話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

虐められていた僕はクラスごと転移した異世界で最強の能力を手に入れたので復讐することにした

白兎

21・共闘



「フォルテ、【変化へんげ】ッ!」


「ホイにゃっ――ッッ!」


 フォルテと呼ばれたボンベイのような黒猫は、桃髪の少女の肩から降りる。そして、彼女が恵術を使った途端、フォルテは豹変した。鋭い目はさらに鋭利に、牙は伸び、体格も徐々に大きくなる。それはもう、猫ではなく豹だ。前後の足と尻尾の部分には青い炎を纏い、その炎はマナで構成しているのか、高密度のマナが感じ取れる。


「おいおい嬢ちゃん、こいつ俺まで敵視してない? さっきから凄ぇ睨んでんだけど」


 隣にいたバンダナの青年は、苦笑いしながらフォルテを見る。フォルテが彼を見る目は、三人組同様に鋭い。
 桃髪の彼女は薄ら笑みを浮かべながら、


「大丈夫ですよ。フォルテは根は優しいですから。【変化】前はですけど」


「ちょっと待て今まさに【変化】後だろ!? 猫ちゃ~ん、俺は味方だよぉ~」


 チっチッチっとあやすバンダナの青年。だが、フォルテはそんな行動をされると挑発されているようにしか思えない様で、


「フシャーーッッ!」


「のぉわっ、あぶねぇ! こいつ俺に襲い掛かって来た!」


 フォルテは容赦なく前足を振り下ろす。紙一重でかわした青年は、驚きながらもまだどこか余裕そうだ。
 その光景を見て優希は、


「へぇ~、結構早い攻撃だったけど、かわせるんだな」


 フォルテの攻撃速度も凄いが、それをかわすバンダナの青年の反射神経も称賛に値する。
 【変化】は獣使の専用恵術で、魔獣の能力を完全に引き出すことができる。その間はマナを送り続けなければならないため、長期戦には向かない。【変化】を使った後のフォルテもまた、能力は解放されており、攻撃速度も凄まじい。だが、その攻撃をギリギリとはいえ、完全な不意打ちをかわすのだから、バンダナの青年は相当強い。




「おい何無視してくれてんだぁ!」


 放置されていた三人組は怒号を上げる。
 ようやく青年と少女は三人組を視界に入れる。バンダナの青年は憤る三人組に片合唱して、


「おう悪ぃ悪ぃ忘れてた。さて、誰から始める? 何なら全員でかかってきても構わねぇぜ。どうせ結果は同じだからよ」


 単純な挑発。だが、癇癪の三人にはとても効果的で。


「上等だぁ、後で後悔しても知らねぇかんなぁ!!」


 最初に飛び出したのは剣士の男。バンダナの青年に向かって剣を縦に振り下ろす。もちろん青年はそれを難なく刀で受け止める。が、すかさず槍兵の男が死角を突くように斜め方向から槍を突く。剣士の男に視界を阻まれて、槍兵の男の攻撃の反応が少し遅れたが、これも体を傾けて回避する。
 防戦一方かと思いきや、青年も負けてはいない。体を傾けたのを利用して、剣士の脇腹に蹴りを入れる。槍兵の攻撃がとどめの一撃と確信していたのか、その強烈な蹴りをよけることができず、視界を回転させながら剣士の男は吹き飛んで家屋に激突。
 そして蹴りに手ごたえを感じながら、青年は突撃してきた槍兵と距離を取る。青年は次に槍兵を標的として認識し、呼吸を整えようとするも、


「ぬぉわぁ!?」


 間髪入れず降り注ぐ矢の雨。横跳びでかわすが、立ち上がる隙も与えず、青年を無数の矢が襲う。
 さすがの青年も表情を曇らせる。槍兵と弓兵は勝機を感じてニヤリと笑う。だがしかし、この場にいるのはバンダナの青年だけではない。


「フォルテ援護ッ!」


 漆黒の化け猫は、青年の服をその口で掴んで、瞬く間に移動する。
 フォルテの移動は素早く青年は目が回りそうになる。これが【変化】を使用した魔獣の力。


「あれだけ挑発しておきながら防戦一方なんて、面白いお方ですね」


「いやちょっと油断ッ……うぉぇ」


 桃髪の少女は、微笑を刻み気品のある言葉で青年をいじるも、青年はフォルテの移動ですっかり酔ってしまい、真っ青になりながら餌付いているため、言い返す余裕がない。
 体調がよろしくない青年に変わり、次に前に出るのは桃髪の少女と化け猫。


「選手交代といきましょう。今度はわたくしがお相手いたします」


 鞭を引っ張り自分も戦えることをアピールする少女。その背後から威嚇するように咆哮を上げる黒猫。






「お前の推測は外れて以外に互角だぞ」


 屋根上から観戦していた優希とメアリー。
 優希の憶測では、青年と少女が無傷で勝利すると思っていた。だが、現実は意外にも互角。
 感じ取れるマナだけの判断で正確でないのは確かだが、これほどまでに均衡状態になるとは思わなかった。なぜこうなったか理由はもうわかっている。


 一つは油断だ。青年は相手が格下だと思い込み、戦闘に余裕を持っていた。だが、意外にも三人のチームワークは良く防戦に回された。特に打ち合わせもせず、速攻の連続攻撃を仕掛けられる。これはついさっきチームを組んだとは思えず、おそらく以前から仲間だったと予想がつく。


 次に恩恵の相性だ。青年の恩恵は剣士か武闘家、どちらにせよ近接向き。対するは近距離中距離遠距離の剣士、槍兵、弓兵。この時点でかなり分が悪い。圧倒的練度差がない限り、バランスが取れたこのチームに対抗するのは難しい。
 加えて、青年の共闘相手の恩恵は獣使。獣使は操る獣――契約獣によって相性のいい恩恵が変わる。味方としての相性は、攻撃重視の契約獣なら魔導士と弓兵、回復支援重視の契約獣なら剣士、槍兵、武闘家が味方の相性として最も良い。


 対して青年は近接系の恩恵、フォルテも見た感じ攻撃特化。すなわちお互いが邪魔になるのだ。契約獣と契約主、つまりはフォルテと桃髪の少女のチームワークが良いのは当たり前だが、青年とフォルテのチームワークは良いわけがない。なぜなら彼らは今初めて共闘するのだから。フォルテの戦闘リズムと青年の戦闘リズムの波長が合わなければ、同士討ちの可能性もある。


 それを考慮して、青年は最初一人で戦おうとし、少女もまた最初は一切手を出さなかった。今フォルテを仕掛けても青年の邪魔になるのが分かっていたからだ。
 つまり、この二人は一人でしか戦えない。対するは三位一体の恩恵者。剣士の男は青年の攻撃が効いているだろうが、回復するのも時間の問題だろう。






「フォルテ、相手は槍兵と弓兵。オペレーションCで行くよ」


 少女の問いかけにフォルテは唸って答える。
 大人二人乗せれそうなほど大きい黒猫が、一歩ずつ敵との距離を詰める。
 一人は槍を構え、もう一人は弓を引く。弓兵の狙いがフォルテの脳天を捉え、呼吸と鼓動、相手の動き、すべてのタイミングが揃った時、弓兵は矢を放す。弾力に従って矢は飛ばされ、マナが込められた矢は空を切り裂き、流星の如く駆け抜ける。


 輝く矢先がフォルテの脳天を貫こうとしたその時、フォルテの姿が一瞬にして消滅した。
 時間は昼、太陽は真上にあるため戦場は日向。そんな環境でフォルテの漆黒の体は良く目立つ。にもかかわらずフォルテは姿を消した。透明化など契約獣の力でない限りあり得ない。透明化の恵術は弓兵の専用恵術だ。つまり、フォルテが姿を消した理由で最も可能性が高いのは、


「とてつもなく速ぇぅッ!?」


 最後まで言わせる間もなく、弓兵は何かに押しつぶされる。
 弓兵の少し前にいた槍兵は、仲間の言葉が不自然に途切れたことに疑問を感じ、首だけで振り向いた。
 そこにいたのは漆黒の悪魔。弓兵は潰されるように地面を這い、その上にいるのは今すぐにでも食い殺しそうな鋭い目で睥睨するフォルテ。
 瞬間移動ほどではないにしろ、相手の盲点に一瞬に入り込み、姿を消したように見せかける技術と、それを実行できるスピード。練度差がよっぽど開いていない限り、弓兵の感覚と、鑑定士の観察眼、槍兵の速さが組み合わさって初めて出来る芸当だろう。


 だが、フォルテもまたミスディレクションの材料。一瞬にして仲間がやられたという事実と、それを実行した存在が近くにいる恐怖。この二つの要因がフォルテの方に注意を引き寄せる。それすなわち、本来警戒すべき相手を放置してしまうということ。


「ぐぅぁっ!」


 槍兵の体を縛る何か。革製のそれは桃髪の少女の元に延びている。少女が武器として持っていた鞭が槍兵の体を捉えたのだ。しっかりと縛られて、上半身は身動きが取れない。しかし、槍兵も負けずと抵抗する。少女が力を籠めるも槍兵は動かない。力勝負では互角、むしろ少し劣っている。だが、縛ってしまえば少女の勝利と言っても過言ではない。


「【痺調】ッ!」


「ぐぬぁあああ!!」


 【痺調】は本来、魔物をとらえて、マナを電撃に変換して送り込むことで調教する恵術。電圧は変換するマナの量にもよるが、人間相手でも感電死させることは可能だ。
 優希の見たところ手加減はしている様だが、しばらくは動けないだろう。






「あの女はなかなかやるな。あれほど契約獣と息が合っている獣使はそういないぞ」


 メアリーは薄ら笑みを浮かべて称賛のセリフを吐く。
 彼女の言っていることに優希は内心同意する。
 獣使のタイプは三つ。契約獣一体とコミュニケーションを取り、連携を重視するタイプ。獣使本来の力を発揮できるが、契約獣が苦手とするタイプの相手が現れた場合、敗北に近い苦戦を強いられることになる。
 二つ目は複数の契約獣を所有する獣使。一体一体の連携は浅く脆いが、多種多様な契約獣を所有することで、幅広い状況で戦うことができる汎用性の獣使。その分マナの供給量も多く疲れやすいため、あまり強力な契約獣は持てない。
 三つ目は契約獣を持たない獣使。カルメンのように、天恵と恩恵を組み合わせることによってその場で契約獣を作り出したりするタイプ。契約獣との連携を駆使したトリッキーな戦闘ではなく、自らの戦闘技術を優先する者。契約獣を持つのは割と大変だ。マナの供給、体調管理など普段からしなければならないことが多い。
 ならば普段はフリーで、戦闘になれば周囲の魔物を調教して一時的に契約獣にすればいい。なお、このタイプの獣使は、少なくとも練度5000は無いと厳しい。


「オペレーションCは、黒猫が視線を引き付けてその間に契約主が捕縛し倒す、もしくは隠れて効果が消えるのを待つって感じか。対抗するなら先手必勝、猫を無視して契約主を叩くって感じかな」


 優希は自分ならどう戦うか、脳内でシミュレーションしてみる。
 もちろんそう簡単にいかないことは承知の上だが、いくつか対策を立て、知識として経験値を稼ぐ。戦闘慣れしていない優希は、こういった戦略戦術はかなりの無知だ。少しずつでも実戦経験が豊富な奴から吸収するしかない。






「おつかれフォルテ。まだまだ余力はありそうね」


「試験は始まったばかりにゃ。こんなところでマナ切れはごめんだにゃ」


 フォルテは元の姿に戻り少女の肩に。お互いに労いながら、この争いの発端である怪我人の元へと歩く。


「大丈夫ですか?」


「ぁあ、すまない。俺のプレートは持って行ってもらってくれ。俺は次また頑張る」


 手負いの男は自分のプレートを取り返そうとは思わず、自らの意思で持っていてくれと言った。彼女は一瞬拒もうかと考えたが、ここで受け取りを拒否した所で誰も得しない。ならば、ここはお言葉に甘えようと決め、


「ありがとうございます。あなたの分も頑張りますから」


 手負いの男の意思を受け取るかのように、木製のプレートを握りしめる。
 そのまま男はぐったりと気を失う。
 とりあえずは一件落着かと、ふぅっと息を吐きだして、呼吸を整えた。
 ――その時、


「隙ありゃぁアアッぶればぇっ!!」


 さっきまで戦闘から外れていた剣士の男が、少女に向かって襲い掛かる。
 フォルテは【変化】を解き、少女も完全に緊張から解き放たれていた。もちろん油断していたわけではないが、それでも緊張状態から解放された瞬間は、一瞬とはいえ隙が出来る。剣士の男はそれをずっと狙ていたのだ。強烈な一撃を食らい、戦闘から外されたと思わせ、体力を回復しながら機を待っていたのだ。
 そして、その時は来たとばかりに飛びかかる。だが、目先の獲物に眼が行き、周囲に気を配っていなかったのだ。
 右の頬にきた衝撃。
 口の中は血の味が充満し、折れた歯が舌の上を転がる。何が起きたのか理解できないまま、剣士の男は再び家屋に激突。今度は気絶までに時間が掛からなかった。


「仮は返したぜ、嬢ちゃん」


 突然のことで動揺し目を見開く桃髪の少女。
 その少女の視界には切りかかって来た剣士ではなく若い青年。
 赤みがかった黒い髪が風に揺れ、額のバンダナが男らしさを駆り立てる。鍔の無い刀を肩に乗せ、血の付いた握りこぶしを見せつける。


「ありがとうございます。確かにこれで貸し借りなしですね」


 バンダナの青年に窮地を救われたことを理解し、桃髪の少女はにっこりと笑って、謝意の言葉を述べた。





「虐められていた僕はクラスごと転移した異世界で最強の能力を手に入れたので復讐することにした」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く