話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

虐められていた僕はクラスごと転移した異世界で最強の能力を手に入れたので復讐することにした

白兎

14・変装



「もういいぞ。魔境からシレンとかいう奴が戻ってくる前にとっとと行くぞ」


 優希の言葉に反応し、パンドラが魔境から姿を現した。 
 パンドラは乱れた髪を整えると、ふたつの死体のそばに寄る。


「えげつないな、躊躇なく頸椎部をひねってるし、もう一人は……こいつは生きてるのか?」


 死んでることは一目瞭然のガノンに比べて、倒れているジークは無傷。それどころか服に汚れすらない。


「いや死んでる。ま、こいつの服をもらうわけだから、なるべく汚さないようにした」


 言われてみるとジークの胸元は元からとは思えないほど凹んでいる。心臓にかなりの衝撃を与えたようだ。


「服だけなら殺す必要は無かったんじゃないのか?」


「こいつには俺の死体替わりになってもらう。行動する上で俺は死んだことにしといたほうが都合がいいからな」


 優希がジークの体を持ち上げて身ぐるみをはがす。体格的、身長的にもピッタリで、実によい着心地。
 パンドラもまた荷台に乗り込んで商品を物色。どうやらジークは魔道具以外にもいろいろ扱っているようで、


「ふむ、なかなかいい生地だ。サイズもいい感じだし私はこれにしよう」


 パンドラが漁っていたのは衣服、白を基調に、黒いラインが入った服。胸当てや靴も備わっており、ワンセットで冒険に出られるような女性用衣服。
 基本的に白が似合う彼女は結構気に入ったようで、優希もジークの服と入れ替わる。


「この世界にも写真ってあんだな。こいつに扮装できると思ってたんだが、身分証にバッチリ顔写真が――」


「出来るぞ。扮装」


 遮るように銀髪の少女は言う。
 優希がジークと服を入れ替えたのは、入れ替わった後、ジークの顔を潰して優希が死んだと思わせるため。顔が分からなくても誰が死んだか分かるほど、アルカトラは発展していない。
 だが、実際は身分証にジークの顔が記載してあった。つまりジークの名前を借りることは無理だと断念。だと思っていたが、彼女は変装できると言った。顔の皮を作る技術でもあるんだろうかと思ったが、表情を見る限りそうでもなさそうだ。


「今は時間がないんだろ? その男の死体を乗せてとっとと移動しよう。なぁに死体は別の場所で処理すればいい」


「……そうだな。よっこらせっと」


 優希の血濡れた服を着せたジークを荷台に乗せる。
 ただその時の優希の表情が引っかかったパンドラは、


「なんだその目は?」


「いや、俺もだけど、お前も大概イカれてんなと思ってな」


「私は私のために動くだけだ。どんな手を使っても」


 その時浮かべた彼女の表情は、覚悟を決めているが何故か哀しそうで。
 しかし、今それを詳しく聞いている時間は無く、優希は違和感を抱きながらも、馬車に乗り、オルニトミムスのような生物を繋ぐ手綱を握る。


「……これってどうやって操るんだ?」


 当然操り方など知らない。何せ元の世界でも馬など乗ったこと無い優希。騎乗スキル皆無の優希が、今回のような未知の生物を操るとなればさらに混乱。そんな優希に溜息をつくパンドラは優希の元に歩み寄り、


「竜の一匹や二匹操れるようになれ。私が操縦するから替われ」


 言い訳が出来る分、その言い方にイラっと来るが、優希は素直に手綱を渡す。
 パンドラは手綱で竜に指示を怒るように動かすと、それに応じて竜はしっかりと前進する。
 なぜか敗北感が滲み出る優希は、心を落ち着かせるため荷台に座り込んで、積み荷を確認する。


 積んであったのはいろいろな魔道具や衣服、武器、宝石など多ジャンルだ。
 主に武器を物色する優希。今のところ能力で底上げした身体能力による力業で何とかなっているが、それも限界がある。弾丸鼠ガンガル―は攻撃に隙があったし、ガノンに関しては完全に不意打ち。シレンが戻ってくる前に移動したのは、敵意を持たれて戦闘した際に勝てる確証がないため。
 〖予備情報バックアップ〗による瞬間治癒も、それほど便利なものに弱点が無いとは考えにくいため、しっかり理解するまではなるべく使用は避けたい。
 だが、今のダガーで応戦するなら普通に素手でやった方が勝率はある。
 つまり、今の優希には良い武器が必要なのだ。


「なんだこれ?」


 優希が見つけたのは変わった籠手。白銀に輝き、紋様のようなものが刻まれている。


 優希は【鑑定】を使い、その武器を調べる。
 魄籠から魄脈を通り、マナが目に送られる。久しく広がる赤い視界が、腕に装備された暗器を捉え、情報が脳に直接送り込まれる。脳みそを指でなぞられる様な感覚と共に、脳裏に流れる情報の羅列。苦手だったそれが、今では特に気にならない。




 神器:銀龍ヴィート白籠手シルヴェル
 宝魔龍イルガルドの牙で作られた籠手。
 脳から送られる信号を受信できるため、装着者の手足のように籠手の形状を変化できる。マナの伝導率も非常に高く、剣のように尖らせれば、アダマンタイトをも切断できる硬度と切れ味を誇る。しかし、装着時は槍で刺される様な激痛が腕に走る。




 神器は、天才魔道技師アルミナによって製作された、道具そのものに力が込められている道具。そのころから魔道具は作られていたが、彼の作る魔道具の性能は群を抜き、神器と呼称されるようになった。しかし、神器は強力すぎる性能の代わりに、使用者は不幸な死を遂げていることが多く、使用すれば神器を使いこなすか、神器に使われ死ぬかの二択だ。製作者であるアルミナが亡くなってから神器を作れる者はおらず、帝国にも四十種類程しかない。


「これが神器か。イルガルドの牙つったら売れば金貨四千枚ぐらいするレア素材じゃねえか。このジークって奴結構良いもん扱ってんだな」


 宝魔龍イルガルドは、背中に数百種類もの鉱石を纏う魔界の龍だ。大陸の中心に位置する帝都から、北方にある超級魔界『ヒエラルド』に生息している。
 その牙は白銀に輝き、縄張りを守るために、他の魔物を容赦なく捕食することで知られ、イルガルドに遭遇した場合まず身を隠すことが鉄則とされている。


 優希はその籠手を装着する。これほどまでに優希向きな武器があるだろうか。切れ味や硬度は一級品、唯一のデメリットである装着時の激痛は、痛覚を失っている優希には無いに等しい。破壊力や派手さは無いものの、一撃の強さより手数の多さを好む優希としては全く問題ない。何より、コートで存在すらも分からない。まさに暗器。


 優希は装着し、一度形状を変化させてみる。
 白銀に輝く籠手は、優希の思うように形状を変え、籠手に小剣が取り付けられた、パタのような形状に変わる。刀身約三十センチの小剣が優希の掌すれすれで現れる。
 周りからはコートの袖口からいきなり刃が出て来たように思うだろう。


 特に仕掛けは無い。いちいち念じる必要もない。閉じている手を開くとき、わざわざ脳内で開けと念じるだろうか。特に何も考えずとも開くことができる。
 それと同じような感覚、優希の好きなように、小剣を出現させる。弾丸のように早く出すこともできれば、ゆっくり出すことも可能。
 優希が気を付けるとすれば、小剣射出時は、形状変化時に剣に手が当たらないようにすること。でないと鋭利な小剣は簡単に指を切断する。


「他は……」


 地肌が見えているだけの道を行く馬車ならぬ竜車は、地形の凸凹に強く反応し、荷台はよく揺れている。そんな居心地の悪い荷台で、優希は武器を漁る。
 だが、特に目を引くものは無かった。さすがに神器とクラスのものはそうそうないらしい。


「そういえば……」


 武器漁りに気を回していたため忘れていたが、そろそろ聞いても良い頃だろう。優希が飛び出した魔境はもうすっかり見えない。
 御者をしているパンドラは、車輪の音や、荷物が荷台にぶつかる音など、結構な騒音にも関わらず、優希の落ち着いた、静かな声にも反応した。
 手綱を握って耳を傾けるパンドラ。その反応を確認し、


「お前こいつに化けれるって言ってたけどどうすんだ? 変装技術なんかアルカトラにないだろ」


 変装道具を作れるとすれば三か所。一つは帝都、ただ帝都の場合は作るというよりは変装道具をそろえるという形になる。もう一か所は石の都『ストーンエッジ』、魔石を素材に作られる魔道具は『ストーンエッジ』が一番盛んに製造されている。魔石の加工技術は八大都市で最も発達しているからだ。もしかしたら変装できる魔道具があるかもしれない。
 最後の一か所は鋼の都『メタリカ』。『ストーンエッジ』と違い、こちらは鉄鋼業がとても盛んな都市だ。変装用の道具を作れる技術力があるかもしれない。


「確かにその三都市なら可能性はあるかもしれないが、わざわざそんなことしなくても今ここで変装できる。変装と言うよりは変貌に近いがな」


「というと?」


 パンドラの言っていることが理解できず、優希は詳しい説明を求めた。パンドラは、手綱を使って力強い脚運びで荷台を引く竜を止める。
 そして、御者席から離れ、荷台にいる優希の方へ。


「まず、お前が得た力は〖権能〗というものだ。私と契約したお前は恩恵よりもはるかに強力な力を得ているわけだ」


「具体的にその〖権能〗ってのはどんな力なんだ?」


「〖権能〗はお前が代償を払って得た力。お前の望みは復讐、その望みを叶えるためお前は私に代償を払って望みを叶える力を得た。例えばパン屋の店員が私、お前は客だとしよう。お前は腹が減っているため何か食べたい、これがお前の望み。そして、その望みを叶えるため、お前は私に金を払ってパンを買う。この時の金が代償、パンが〖権能〗だ」


「で〖権能〗ってのは恩恵と何が違うんだ?」


「そうだなぁ」


 パンドラは優希の問いに答えようと説明文を脳内で組み立てながら、座って目にかかりそうな髪を掻きあげる。


「恩恵者になったころは練度1。つまり、一般人の練度は0だ。肉体的精神的にその域に達した物、0から1になった者が、体内にマナ生成器官、魄籠を生み出せる。そして、練度5000になれば天恵を手に入れられる。ここまでは知ってるな?」


 パンドラの確認に、優希は無言で頷く。


「天恵は基本的に恩恵を活かせる能力になる。例えば、高い五感と隠密系の恵術が特徴の弓兵が、近距離且派手な天恵を得ることは無い。そして、天恵はかなりのマナを使う」


 確認するように彼女は言い、優希も無言で頷く。


「対して〖権能〗はマナを使わない。さらに恩恵、天恵の能力に干渉されないのが最大のメリットだ」


 彼女は説明を続け、優希も自分なりに彼女の説明を噛み砕く。
 例えば、天恵で相手の恩恵を無効化する天恵を持っていても、〖権能〗には効かず、発動することができる。そして、マナを使わない〖権能〗は、マナ感知に引っかからず、隠密活動にも適している。そして何より、払った代償次第では凄まじい威力を発揮できる。


「お前の〖権能〗は〖情報操作〗つまり、情報の上書きだ」


「情報の、上書き?」


「お前の世界ならイメージしやすいだろう。身体能力、記憶や神経の信号……この世界は情報で満ちている。お前はそれを上書きが出来る。お前が無意識に使った〖機能向上アップデート〗は、言うなれば肉体の情報を上書きしたんだ」


 数値的に言えば、もともとの速さが50とすれば、普通なら走る特訓で51、52と上がっていくが、優希の〖権能〗は訓練せずともいとも簡単に100や200まで自由に引き上げられる。
 優希の記憶を覗いたパンドラは、この世界にないコンピューターの存在も認知し、優希に理解しやすいように話す。


「なるほどね。つまり俺はコンピューター人間になったわけか。しかも、それを操作するのも俺ってか」


「理解したか。ただし、お前が操れる情報は自分だけ」


 そこまで言った時、優希は思った。
 これが彼女の言う変装の方法だとすれば。


「俺の肉体情報をいじって、あいつに成り済ますってか。確かにそれなら道具を使わないし、何より記憶以外は本物になれるってわけか」


 優希の憶測を目の前で微笑む少女は肯定の意味を込めて首を振る。


「まぁそれでも、完全に成り済ますことは出来ない。お前がこの男で知っていることはあくまでも外見のみ。血液型、骨格、視力や聴力、知らなければならないのはいろいろある。そこでだ――」


 パンドラは血濡れた優希の服を着たジークの体に手を置き、


「お前がカルメンを逆探知したときに使った〖接続アクセス〗を使う」


 〖権能〗の能力は、優希にとって相性が良く、彼女の言いたいことが何となくだが予想できた。



「虐められていた僕はクラスごと転移した異世界で最強の能力を手に入れたので復讐することにした」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く