話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

虐められていた僕はクラスごと転移した異世界で最強の能力を手に入れたので復讐することにした

白兎

52・『ーー』が足りない

 目が覚めるとそこは眼に馴染み始めていた天井だった。
 ふかふかのベッドが身体を優しく包み込み、窓から射しこむ日差しが細胞に活力を与えていく。
 身体を起こす。全身が打ち付けられたかのように鈍い痛みを訴えて、呼吸をすれば切れた喉が血を染み渡らせる。
 部屋の中は町の喧騒が煩く聞こえ、その中に紛れて一際目立って聞こえてくるのだ。

 ――薫に私たちは救えない

 思わず耳を塞いだ。眷属たちの騒ぎ声は聞こえなくとも、この場にいないはずの彼女の声だけ、鼓膜に染み付き言い続ける。
 
 みんなと一緒に元の世界に帰るのが薫の目標だ。だが、それを目指せばみんなが死ぬ。
 みんなを守らなければならない。だが、薫にその力はない。
 人を守るには人を殺さなければならない。だが、その覚悟はない。

 薫がやりたいことは決まって矛盾する問題が生じる。
 一体どうすればいいのか。薫は答えを導き出せるほど冷静ではない。

「目が覚めたようだねカオル君」

 考えがまとまらず気が滅入っているところにウルドが様子を見に部屋に入ってきた。
 ウルドの温かい瞳に見つめられ、少し呼吸が安定するのを感じた。
 ウルドは部屋にアにある椅子に腰を掛けた。そして、慈愛の眼で薫を見守ると、

「叫び声が聞こえたからすぐに向かってみれば…………なんで一人であの場所に」

 ウルドの糾弾に薫は表情を隠すように小刻みに震える手で顔を覆う。そして、掠れ震える声で一言。

「すいません……でした」

 謝辞を述べる薫の瞳は明らかに現実を見ておらず、ウルドに追及する気を失わせる。
 代わりにウルドは両目を閉じ、独り言のように呟いた。

「あの場所は過去のトラウマ、もしくは未来の投影が見せつけられる。そして、回数を重ねるごとに当人の精神を破壊する。君の今の状態から、次の失敗は自傷行為に走りかねない」

 つまり次が最後ということ。
 そして、薫が見たあの光景はその内夢ではなく現実で薫に襲い掛かるということ。

「僕は……みんなを守れない……」

 薫が呟いた。切れた喉で声色はないが、ウルドにはやけに響く。耳にではなく心に。
 ウルドはゆっくりと立ち上がり言い残すように、

「逃げるのも、諦めるのも一つの手だ。君を責める権利は誰もない」

 逃げてしまったら全員死んでしまう。友人も親友も幼馴染も、大切な人すべてが自分の前からいなくなってしまう。未来に、運命に抗うことが自分にはできない。
 否、まだ一つだけ方法がある。もし、あの世界が薫の意志も踏まえた上で映し出しているのなら。
 
「後、君に客人だ。おそらく今最も君が会いたがっている人だ」

「僕が……最も会いたい人」

 退室するウルドの大きな背中を見送って、代わりに入ってきた少女。
 最後に見たのは、腹部を貫かれて血を吹き出し、生気のない瞳で見つめ怨念の言葉を囁いていた姿。
 だが、目前の彼女はいつも通りの明るい笑顔で薫に言う。

「やっほー薫。元気だった?」

「ハハハ、元気……じゃないかな」

 憔悴しきり彼女の顔を見るだけであの世界の姿を思い出して吐きそうになるが、それでも笑顔を作って掠れた声で返答する。
 そんな薫に、彼女は笑顔のままウルドが腰かけていた椅子に座ると、

「そっか」

 一言言って黙ってしまう。
 沈黙が続く数分。彼女とこれほどの時間何も言わず一緒にいたことはない。いつも彼女は明るく話を振ってくるのに、今日に限って何を話せばいいか迷っているようだ。

「……喉、治したげる」

 彼女はそっと薫の喉に手を添える。魔導士の恵術【治癒】によってマナの輝きが手に集まり、薫の潰れた喉を癒していく。
 治療を終えると、薫は喉をさすりながら、痛みが引いたことを確認して、

「ありがと、ちーちゃん」

「礼なんていいよ。私が薫にしてあげられることなんてこれくらいだし」

 落ち込む茅原に薫は慌てて、

「そんなことないよ。僕はちーちゃんに何度も助けられてる。ちーちゃん自身気付いてるか分からないけど、僕はこれまで何度も――」

「何もしてないよ」

 薫の弁論を遮って茅原は呟く。
 俯き、力が入る手はスカートを握りしめて皴を作っていた。そんな彼女の普段は見せない姿に薫の言葉は途切れてしまう。

「私は何もしてない。薫はいつも私を助けてくれるのに、私は薫を助けたことは一度もない。今だって、薫は私達の為に傷付いているのに、肝心なその傷を私は癒すことが出来ない」

 声を震わせる彼女は過去の記憶を回顧する。思い出すのは幼少の時から自分を助けてくれた薫の姿。まだ小さい彼の背中は、当時の茅原にはとてつもなく大きく頼れる背中に見えていた。
 以降、薫は茅原にとってヒーローだった。憧れだった。大好きだった。
 だが、この世界に来て思い知らされるのだ。自分は薫にとって枷にしかなっていないことを。

 自分が薫の後ろにいる限り、迫りくる障害はすべて薫が対処しなくてはならない。
 たとえ薫が限界だったとしても、茅原は助けることが出来ない。
 薫が道を作り、その道をたどることは簡単だ。だが、薫が道を作れなくなった時、彼女は後ろで待つことしか出来ない。そんな自分が情けなくて仕方がない。

「正直、今少し嬉しいの」

 彼女のセリフに薫は首を傾げた。
 哀し気な瞳とは裏腹に、彼女は少し笑っていた。面白いとか楽しいとか、そんな感情ではなく、安心したかのような柔らかい笑みだ。

「気付いてないかもしれないけど、初めて弱気な姿を見せてくれたんだよ」

「……」

「いつもなら、どんな悩みを抱えても私達は巻き込まないように、一生懸命笑顔振りまいてさ、何事もなかったみたいに解決してるんだもん」

「…………」

「そんな薫が、初めて私に落ち込んだ姿を見せてくれた。今まで頼ってくれなかった薫が、初めて私を頼ってくれるようになった」

「………………」

「私は薫の力になりたい。前に進むのを恐れてるなら背中を押してあげたい、道に迷ってるなら前に立って手を引きたい。一人で行くのが恐いなら隣に立って同じ歩幅で歩きたい」

 感情的に、早口になっていく彼女の言葉を、薫は黙って聞いていた。一言一句聞き逃さないよう、すべて鼓膜に染み渡らせる。彼女の顔を見るとあの悪夢が蘇るが、それでも彼女から目を離すことが出来ない。

「私を頼って。そりゃ、非力で無力なのは分かってるけど、それでも薫の力になりたいの。ねぇ薫。薫は今、何を抱えているの?」

 茅原の言葉に薫の口は開く。だが悩みの言を舌に乗せると、それを吐き出さずに飲み込んで、代わりに吐き出した言葉は、

「……この世界で、一緒に暮らそう」

 運命に白旗を上げる言葉だった。



 ********************



「薫……何言ってるの?」

「元の世界に帰るのは諦めよう。元々可能性も低いし、魔族の事も僕らが対処しなくちゃいけないなんて決まりはない。食べ物や文化の違いも然程感じないし、帝都なら落ち着いた暮らしができる」

「薫、本気で言ってる?」

「魔族の事は他の皆に任せてさ、ほら、北区で店でも開いてさ、みんなで一緒に…………ふたりでこの世界で暮らそう」

 元の世界に帰るには、この世界での役割を果たす、つまり魔族の親玉を足すのが最有力候補だ。だが、それを果たそうとすれば、待ち受けるのはあの悪夢。誰一人守ることが出来ない絶望の世界。

 薫があの部屋に入るときは、まだ元の世界に帰ることを目指していた。 
 その結果があの悪夢なら、薫自身が戦いから離れることで、茅原達を争いごとから離れさせれば、あの絶望を味わわなくても済むのではないだろうか。 
 この世界で暮らすことを選び、ウルドの言う血の香りが漂う世界に踏み込まなければ、大切な物は失わなくて済むのではないだろうか。
 
「薫……なんでそんなこと言うの? ここに来た時決めたじゃん。元の世界に帰ろうって。それでいてこの世界も救おうって」

「世界を救う……はっ、大事な幼馴染一人救えないで何が世界だよ」

 自分自身を鼻で笑う薫の姿は、今まで見てきた薫の姿とはかけ離れていて全身の肌が粟立つ。
 だが、茅原もここで食い下がる程、薫の助けになりたいという思いは弱くない。

「薫なら出来るよ。ううん、みんなで力を合わせたら、この世界を救うことだって元の世界に帰ることだって出来る。みんなが薫の力を必要としてる。だから、薫も私を、私達を必要としてよ……一人で苦しむ姿を見てると寂しいよ。哀しいよ」

「ダメだ。僕がみんなを必要とすればみんなが死ぬ。僕が戦火に向かえば、ちーちゃん達が死ぬ」

 薫が戦いに向かえば、茅原達は嫌でもついてくるだろう。勿論、足手まといという考えは一切ない。だが、死ぬのだ。この世界では当たり前のように人が死ぬ。

 そもそも最初の考え方が甘かったのだ。この世界に来て、特別な力を与えられて、それがあたかも自分の力だと錯覚して、強くなったと思い込んで。
 だが、薫はあの地下室で『死』を経験した。思い返せば、今日まで全員無事でいられたのはただ運が良かっただけかもしれない。もし、一つでも行動や選択を間違えていたらと思うとぞっとする。

「死なないよ。私はこうして生きてるし、これからも――――」

「死ぬんだよ!!」
 
 茅原の必死の言葉を、薫は部屋中に響く怒号で断ち切る。
 大喝一声する姿を初めて見て身をすくめる茅原。いつもの薫は怒ることはあっても決して声は上げない。いつも冷静で、飄々としていて、こんな風に力任せに叫ぶことなどなかった。
 
「死ぬんだよ。ここはドラマや漫画のようなフィクションの世界じゃない。助けが来るまでのを待ってくれるほど敵は甘くないし、戦いになればいつ誰が死んでもおかしくないんだよ」

 もう今の薫は茅原を見ていない。見ているのは血に染まった幼馴染の死体だ。正直、彼女が生きているビジョンが浮かばない。薫が選んだ道だって、本当に安全かどうかなんてわからない。
 運命論に従って、結局は彼女を救えないかもしれない。でも、薫に残された可能性は、自分ごと安全な場所で過ごすことだけだ。

「僕にみんなは守れない。みんなは救えない。僕に、みんなの死体を踏み越える勇気はないんだよ。僕にはみんなを守れるほどの力は……持ってないんだよ」

 薫は縋るような瞳を茅原に向ける。彼女なら理解してくれる。こんな情けない自分でも受け入れてくれる。そう考えているような、とても哀れで目も当てられない姿だった。

「ちーちゃん……僕と一緒に逃げよう。ちーちゃん、僕の傍にいてくれ。僕と一緒に、逃げ――――」

 答えを急かすように早口で言葉を紡ぐ薫に、彼を一番理解する少女は、言葉ではなく、力強い抱擁で応えた。

「ちぃ、ちゃん?」

 突然のことに、薫の目を丸くする。
 彼女は薫が落ち着いたのを全身で感じると、

「どう?」

「どうって……」

「温かい?」

 言われて初めて意識する。衣服越しに伝わる体温、耳元で一定のリズムを刻む吐息、細い腕は薫の身体を力強く抱きしめて、彼女の鼓動は自分の心臓が奏でていると錯覚してしまう。
 茅原の抱擁に、居心地の良さを感じて、

「うん……温かい」

「私の鼓動が聞こえる? 今、すっごくドキドキしてるんだよ」

「うん……聞こえる」

「分かる? 私、生きてるんだよ」

「生きてる……」

「うん、生きてる。私は今生きてるし、これからも生きる。絶対に死なないし、薫も死なせない。私だけじゃない、みんなも一緒」

 それでも薫は知っている。このまま戦いに身を置けば、みんな死んでしまうことを。
 だからこそ、彼女の言葉は慰めにしかならない。それでも、薫は彼女の温もりに縋りたい。
 信じてもらえるか分からないけれど、薫は茅原を抱きしめて震える声で、

「死ぬんだ。死ぬかもしれないんじゃない。死んでしまうんだ。未来を見てきたんだ。白い髪の誰かがちーちゃんを、ちーちゃん達を殺してしまう。それで僕に言うんだ。まだ足りないって。僕にはみんなを守る力が足りないんだ。このままだとみんな――」

「薫……」

 長広舌をふるう薫は幼馴染に名前を呼ばれて、無意識に回る舌が止まる。
 薫が落ち着きを取り戻すため、数秒間を空けてから、

「薫……未来は変えられるんだよ。確定した未来なんてないんだよ。白い髪の誰かっていうのがだれなのか分からないけど、その人が言うまだ足りないは多分実力じゃないと思う」

「実力じゃない? 現に僕はアイツと戦って、目の前で君を殺されたんだ。僕に力があればそんなことにはならなかった」

「それは今の薫の話でしょ。薫はもっと強くなる。その力が薫にはある。だから、今薫に必要なのはそんなのじゃない」

「そんなのじゃない?」

「今の薫にないのはね、覚悟だよ」

「覚悟……でも、僕に人を殺す覚悟は……」

「そんなんじゃない。人を殺す覚悟なんて必要ない。薫に必要なのは、進む覚悟だよ。未来を否定する覚悟、運命に抗う覚悟」

 薫に見せた未来は、残酷で無情で耐え難いものだった。だから薫は、戦うことを止めた。戦いから逃げれば大切な人を失わなくて済むかもしれないから。
 だけど、薫が最も守りたいと願う彼女は、戦うことを拒む薫を否定する。
 ――運命に抗えと、そう言うのだ。

「運命が残酷なら一緒に変えようよ。未来が過酷なら一緒に戦おうよ」

 彼女の言葉は、薫の見る世界を変えていく。数分前までは、あの地獄の光景が投影され、目に見えるものすべてが血に染まる。
 だが、今は違う。彼女の『生』を全身で感じることが出来る。

「その道は君を失うかもしれない」

「死なないよ。私はずっと薫の傍にいる」

「途中で、今みたいに挫けるかもしれない」

「大丈夫。その時は私が、みんなが薫の支えになる」

「僕に……出来るかな。みんなを守ることも、元の世界に帰ることも」

「出来るよ。薫なら出来る。自分に自信がないだけで薫は凄いんだよ。だから出来る」

 理由や根拠は必要ない。ただ自分を最も信頼している人が、思い描く自分でありたい。ただそう思った。

「ちーちゃん……勇気が欲しい。立ち向かう勇気が、前に進む勇気が」

「もう薫は持ってるよ。強くて逞しいものを」

 不思議だ。彼女の言葉は薫に浸透して不安や恐怖を取り除いていく。浄化していく。
 落ち着きを取り戻し、抱擁を解除した二人は、ついさっきまでの事を思い出して赤面する。茅原に至っては鼓動が周囲の空気を揺らす勢いで高鳴っている。
 薫はそんな彼女に、力強く心強く逞しい目を向けて、

「僕は戦うよ。みんなを守れるように」

「うん、それでこそ薫だよ」 

 いつもの自分を取り戻し、茅原は胸を撫で下ろす。
 いつの間にか、薫を襲っていたものが感じなくなっていた。手に残る血の感触、鼻につく腐臭、鳴りやまない怨嗟の声。
 そのすべてが消えて、心を映し出したように静かになる。
 そんな中、一言、一度だけ残響のように聞こえてきた。薫が欲していた答えが。

 ――まだ足りない。『覚悟』が足りない。

「虐められていた僕はクラスごと転移した異世界で最強の能力を手に入れたので復讐することにした」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く