話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

虐められていた僕はクラスごと転移した異世界で最強の能力を手に入れたので復讐することにした

白兎

82・盗賊の頭

 優希達を襲った盗賊は気に縛り付けられていた。
 子ウサギのように震えているのは、湧き出る恐怖心の表れ。
 腕を組み、眉間に皺を寄せる少女は、その玉貌に怒気を刻み付けていて、

「よくも人が気持ちよく眠っているところを邪魔してくれたな。お前達のおかげで黄金兎コガネウサギのステーキを食い逃した。その罪を詫びて死ね」

 本当に殺すわけではないと思うが、片手をあげて何かをしようとする素振りをするメアリーを優希は後ろから止める。

「皐月の前で物騒な力を使うのはよせ。それにお前が夢の中で何を食おうが俺もこいつらも知ったこっちゃねぇんだよ。分かったら皐月の方を手伝ってこい」
 
 上げた腕を掴む優希の手を振り払い、彼女は不機嫌そうにしながらも皐月の方へ。
 皐月は、両手両足を拘束したうえでだが、怪我をしている盗賊達の手当てにあたっている。
 死んでしまった者に対しては、せめてもの供養として死体を綺麗な状態にしてやり土に埋めている。
 
 まだ命が消える時に慣れていないということを、皐月の悲しげな顔が物語っている。
 低級魔界に行けるだけの実力をジークが持っていることは皐月も知っている。だが、普段の温厚さを考えると死屍累々な場所が似合わない人であると認識している。
 
 今回のような襲撃に逢うことは珍しくない仕事だ。だから恩恵者ではない商人は護衛を雇うし、恩恵者の商人はそれなりに強い。
 殺さなきゃ殺される世界。それでも、ジークには人を殺してほしくないと思う皐月がいる。
 だから後で話をしよう。そう思いながら皐月は、埋めた死体に土を被せた。

 背後で戦闘の後処理をしている中、優希は縛り上げた三人の盗賊の前に立って、その緋色の眼光をぶつけた。
 メアリーとは別の、平気で命を奪い取るような、背筋が凍る冷徹な視線。
 さっきとは違った恐怖心に耐え切れず、盗賊達は叫んだ。

「頼むッ! 今まで奪ったもんはすべて渡すから殺さないでくれ!」
「おぉっ俺達は雇われただけなんだ!」
「そ、そう。金で雇われたんだ。その金も渡すから命だけは!」

 盗賊は金で雇われたと言っている。
 この感じだとグランドールが雇っているようには思えない。
 グランドールを筆頭にした一味を雇っている誰かがいる。

「雇われたってんなら、何故この竜車を? 誰でも良かったのか俺達を狙ったのか。教えてくれたら殺しはしない」

 優希が聞くと、縛り上げた盗賊の内真ん中の奴がすぐに口を開いた。

「俺達を雇ったのはニシキとニイオっていう二人組だ。奴らは神器を持っていて仲間の何人かは一瞬で死んだ。それに奴らはその神器を複製出来るって言ったんだ。だからグランドールの兄貴はその話に乗った。それが本当に出来たなら俺達の名は帝国中に響き渡る。それにあくまでも雇うと言って金まで出してくれるんだ。これほど美味しい話はない」

「つまりお前らは神器を複製する為に必要な素材を集めてたってわけか。んで、お前らが震え上がるその神器ってのはどんなのだ?」

 優希が尋ねると、今度は左にいる奴が口を割る。

「見た目は金属製の筒だ。だが、ただの筒じゃねぇ。凄んげぇ音が鳴ったと思ったら仲間が一人倒れた。額に穴が開いて血が噴き出していた。【堅護】で守っても凄まじい激痛が走る威力の何か。何が起こってるのか分からねぇ。だが、目に見えない攻撃を受けてるのは理解できた」

「…………」

 男の話を聞いて優希は顎に手を当てて考え込む。
 恩恵者ですら見えない攻撃ができる神器。それを複製出来るなら優希もその話に乗っかりたい。
 それに、盗賊を雇った奴にも興味がある。

「分かった。約束通り命は助けてやる。なんなら後ろで倒れてる奴は衛兵に突き出すがお前ら三人は見逃してやってもいい。ただし条件があるがな」

「条件?」

「あぁ。俺をそのニシキとニイオに会わせろ。それが条件だ。会わせてくれた後は勝手にしていい」

「……ああ分かった。案内するぜ」



 ********************



 優希達は三人の盗賊を連れて鋼の都『メタリカ』を東に外れた集落に訪れていた。
 帝都等の街並みは中世にでもタイムスリップしたような感覚を覚え、その感覚を今優希はもう一度味わっている。
 さらに昔、日本でいうなら弥生時代のような感じだ。
 魔物にかかればすぐ倒れそうな木の柵、木と藁で出来た住まい、ここに来るまでにあった田畑はこの集落にいる人たちのものだろう。

「いっちゃ悪いが、マジでこんなところにいるのか? 神器を複製するならここだと設備も環境も悪いだろ。せいぜい刀が打てるぐらいじゃねぇか」

 神器を複製すると聞いていたので、てっきりメタリカにいると思っていた。だが、ここは工業ではなく農業が盛ん。刀を打つくらいといったが、その設備があるかすら危うい。

「ここは俺達が五年前から拠点にしてた場所だ。集落の連中は殺されない代わりに栽培した作物の三割を献上して、俺達の腹を満たし、俺達が商人から奪った皮や布で衣服を作らせ、道具なんかはメタリカで換金する。そうやって俺達は過ごしていた」

「命を資産として回してるのか。盗賊のくせに集落の経営かよ」

 集落に覇気が感じられないのは、あくまでも生かされている環境だからだろうか。
 
「でももうそんな生活を送らなくて済みますね。皆さんの笑顔が見れるといいですけど」

 荷台から顔を出す皐月。
 グランドールが死に、盗賊の大半は衛兵に捕まってしまった今、集落の人々が作物や衣類の献上をしなくて済む。

「だといいがな」

 荷台から同じ光景を見ていたメアリーが冷たく言った。
 皐月が首をかしげているのを見て、優希はメアリーの考えを代弁する。

「野蛮な盗賊に支配されていると言われれば悪い印象を持つが、逆に言えば既に盗賊の保護下にあるってことだ。だが、支配者が消えた今、ここは他の盗賊に襲撃されるかもしれないし、魔物が襲ってくるかもしれない。ここの人達に戦う術がない以上、誰かに守ってもらわないといけないってこと」

 集落の今の状態は、行ってしまえば土地が開いたということ。
 他の盗賊による支配や虐殺、帰属による土地開発で住まいを追われたり、魔物に狙われて殺される。
 ここの集落の人が幸せに暮らすのならば、武力、権力的に力を持った優しい心の持ち主に保護してもらうぐらいだろう。

「だから絶対に賊の壊滅はここの連中に言わない方がいい。感謝されるのは一瞬だけで、下手をすればその後は一生恨まれる。私達に責任が持てない以上はそっとしておいた方がいい。バレなければ私達は関係ないからな」

 メアリーが笑みを浮かべてそう言った。
 皐月は納得しながらもあまりいい表情は浮かばない。
 実際皐月は荷台に隠れてただけで一切関係ないのだが、優希を仲間として認識している以上、罪悪感も共有してしまうのが彼女だ。
 まあ、優希には罪悪感など微塵もないが。

「ここだ」

 盗賊の一人が言った。
 集落より少し離れたところにある家屋。集落とは違い木材と石でしっかりとした構造の建屋が、盗賊のアジトだったのだろう。

 優希は竜車から降りると、三人の盗賊の内一人の腕を掴む。
 そのまま他の二人に視線をやって、

「案内ご苦労。お前らはもう行っていいぞ」

 リードが外れた犬のように、二人は走って逃げていく。
 相当優希とメアリーが恐ろしく見えていたのだろう。
 そんな二人の背中を見て羨ましそうな顔をする残された男。

「皐月とメアリーは外で待っててくれ。ほら行くぞ」

 強引に男を連れて行き、建屋の扉を開いた。
 盗賊のアジトだけあり酒と獣の臭いが入り混じった空間。
 掃除もされていないのか、埃っぽさもある。

 そんな住処としては劣悪な環境に、優希はあからさまな嫌悪感が顔に出るが、中にいた二人を見て表情は戻った。
 一人は力士のような重量感のある男。贅肉という贅肉を身体に纏う男。
 もう一人は対称的にヒョロヒョロの男。長身な為筋肉贅肉の無さがより目立つ男。

 デブとガリガリ、肉と骨、ワイドとロング。
 そんな単語が優希の脳裏に印象付けられる。
  
「お、戻ったでござるか? おや、そちらの御仁は?」

 ガリガリの男が眼鏡を押し上げて言った。
 
「実はアンタらに会いたいって言うんで連れてきやした」

 そう言って男は優希の顔色を窺いながらその場を去った。
 盗賊の男の事だとどうでもいい。今は目前の標的相手にしか興味が無い。

 錦 司《にしき つかさ》と新尾 一平《にいお いっぺい》。
 優希のクラスメイトが、今、目の前にいた。

 名前を聞いた時に予想はしていた。
 だが、いざ目の前に姿を現されると血が沸騰するような感覚が襲ってくる。

「初めまして。僕はジーク。旅商人をやっている者です。何やら面白い事をやっているみたいでしたので一噛みしたいなと思いまして」

 ビジネススマイルを決める優希。
 彼ら二人には爽やかな青年という印象が刻まれて、クラス一のデブ――錦が優希に近づいた。

「面白い事? 一体何のことですかなぁ」

「ほら、何やら神器の複製をしようとしてるとか」

 わざとらしく白を切る錦と、それを笑顔で返す優希。
 
「神器の複製。もしそれが出来たのなら天才魔道技師アルミナの再来、いやもしかしたらそれ以上になるかもしれません。言わば金のなる木、商人として黙っていられませんよ」

 言うと今度は新尾が優希に近づいて、

「ジーク殿と申されましたか……小生らは確かに神器なるものの複製を試みているでござるが、その計画に貴殿が関わることで生じるメリットの提示を要求するでござる」

 眼鏡を指で押し上げて、レンズ越しで笑みを浮かべる。
 その瞳に嫌悪感というのは感じられない。
 利益さえ提示すれば、計画に参加させてくれるのは間違いないだろう。

「まず一つ、僕は商人ですので、神器複製に必要な材料をタダで提供できます。盗賊を雇って略奪行為は指名手配される恐れがあります。それに比べれば商人から素材を手に入れられる。これほど好都合なことは無いはず。それに盗賊の皆さんはここに来るまでに衛兵に突き出したので、素材を調達する当てがいるはず」

 優希の話に耳を傾けていた二人は、盗賊が衛兵に突き出されたと知ってあからさまに肩を落として落ち込んだ。

「マジでか。クソッ、折角大金積んで雇ったのに!」

「だから言ったでござるよ。盗賊なんかより眷属雇った方が良いって」

 アルカトラに来た際に支給された金を使っていたようで、盗賊が捕まったと聞いた瞬間後悔の念に駆られていた。
 だが、それもすぐに切り替えて、

「そういう事ならよろしくでござるジーク殿」

「我らは同志、言わば兄弟。よろしく頼むぜジーク氏」

 錦が握手を求める。
 その分厚い肉の手を、優希の赤眼が睨みつけると、

「よろしくお願いします」

 笑みを浮かべて、その手を握る。
 

 ――こいつらと手を組むのは二度目か…………


 そんなことを思いながら、優希の手は力士のように大きく厚い手を握りしめた。

  

「虐められていた僕はクラスごと転移した異世界で最強の能力を手に入れたので復讐することにした」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く