話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

虐められていた僕はクラスごと転移した異世界で最強の能力を手に入れたので復讐することにした

白兎

57・不確定な存在


 上を向いても、下を向いても、右も左も、続くのは永遠の白。
 足裏に存在する地面の確かな感覚と、視覚では確認できない地面との感覚的誤差に違和感を感じながら、優希は目前に佇む少女に目を向ける。
 銀髪の髪は腰あたりまで伸びて、黒く澄んだ瞳は白い肌と相まってより綺麗に映る。

「で、話したい事とはなんだ? 言っとくが何度聞かれても奴らの事は……」

「それはいい。いや、よくはないが取り合えず第三勢力については置いておく」

 優希の言葉に彼女は面倒そうに「ではなんだ?」と返す。
 わざわざ〖純白の園ヴァイスガルテン〗で話したいということは、他の連中に聞かれたくない上、今すぐに聞きたいこと。
 その条件でメアリーが思いつくのは不確定要素が多い第三勢力について。
 
「ぶっちゃけた話、今回は不確定要素が多すぎる。超級魔界、第三勢力、皐月の存在」

「そうだろうな。お前の考えたプランは十中八九思い通りにはいかないだろうな」

「だから、出来るだけ疑問は抱えたくない。お前が知っていること話せること今ここで全部話せ。詳しいことが言えないなら何故言えないかを話せ。はっきり言う。一番の不確定要素はお前だメアリー……いや、パンドラ」

 優希の睥睨にメアリーは軽く溜息。
 その本気で相手にしないような反応にイラつきを覚え始め、優希の眼がさらに睨みを効かせる為に、彼女も真剣に相手にしなければならないと向き直った。
 彼女としても優希と仲違いする結果は求めていない。

「お前は私に恐怖心、涙、痛み、躊躇、情け、悲しみの六つを捧げ、お前は情報操作の権能を手に入れた。そして、私はお前の望みを叶える為に協力し、お前は私の望みを叶える為に動く。そこまでは言ったな」

「あぁ、確か世界を滅ぼすって言っていたな」

「そうだ。その為にはお前の存在が必要不可欠で、お前の望みを叶えることは私の望みを叶える為でもあるんだ」

 彼女は視認できない地面に腰を据えて、

「私は……女神という存在は、アルカトラの唯一神、エンスベルによって言動を縛られている。詳しいことを話せないとはそういうことだ」

「それはこの世界でも適応されるのか?」

 メアリーが保有し、支配し、管理している空間である〖純白の園ヴァイスガルテン〗でも、その束縛は適応されるのか。
 その疑問についてメアリーは首を縦に振る。

「お前とこの世界で出会ったとき、正直の話記憶が殆どなかったんだ。いや、記憶を思い出すことを束縛されていたんだ」

「記憶が縛られていた? 何故だ?」

「その理由は話せない。話を続けるが、女神とエンスベルとの関係は、女神と契約者の関係と同じだ。女神が人間と契約した時、二人の間には繋がりリンクが生まれる。その繋がりリンクはエンスベルと女神との間にもあるわけだ」

繋がりリンク……何故エンスベルとの間にそんなものが?」

「その理由も話せない。それで、記憶がない私がどうやって記憶を取り戻したと思う?」

 その時ふと思ったことがある。優希は権能を得るために感情等を捧げた。なら、その捧げたものは彼女の何に還元されたのか。

「俺が捧げたものがその縛りから解放させた」

「そうだ……契約者との繋がりリンクが強くなればなるほど、女神はエンスベルの縛りから解放される。今回の場合、お前と契約したことで繋がりリンクが生まれ、記憶を思い出す縛りが消えた」

「つまり、今お前が縛られているのはその記憶を漏らす行為。その縛りからお前を解放するには、俺はさらにお前に何かを捧げないといけないわけか」

 優希の憶測をメアリーは首を振って否定した。

「そうではない。エンスベルの束縛から解放されるということは、お前との繋がりリンクが強くなったためにエンスベルとの繋がりリンクが薄れたということだ。そして、私は私の望みを叶える為にお前の望みに手を貸していると言った」

「即ち、俺の望みに近づけば近づく程お前との繋がりリンクが強くなって、お前とエンスベルとの繋がりリンクが失われていくということか?」

「そうだ。だから、今は何も聞くな。現時点で話せることは何もない」

 メアリーの懇願に優希は納得する。
 そして、メアリーは立ち上がり、この純白の世界から優希を解放しようとした時、

「一ついいか?」

 その問いかけに彼女は優希の方を見て動きを止める。
 今にも薄れていきそうな意識の中で優希は、

「今話せることはそれで全てか?」

「…………あぁ。これ以上はこれからの頑張り次第だな」

 その時の彼女の不敵な笑みを目に焼き付けて、優希の意識は外界からの呼びかけに応じるように純白の世界から抜け出していった。



 ********************


 
 それから、順調に移動は済み、一行は目的地の手前まで来ていた。
 山脈が壁のように立ちふさがる中、一つだけトンネルのように巨大な空洞が待ち受ける。
 淡い光が外に漏れ、高密度の瘴気が周辺の鬱蒼とした大地を禍々しい色に変え、元の自然とのグラデーションが鮮やかではあるものの、綺麗、美しいと感動を呼ぶものではない。
 魔族である風竜種も慣れない瘴気に鼻をまげて進むことを拒み、ここからは徒歩を強いられる。

 ――超級魔界『コルンケイプ』。流石というべきか、低級魔界である『ノマルド』との差を入り口ですでに見せつけている。

「準備はいいな?」

 鬼一の呼びかけに全員が答えた。
 鬼一の呼びかけも、それに答えたみんなの返事も、逞しく良い返事だ。だが、正直のところ不安もある。鬼一自信低級魔界には何度も行っているものの、超級魔界は初めてだからだ。
 鬼一の現練度は5600。超級魔界で成立する練度としては低い方だ。
 だが、一人ならともかく同じレベルのメンバーが分かっているだけでも五人。完全攻略ではなく、水蓮石を集めるだけなら十分な戦力だ。

「じゃあ、行くぞ」

 鬼一が一歩踏み込んだ地面は、ぐっちょりと音を立てて足跡を刻み込む。
 溶けた地面の柔らかい感触が靴底から伝わり、歩きやすさは皆無。
 
「うわぁ~なにここ気持ち悪~い」

「瘴気で地面が腐ってるのね。まぁでもそれは一部だけみたい。ほら」

 ぼやく布谷に花江は進む先を指さした。
 洞窟までの地面は腐っているが、洞窟内、水蓮石で構築されたコルンケイブ自体は高濃度瘴気でもその美しい形態を残している。

 そこまでの五十メートルほど、泥濘に足を取られながら着実に進んだ。
 足を上げる度に泥状になった地面が飛び散って衣服を汚す。魔界に挑むのだから身の綺麗さなど気にしていられる立場ではないが、それでも気分を害する感覚なのは変わらない。

「ようやく着いたな。こんだけの距離に思ったより時間と体力削がれたな。ジークは大丈夫か?」

 この場での優希の立場は主に荷物持ちだ。
 魔界に何日も滞在するのはざらだ。当然戦闘する眷属のほかに物資を運ぶ人員も必要となる。
 パンパンに詰められたバッグには主に食料とその調理器具。包帯や薬といった治療器具。後は、砥石や裁縫道具等だ。

「問題ないです。さぁ先へ進みましょう」

 優希のまだ覇気のある声に全員足を進めた。
 水蓮石の地面は腐った地面の泥を落としていく。
 外界の光が閉ざされていくも、水蓮石が発する光がコルンケイブを蒼く彩る。
 全体的な雰囲気は鍾乳洞、それもあぶくま洞に近い。
 氷柱上に垂れ下がる水蓮石や、その色合いから氷の世界を彷彿とさせる。

「なぁ今回の目的は水蓮石の収集だろ? なんで集めないんだ?」

 しばらく歩いていると一夏がふとした疑問を特に誰にという訳でなく呟いた。
 それに答えたのは真ん中で水蓮晶石を辿って“蒼月”へと道を案内していた優希だ。

「コルンケイブを構成する外側の水蓮石は途轍もない硬度で採掘できないんですよ。それに無理やり奪い取るとそこから亀裂が生まれて洞窟全体が崩壊してしまうので、もっと奥の中心部から採掘しないと」

 優希の説明に一夏はなるほどと地面をノック感覚で叩いて確かめる。確かに硬い。
 コルンケイブの魔族が入り口付近にいないのは、この場所で暴れることは自らの住処を壊しかねないからだ。当然中心部に行けば行くほど強い魔族が現れる。

 
 いくつかの分岐点を優希の【鑑定】で地面に隠れ〇ッキーのように存在する水蓮晶石を見分けて進んでいく。
 魔族の声などなく、靴音と雑談しか聞こえない静寂の空間。

「お、広くなったな。とりあえずここで休憩すっか」

 一行がたどり着いたその場所は、野球やサッカーは十分に出来る広さの広間で、端の方は二段構えの崖となっており、底の方には微かだが魔族の呻き声が反響している。上を見上げると氷柱がその先端をこちらに向けている。

「そろそろ魔族が姿を現しだすな。ここからは気引き締めていくぞ」

「翠人、それは出発した時に言おうぜ。せっかくの休憩なんだから」

 崖の底に確かにいる魔族を確認する鬼一に、まったりと水蓮石の窪みを椅子代わりにしている一夏がお前も来いよと促す。
 もう一度崖下を覗き込んでから、鬼一は休む皆の元へ行った。

「ふぅ、大丈夫ですかジークさん。ノマルドより瘴気が濃いですから辛くなったら言ってくださいね」

「ありがとう。今のところ大丈夫かな」
 
 気遣う皐月の言葉に礼を述べる。
 十分ぐらいの休憩は軽い雑談に興じていたせいか、思いのほか早く感じた。
 全員支度して、鬼一の掛け声で軽く鼓舞した後、出発しようと足を進めた。
 その瞬間だ。

「――みんな伏せろッ!」
 
 咄嗟に屈む鬼一の行動と声に反応して、後ろにいた全員が状況判断よりも先に言われるがままその身体を伏せる。
 その反応がコンマ数秒差だが一番遅れたのは皐月だ。彼女が屈んだ瞬間、頭部に何かが通り過ぎた感覚を、一気に屈んで上に靡いた短い髪の毛が感じ取った。
 彼女の前にふわりと落ちる数本の毛。それが自分の物であると瞬時に理解し、彼女の脳は状況を判断するために動く。

「一体何今の? 風の刃?」

 視認出来なかったが鋭利な何かが飛んできたことは理解できた。花江は自分の後ろに何も転がっていないことから何かを投擲したという考えを捨てる。
 だが一人、自らの髪を触って攻撃した何かを理解する。

「水……」

 皐月が自らの髪の水気と自分の後ろの壁に弾かれて背中に付着した飛沫。
 飛んできたのは広間にある奥へと続く道。
 水の弾丸が再び、同じ方角から襲い掛かる。

 全員武器を構えながらも回避の体勢を取る。
 だが、先頭に立つ鬼一は腰に携えた刀の柄に手を置いたまま、今度は立ったまま回避行動は一切取らない。

「……凄い」

 目を凝らせば難なく見える水弾は、鬼一の目前で霧散する。
 水弾の着弾間隔はコンマ五秒程。間隔の短い連射される弾は斬られたように真っ二つになり勢いが消えて鬼一の衣服を軽く濡らす。
 刀身を一切見せずとも水弾を斬り捨てる鬼一に、皐月は純粋に感心してしまう。

 水弾の掃射が止む。同時に花江が弓兵の恵術【遠視】を使って、水弾が飛ばされてきた方向を確認。
 水蓮石の光で、【夜視】を使わずとも奥までしっかりと見ることが出来るだ。
 だが、どれだけ視界を奥に広げようと、一向にその正体は拝めない。

「どうだ、確認できたか?」

「いいや、もういない。逃げたのかも」

 花江が【遠視】で確認できる範囲には何もいない。だが、彼女が魔族の逃亡を判断し、【遠視】を止めたその時、

「……下よッ!」

 魔道士である皐月の広い【感索】が、地面に潜る何かを感じ取り、それは凄まじい速さで浮上してくるのを読み取った。
 皐月の声に反応し、全員それぞれ四方に飛び退くと、硬い水蓮石を生みのように泳ぐ魔物が、頭から浮き上がる。

「ようやく魔界の魔物のお出ましか」

 一夏が二本の木刀を構えて腕が鳴ると挑戦的な笑み。
 四方に避けたせいで魔物を囲うように散らばった優希達は、それぞれの方向から突如現れた魔物を確認する。
 巻貝状の貝殻に身を預け、外に飛び出す青い紋様を刻む黒い触腕には無数の吸盤。
  
「アオイガイみてぇだな」

 優希達の何十倍もある巨躯の魔族は自分を囲む眷属を敵として認識して、その鋭い目を目前にいる鬼一に向けた。

 超級魔界『コルンケイブ』高練度魔族の一角――蛸殻獣オクトフォスルが牙をむく。
 

「虐められていた僕はクラスごと転移した異世界で最強の能力を手に入れたので復讐することにした」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く