話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

虐められていた僕はクラスごと転移した異世界で最強の能力を手に入れたので復讐することにした

白兎

46・今はまだ

 その部屋はお嬢様らしく、同時にとても女の子らしかった。全体的に白とピンクの内装、天蓋付きベッドには、クマやイルカなどのぬいぐるみがいくつか置かれているが、散らかっているわけではない。
 クローゼットから何か布らしきものがはみ出しているが、気付かなかったことにしようと目をそらした。


 異性の部屋に入るのはこれが初めてというわけではない。幼馴染である上垣茅原の部屋には何度も上がったことがあるし、高校生になった後なら、ひまりや葵の家にも上がったことがある。


 だがしかし、それは入ったことがあるというだけで慣れているというわけではない。むしろ、今日部屋に招かれたのはさっき出会ったばかりの、それも格式高いお嬢様の寝室。謁見の間とは違う緊張をしても無理はない。


「好きに寛いでくださいね。今、お茶とお菓子をご用意しますから」


「お、お構いなく……」


 バルコニーには一台の机と二脚の椅子。そのうち一つに薫は座る。
 城の一部屋、高い位置に存在するそこは、程よい風が薫の頬を撫でて、クラリスが来るまでの間、暇を潰すのに十分な景色が薫の前に広がる。


 彼女の部屋のバルコニーからは雲上街の一部と帝都西区が一望できる。真昼間、太陽の光が注がれる町はとても賑やかだろう。だが、その声は薫までは届かず、人が米粒のように見える。


 楽し気に鼻歌を歌うクラリスは、手馴れた手つきで食器にクッキーを盛り、良質な茶葉を使った芳醇な紅茶の香りが、部屋から流れて薫の緊張を解していく。


 花の模様が施された純白の陶器に、四角に型取られた茶色いクッキーが陳列され、ティーカップには濃い赤褐色の紅茶が湯気を出して波打つ。


 クラリスが席に着くと、薫は礼を言ってからカップを傾けて、緊張で乾いた口内を湿らせる。温かく滑らかな舌触りの茶が味蕾を刺激し、濃厚な味を脳へと送る。


「美味しいです……随分と手馴れていましたね。こういうのは使用人の方に任せているものと思っていましたけど、姫様はそうではないようですね」


「立場上わたくしは、城から出ることを許してはもらえません。ずっと城にいるわたくしの唯一の娯楽はここで茶を嗜みながら城下で元気に過ごす人々を眺めることですので……」


 儚げな笑みを浮かべて彼女の瞳が映すは帝都の城下。日銭を稼ぐために汗をかいて働く男達、そんな彼らを支える為家事を頑張る女性達、この世界が平和と認識させるように元気に走り回り純粋に笑う子供達……いろいろな人々が今日も逞しく生きている。


 薫が見ているのはそんな町の姿だ。だが、クラリスと薫、同じ景色を見ていても違う捉え方をしているように感じられて。


「ですから菓子の作り方や紅茶の淹れ方をメリィに教わったんです。人にお出しするのは初めてでしたけれど、カオル様のお口に合うようでわたくし、喜ばしい限りです」


 両手を合わせてにこりと笑うクラリス。その笑顔は、誰をも虜にしてしまう力がありそうだ。
 彼女の笑顔に当てられて、薫は照れ臭そうに目を逸らし、心情を読み取らせないようクッキーを口に運ぶ。


 そんな薫の姿にクラリスは微笑んで楽しみ、落ち着いた頃にカップを傾け喉を潤す。
 両目を閉じて、風感じながら、飲み慣れた高級茶の味が舌に染みる。


「姫様はどう思っているのですか?」


 唐突に薫は尋ねた。
 それは、謁見の間では消化しきれなかった疑問。
 薫はこの状況が不思議でたまらない。
 グレゴワールが薫を選んだ理由は理解できた。だが、彼の大事な一人娘に、素質があるというだけで実績も何もない薫を護衛につけるというのは不思議でしかない。


 それこそ、信頼と実績で言えば、宮廷眷属を護衛につけるのが妥当だろう。いくら今後の事を考えたとしても、一週間後の建国祭までは、薫ではない方が安全だ。
 それに、クラリスは薫が護衛に当たる件について、一切の不安や不満を見せない。何処の誰かも分からない人物が、いきなり護衛につくというのに。


 薫の質問にクラリスは、もう一度カップを傾けて、話す態勢を整える。彼女がカップを置いた時、彼女の表情は微笑みではなく、覚悟を決めたような表情が浮かぶ。
 真っ直ぐな視線が、薫の瞳を撃ち抜か、一度呼吸を整えて、


「カオル様を選んだのは……このわたくしです」


「……ぇ?」


 何故姫様が?と薫は首を傾げた。
 当然の反応ですねと微笑むクラリスは、再び儚げな表情で城下を見下ろす。


「宮廷の……帝国に仕える人ではダメなのです。わたくしを信頼し、わたくしについてきてくれる人ではないと」


「……事情を話してくれませんか?」


「そう、ですね……ですがその前に、今からカオル様にお話しすることは一切他言無用でお願いします。約束していただがますか?」


「――はい」


 クラリスの真剣な表情に息を凝らす薫。覚悟を決めて返事を返すと、彼女は一言お礼を言ってから、


「カオル様は、帝都以外の町を訪れた事はございますか?」


 唐突の質問に薫は少し驚きながらも、再び向き合う態勢を整える。


「いえ、帝都と『始まりの町』以外は……」


 薫の返答は早かった。事実、アルカトラに来てからは練度上げに専念していた為、他の七都市や町には行っていない。
 薫が答えると、彼女は城下を見下ろしたまま、


「城下はとても賑やかです……汗を流して働き、笑顔で遊ぶ。毎日が幸せに満ちている。けれど、その幸せは犠牲の上で成り立っているもの」


「犠牲……ですか?」


「ええ。こうして笑っている人々以上に、明日へ命を繋ぐのも必死な方々が多いのです。この国ではそれが当たり前となっています」


 薫が噂程度に知っていた帝国の闇。グレゴワールの印象からでは噂としか認知していなかったが、彼女の言葉で事実であることを理解する。


「先程も申しましたが、わたくしは城から出る事を許してはもらえません。けれど、一度だけ、幼少の頃に城を抜け出したことがありました」


 瞳を閉じて記憶を巡るクラリスの話を、薫は見守るような眼差しを向けながら聞いていた。


 外の世界はどの様なものでしょうか。そんな期待を抱いて、幼少の、当時6歳のクラリスは、最低限の資金と足を用意し、帝都を抜け出した。


 それは未知の世界に行くもので、好奇心旺盛であったクラリスの瞳は、夢と希望で宝石の様に輝いていた。


「けれど……その先に待っていたのは、飢餓や環境などによって生気を一切感じられなかった……まさに地獄の様な世界でした」


 そこは死地という名称で通っていた。魔境魔界の影響を受けて、人間が住む環境ではなくなった場所。
 死んだ大地によって作物は実らず、燦々と降り注ぐ太陽に反して、川などの水源は枯れ果てて、そこに住む人々は毎日の様に、喉の渇きや空腹、灼熱や極寒と化した環境と戦っていた。


 当然、環境が悪いなら住み場所を移動すれば良い。だが、そう簡単な話ではない。
 八大都市は愚か、その他の町でさえ、彼らを受け入れようとはしなかった。
 何故なら、彼らがどんな病原菌を持っているか分からなかったからだ。


 謎の病が伝染するかもしれない、魔境魔界に近い場所で暮らしていた彼らは、もしかしたら魔族へと変貌するかもしれない。
 ありもしない虚言と、恐怖による空想などが入り乱れ、死地で暮らしていた人々は、差別の対象となっていた。


 もちろん死地に住んでいたからといって、未知の病原菌を持っていたり、魔族へと変貌したりする事実はない。
 もし人々の恐る可能性が事実なら、何日も魔界に滞在する事のある眷属は、羨望ではなく反感の目で見られていただろう。


 そして一度、とある研究者が身体を張って、その空想の可能性が、完全にゼロである事を10年かけて証明した。それが今から30年程前の話だ。


「……では、今はもう差別はないんですね」


 薫がホッとした表情で問いかけると、クラリスは思い詰めた表情で首を左右に振る。


「その研究者が10年かけて証明した研究結果は……残念ながら、公表される事はありませんでした」


 俯いた彼女の声はとても暗く、澄んでいた空色の瞳は、絶望の色に染まっていた。
 対して薫も、無意識に重心を前に傾けながら、詰まる言葉をなんとか吐き出す。


「どう、して……」


「その研究者は真面目で正義感が強く、優しい方だったと聞いています」


 その男は、研究者としては優秀で、帝都でも一目置かれていた。帝国が彼に支給する資金は多額だが、倹約家の彼は低コストで仕事を進めていた。
 だが、支給された資金を帝国に返還する事はなかった。そして帝国側も彼の働きに免じて、その辺りは何も言わなかった。


 なら、余った資金はどこにいったのか。
 その男の家はこぢんまりとした、一住民と変わらない家屋で、貯金をしているわけでもなかった。


 彼は余った資金で、死地に食料と水を届けていたのだ。彼がこの援助活動を始めてから5年、今では彼以外にも50人近く活動に参加する人が集まっている。


 だが、彼だけの力では限界がある。死地は大陸中にいくつもあり、彼が援助出来る範囲は限られていた。


 だから男は考えた。どうすれば全員を助ける事が出来るのか。
 そして導き出した答え。それは差別の原因となっている固定概念を崩す事。人々が恐れているものがなくなれば、死地で暮らす人々は受け入れてもらえると考えた。


 男はすぐさま行動した。援助活動と仕事を並行して行い、空いている時間は死地の環境下における人体の影響について研究した。
 死地の地質、気温の変化、人々の血液検査などなど、彼の人脈全てを使って、医学、地学、環境学などあらゆる分野、角度から調査、分析、観察して。


 10年後に彼の努力は報われた。
 その男は仲間と共に喚起し、これでアルカトラから闇が消えるとそう信じていた。
 翌日――その男と仲間達は処刑された。


「どうしてですか!? その人の研究は帝国にとって――」


「マイナスだったからです。帝国ではなく、お父様にとって」


 前のめりになりながら驚く薫の言葉を遮り、クラリスは薫の言葉の続きを言い換えて伝える。
 しかし、薫が驚いたままなのは変わらない。なぜなら、皇帝は、グレゴワールは帝国にとって有益となる成果を上げた人材を処刑したのだから。それも、クラリスの言い方ではまるで私的感情で行ったように思えて。


「差別によって高まった負の感情。それが力をつければ帝国は崩壊するとお父様は考えたんでしょう」


 死地の住民の人数は、八都市と他の町々に住む人数と大差はない。彼らが他の人々同様の生活を送り、精神的以外にも力をつければ、帝国に反感を持って、今の権力が危ういかもしれなくなるからだ。半端に力を持った人ほど理解不能な行動を起こす。


 加えて、死地は魔境魔界に近いがために存在する場所。つまりは魔族と最前線で対峙する存在。彼らがいるだけで、牽制程度にはなっている。彼らが安全な場所に移動するということは、人類の領地が簡単に後退することになる。


「けど、それだと――」


 死地で暮らす人々を囮にしており、それを人類の王は許容しているようで。
 この時、薫の中にあったグレゴワールの存在が崩れ去った。最初に出会った時の皇帝が、今では嘘のように思える。


「驚いたな……まるで別人みたいだ」


 先程までの硬い言葉は消え、本来の言葉遣いで本音が零れた。
 クラリスの話に出ているグレゴワールと、自分が対面したグレゴワールを重ねることが出来ず混乱する。
 そんな薫にクラリスは哀し気な表情を浮かべて、


「簡単な話です……お父様は二人いるのですよ」


「二人? つまり今の陛下は偽物ということですか……」


「いいえ、カオル様がお会いしたお父様も正真正銘のお父様です。けれど、お父様の温かい瞳は帝国が危うくなった時、途端に冷酷な瞳に変わります。その瞳で見られたものに明日はありません。それがたとえ、自分の娘でも……」


 彼女の言う娘はクラリス本人だと薫は思う。だが、クラリスの瞳は過去の誰かを想像しているように思えて、クラリスも薫の認識を読み取り、


「わたくしにはアリスという二つ離れた妹がおりました。彼女はわたくしと違い、城から出ることはおろか、政府の人以外、存在を公表されませんでした」


 その少女はクラリス以上に箱入りだった。赤色の髪をしたとて優さしい少女。
 何故、彼女は存在そのものが公表されなかったか。それは彼女が生まれながらに特別な力を持っていたからだ。


「アリスの持つ力こそ“覇王の素質”」


「素質!? でもそれは――」


「カオル様が驚くのも無理はありません。素質はマナの性質。恩恵者になるまでは現れません。つまり、アリスは宿していたんです。生まれながらに魄籠を」


「そんなことがあり得るんですか? 魄籠は肉体や精神が常人を超えた時に出現すると――」


 薫はそう聞いていた。だが、それはあくまで説明だけだ。現に、薫達はその資格はなくともエンスベルに強制的に魄籠を植え付けられている。もしかしたらアリスも同じように出現したのではなく、外から植え付けられたのではないかと考え、


「では、その覇王の素質とは一体……」


「アリスと目を合わせた人のマナを操るんです。全身に巡るマナを操るということはその人の肉体を操るということ。アリスの前では恩恵者は人形となるのです」


 アリスの力が明確になったのは、アリスがまだ二歳の頃。当然グレゴワールは彼女を恐れた。彼自身もまた恩恵者な上、帝国に戦力としている人物は全員恩恵者だからだ。だからグレゴワールはアリスを殺した。その脅威が自分へ向けられる前に、存在が公にならないうちに。


 その時のグレゴワールは、冷たい目をしていた。当時のクラリスは目を合わせていないにも関わらず、動くことすらできないほどに委縮してしまった。
 だが、恐ろしいのはそれだけではなかった。グレゴワールもまた、素質を持っていたからだ。


「お父様の素質は“帝王の素質”手にかけた相手の素質を奪う素質」


「ってことはつまり……」


「お父様は覇王の素質も所持しているということ。お父様の前では恩恵者は逆らえないということ」


 それは鬼が金棒を持った瞬間だった。この時点で彼が独裁国家を気付くのに必要なものは揃っていた。
 グレゴワールの正体を知り、そして疑問は再び戻る。仕切りなおすように薫は一口渇きを思い出した喉を潤す。


「……それで、姫様が私を護衛に選んだ理由とは?」


 クラリスは立ち上がり、バルコニーの柵に手を置き、覚悟を決めた瞳で城下を見てから数秒の沈黙。風の音が目立ち、日の光が揺れる桃髪に輝きを与える。
 そして、一呼吸置いてから、彼女は城下から薫に視点を変えて、


「わたくしはこの国を変えます。そのために、カオル様のお力が必要なのです。優しさに溢れ、力の扱い方を知り、真面目で誠実なカオル様の協力が必要なのです。なのでこの場で正式に言います。わたくしの騎士となってくれませんか?」


 クラリスは手を差し出す。その手を取れば、薫は正式にクラリスの騎士として生きることになるだろう。
 クラリスの騎士になる。それは言葉にすれば簡単だが、やるとなれば相当の覚悟が必要だ。その場の勢いだけで了承できるものではない。薫にはクラリスの覚悟を受け止めるだけの力も、知識も足りない。  
 薫は立ち上がり、片膝をついて俯く。クラリスの足元を視界に入れながら、


「建国祭での護衛は全力で務めさせていただきます。ですが、その手を取ることは出来ません」


「そう、ですか……」


 その時クラリスはどういった表情をしていたか俯いていた薫には分からない。だが、薫の意志は伝わったようで。


 ――そして、クラリスとの茶会はお互いの意志を汲み取ることで幕を閉じた。
 

「虐められていた僕はクラスごと転移した異世界で最強の能力を手に入れたので復讐することにした」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く