話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

虐められていた僕はクラスごと転移した異世界で最強の能力を手に入れたので復讐することにした

白兎

41・そして再び歩き出す

 
 本当に、心から満足するということは、そう少ないと思う。
 それは、復讐を果たした優希でさえ、心が軽くなるのを感じつつも、終わってみれば物足りない気持ちでいっぱいだった。


「……」


 血の匂いは慣れ、目の前に広がる地獄絵図にもう興味すら消えてきている。
 絶望の色を残して固まった六人の顔。本来現してはいけない部分も露わにして、滴る血は硬い岩盤の御かげで水たまりのように広がっている。


 そして――


「バウッ!」


 喰った。バリバリと、モシャモシャと、抵抗することのない六つの肉塊を、魔族たちは貪り喰う。
 ここに来た時、一つも白骨死体がないのは、誰も来たことがないせいと思っていたが、どうやらこいつらが処理していたらしい。


「……」


 魔族の胃袋へと消えていく柑奈達の死体。
 呆気ない、物足りない、つまらない。
 ただひたすらに、退屈そうに見ていた優希は、


「バゥァッ!?」


 食事中の一体の魔族は一瞬にして首が消える。
 袖から伸びる銀剣が、魔族の血を吸う。
 味方が死んだというのに、魔除石を持っている優希をまだ敵と認識しない。
 それをいいことに、


「ハハ……」


 殺す。


「ハハハ……」


 殺して、


「アハハハハハハハハハハ!」


 殺しまくる。斬って、千切って、捥いで、潰して、殺して、殺して、殺して。
 退屈な心を埋めるように、血をその身体に浴びる。
 増えていく死体。だがそれでも決して魔族は優希を敵と認識せず、柑奈達を喰い、死体と化した見方をも喰い、そして、夢中になっているところを優希に殺される。
 歪んだ笑みを刻んで、ただ殺しを楽しむ姿は、内容を省けば純粋な子供のようで。


「……はぁ」


 溜息をついた頃には、優希以外に動く者はいなかった。
 それと同時に、帰り道を塞いでいた壁が崩れるようにひび割れる。
 情報通り、魔族を一人残らず倒せば、塞がれた道から解放されるようだ。包帯男の傷もここでついたものと聞いている。
 優希は崩れる壁を見ながら、銀龍ヴィート白籠手シルヴェルをパタのように尖らせて、


「……」


 自分の腕に突き刺す。足に、肩に、腹に、致命傷にならない箇所を指していく。自分の血で身体を濡らし、純白の髪も弾丸鼠を殺した時のように朱色の色を取り込んでいく。
 そして、一通り怪我をした後、壁にその身を預けて、壁が崩れていくのを待つ。


「みんッ――な……」


 外にいた西願寺の言葉から、力が抜けていくのが分かった。
 彼女の瞳に映り込むのは、友の死体。血、肉、骨。鼻につく激臭と現実を紛らわす音のない世界が彼女の表情を一瞬で絶望の色に染め上げて、全身の力を奪い取り、


「い、いやぁぁああああああ!!」


 叫ばせる。夢なら覚めてほしい、嘘というなら言ってほしい。そんな願いを心の中で反芻させるが、現実は変わらない。
 彼女らが動くことはなく、喋ることもない。
 はち切れる啼泣の声を上げる西願寺の耳に、ポツリと声が届く。元気のない声だが、今の彼女にはこれ以上にない光に思えて、


「――ッ!?」


 声の主を探す。目を開けるのも苦しい状況で、彼女は縋るように声を求める。
 死体の海を視界に入れながら、声を、僅かな光を探し求めて、


「ジークさん!」


 壁にもたれかかっている重症の優希を見つけた途端、心配よりも先に安心の声を上げて、崩れそうな膝を伸ばして、よろけながらも彼の元へと駆け寄る。
 ボロボロの服、血で染まった身体、今にも消えてしまいそうな掠れた声。そんな彼に彼女は縋る。


「ジークさん! 大丈夫ですか、これは一体……」


 涙を流しす彼女の瞳はとても揺れている。平静をよそっているが、彼女の悲鳴を聞いた優希には無理をしている様にしか思えない。
 西願寺は動揺で震える手を優希にかざし、魔導士の恵術【治癒】を発動する。勇気が自分で作った傷はみるみるうちに塞がり、敗れた服から見える肌は、何事もなかったかのように綺麗になっていた。


「あ、ありがとう……ございます」


「無理しないでください。傷は塞がっても失血した血は戻ってませんから」


 ゆっくりと立ち上がる優希を彼女はその細く綺麗な手で支える。
 彼女は優希しか見ていない。目をそらすとそこは地獄だったから。今はまだアルカトラで培った強い精神が彼女を支えているが、彼女が一人になった時、それは崩れ去るだろう。さっきとは比べ物にならないほどの悲鳴が、彼女から発せられるだろう。


「一体何が……」


「あの後……突然出てきた魔族に襲われて……皆さん僕を庇って……」


 優希は彼女の肩を借りて移動する。身体は普通に動く。むしろ肩を貸してほしいのは西願寺の方かもしれない。けれど、今の優希は怪我人、適度に力を抜いて彼女に身体を託し、喉を震わして動揺していることを訴える。
 出ない涙を堪える素振りを見せつけて、痛みのない身体で負傷者を演じ切る。
 嘘を体現した優希に、西願寺は手を差し伸べる。
 遺体を処理することも許されない。なぜならここは仮にも魔界、閉じ込められたという場所でそんな悠長なことをしていれば、唯一の生存者と共に再び閉じ込められる可能性もある。
 一度戻ってからくることも叶わない。今まで居場所を中継していた最上はこの世にいないから。
 苦しいけど、哀しいけど、ここで彼女らは置いていかなければならない。


 その後二人はただ無言で足を進めた。






 ********************






「……」


「……なんだよ」


 帝都の一室に戻った後、メアリーは紅茶を楽しみながら優希を無言で見つめる。
 あの後、優希の脳に送られるメアリーの声を頼りに小屋へと戻り、打ち合わせ通り包帯男の【移空】によってノマルドの安全ルートに戻った。
 すべてを知らない西願寺は、ただでさえ友の死で現実逃避したいのに、襲い掛かる急展開の連続に精神がおかしくなりそうだった。


「いや……てっきり全員殺してくると思っていたんだが?」


 笑みを浮かべて紅茶を楽しむメアリーの言葉に、優希は西願寺が一人いる部屋を一瞥して、


「理由はいくつかある。一つはあいつの恩恵だ。俺の〖再起動リブート〗は傷だろうが毒だろうが完全に治すが、十秒間権能が使えない弱点がある。回復要員はいた方がいい。それにあいつは料理や家事ができて事務処理もできる完璧人間、なにもしないお前と違って便利だ」


「何もしないとは失礼な奴だ。今回だって私がいなかったらお前は小屋に戻れないんだぞ?」


「そん時は殺す前に最上の恩恵奪って無理やり帰るさ」


 優希はコートを脱いでベッドに身を預ける。ノマルドでの生活で程よくついた筋肉。ジークになり替わった時は、もやし男と言われても言い返せないほどにか細く弱々しい体つきだったが、今の優希は立派な身体をしていた。


「で、理由は今後の利用価値だけか? 他にもあるんじゃないのか?」


 すべてを見透かす黒い瞳。優希の記憶を覗いた彼女は理由など聞く必要がないはずなのに、彼女は優希の口から語られるのを持っていた。
 そんな彼女の意図をくみ取った上で、優希は数秒黙り込んで、眠りに入るかのように瞳を閉じる。


「まぁ……あいつは一度助けようとしたことがあるからな」


「なら、彼女は対象外か」


 紅茶をすするメアリーに、優希は「いや」と前置きして、


「残念だけどあいつもターゲットだ。今は価値があるから生かしているだけ。探すのも面倒だから傍に置いているだけだ。価値が無くなったら捨てるさ」


「ほぅ、皐月はお前を助けようとした。それを知ってもあいつは敵なのか?」


「なんだ嫌なのか? まぁお前は西願寺と何やら仲がいいみたいだからな」


「フッ、残念だが私にとって人間は玩具でしかない。皐月はただのお気に入りなだけだ。お前が殺すと言うのなら好きにすればいいさ。ただ、お前の意図を知りたくてな。私は記憶は覗けても感情が覗けるわけじゃない。お前が見た光景を私が見たとしても同じ思いを共有できるかと言えば話は別だ」


「そういうことね……西願寺は確かに俺を助けようとしてくれたよ。だが、救ってくれたわけじゃない。彼女の行動の結果は結局俺の虐めが悪化しただけ。希望を抱いた分深い絶望に落とされただけだ」


 閉じた瞼の裏に過去の記憶が映し出される。
 それは忘れたい、けれど今の優希の行動力を構成するもので、決して手放すことのできない忌々しい記憶。


「で、皐月はそんな感じだ? まだ泣いてるのか?」


「まあな。なんせ緊張状態だった場所から解放されたんだ。ため込んでいたものを一気に吐き出したんだろ。友達があんな無残な姿で別れを告げたんだ。立ち直るのに時間はかかるだろうな」


 戻ってきた三人は今同じ宿で過ごしている。一通り優希の看病した後、皐月は自分の部屋に戻ってでの第一声は、壁に枚と廊下を挟んだ優希にすら届くほどに、悲しみに満ちた悲鳴だった。
 泣いて、叫んで、吐き出して。負の感情、動揺を声に出して泣き叫ぶ。遺言も何もないいきなりに別れ。労わることもできない別れに彼女は叫ぶ。


 気がおかしくなっても不思議じゃない光景を目の当たりにした彼女は、一日経った今でも彼女らを思い、そして泣いていた。


「バジルに次の情報を持ってこさせているところだ。時間はあるし、好きなだけ泣かせとけ。俺はもう寝る」


「……」


 優希は眠る。彼女の悲鳴を子守歌に眠りに入る。彼女が心に受けた傷など優希には関係ないものだから。どうでもいいことでしかないから。
 メアリーは寝息を立てる優希を一瞥した後、再び紅茶を楽しんだ。




 優希の部屋を出て真向かいに皐月が叫ぶ部屋がある。
 疲れたのか、彼女の声は聞こえない。


「よう少しは元気になったか?」


「ちょっとメアリー、ノックくらいしてよ」


 ベッドの上で窓の外を見ていた西願寺は、メアリーの声に反応する。
 彼女の声は弱々しく枯れていて、涙の跡が残り、難病を抱えた病人のように憔悴しきっていた。
 メアリーは悪いなと軽く謝罪した後、部屋の椅子に腰かける。


「これからどうする気だ? 私たちと一緒に来るか? あいつは構わないと言ってるしな」


 むしろ優希的には一緒に来てもらいたい。探し出すのも面倒だから。
 メアリーが冗談のように提案すると、彼女は数秒考えて下を向く。
 彼女は今揺れている。他に頼るのもがない、縋るものがない西願寺は、優希についていきたい思いは容易に抱いた。だが、彼女が今まで行動出来ていたのは、元の世界に帰るという目標があったからだ。
 だが、もし仮に帰れたとして、みんなを置いて一人で帰っていいものなのかと、後ろめたい感情が出てきている。


 つまり今の彼女には行動に値する理由がない。ここでひっそり暮らすのもありなのではないか、いっそのこと、自分もみんなのところに――


「その昔、神はこの世界に生命を生み出した」 


 突然の声に彼女の思考はピタリと止まる。


「その昔、神はこの世界に文明を与えた」


 語る銀髪の少女。西願寺の眼は、見据える黒真珠の瞳を捉える。


「その昔、神はこの世界の願いを叶えた」


「メアリー……それ何の詩?」


 ようやくの返答にメアリーは笑みを浮かべる。
 なびく銀髪をいじりながら、


「これは聖書の一文だ。アルカトラには神と言われる存在は一人しかいない。なぜなら思想や憧れ、妄信によって生み出された偶像の存在ではなく、現実にその姿を見せ、その姿を見せつけた、現実の神が存在するからだ」


 西願寺の脳裏にエンスベルの顔が浮かぶ。
 彼の印象は身勝手で無責任な印象しか抱いていないが、それでも彼はこの世界の神だという存在を見せつけていた。


「そして、聖書にはこんな一文がある。“神は魔を滅ぼす勇者の願いを叶えた”とな。この聖書にはすべて現実に起こったことしか書かれていない。妄想や妄信の存在じゃないから嘘を書く必要がないからな」


「それって……」


「つまり、魔を滅ぼす、魔族を倒してこの世界を救えば、願いを叶えてくれるということだ。毎年眷属の資格試験は二千人近くの受験者がある。もちろんこの世界を救いたいという思いはあるが、その奥には願いを叶えたいという奴が殆どだ。まぁ当たり前だな。じゃなきゃなんでわざわざ危険な場所に足を踏み入れる必要がある? 町に籠ってれば襲われる心配は少ないのに」


 この世界に来た時の説明に、そんなことは誰も言っていなかった。もともと情報を隠されていたわけだが、願いを叶えるなら、わざわざ神の想像をも超えるなどの遠回しに言わなくても、はっきり言えばいいを。
 それ故、彼女の言っていることが本当である証拠はない。だが、それでも、僅かな希望にすがるしかない彼女は、簡単に動いた。


「みんなを生き返らせることも出来るの?」


「あぁ。生き返らせるのも元の世界に帰るのも可能だ。無から有を生み出す事の出来る神、エンスベル……様なら、死人をよみがえらせることも容易だ。不完全とはいえ我々人間にも可能だからな」


 西願寺は『エンドらの殺戮兵器事件』を思い出す。軽く記事で読んだ程度であまり詳しくは覚えていないが、それでも初代勇者はこの世界に再び命を持っていたという。
 それが可能なら、神であるエンスベルなら――


「みんなとまた会える……」


 願いが一つなら、みんなを生き返らせれば元の世界に帰れないかもしれない。けど、それでも構わない。みんなともう一度会えるなら。


「メアリー……私も一緒に行っていいかな。私のやらなきゃいけないことが出来たから。力を貸してくれないかな」


 希望が見えて、光が見えた彼女の声は少し元気になっていて、


「もちろんだ。私達でよければ喜んで力を貸そう」


 銀髪の少女は、一呼吸と笑顔を刻んで、二つ返事で答えた。



「虐められていた僕はクラスごと転移した異世界で最強の能力を手に入れたので復讐することにした」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く