男というより、弟の様に接したつもり。

久々に笑顔で、布団に入った。

それから何度か逢う。
女性経験が、ほぼ無い男性。
いつまでたっても目を合わす事すら無い。
しかし目を合わしてくれた時がきた。

「あ、あの。けっ、結婚とかは…… やっぱり無理でしょうか…… 」

いくら何度か逢ってるとは言え、驚いた。でも初めて目を合わせてくれて言った事が、男性の精一杯の誠意に思えた。

「でも、私は歳上だし。離婚歴あるし。多分、子供とかも難しいかも…… 」

「それは関係ないかと。自分は男として魅力無いのも自覚してますし、取柄も無いし…… 無理なら無理で大丈夫です。慣れているので。優しくしてもらっただけで嬉しかったです。こんな自分に…… 」

女は…… 申し訳ない気持ちになった。

それは私も同じ。

こんな女に優しくしてもらい、交際を申し込んでくれたり結婚とか……  私は、あなたより何も無い人間なのに……

『どうしよう…… 』

それが女の素直な気持ちだった。
良いのだろうか?こんな真面目な人と。
幸せに向かい合っていいのだろうか?
こんな私が……

とりあえず男性には保留にしてもらった。
断る意味の保留では無く、最後にきちんと清算する為に。

女が過去を清算する場所。

あの橋

愛…… 染める、

あの場所へ。


一人、女は思い出の場所へ

思い出を消し、新たな思い出を作る人生を歩む為に……

第三話      終




「高欄に佇む、千載を距てた愛染で」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く