話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

虐められていた僕はクラスごと転移した異世界で最強の能力を手に入れたので復讐することにした

白兎

12・歪んだ笑み



 スヤスヤと寝息を立てる優希とパンドラ。
 焚火の火は消え、眠るにはちょうど良い静寂と暗闇が二人を包む。


「さぁ~、お~行きなさ~い」


 カルメンの掛け声で不自然な葉音が立った。
 優希達は変わらず夢の世界へ意識を溶け込ませている。
 カルメンが操っている魔族は十五体。完全回復しきれていないのもあるが、これ以上はカルメンも精密に操作しきれないのだ。
 体が石でできた蜘蛛――鋼蜘蛛。人間と同サイズで両腕に鋭利な刃物を持った諸刃蟷螂。掴んだものを地面に引きずり込もうとする地獄土竜。それに、優希を恐怖に陥れた魔物、狩猟虎も操られていた。
 気配を自然と一つにし、物音足音を最小限で少しずつ近づく。
 疎らに並んだ木々の陰から姿を現した魔族の瞳は暗闇であろうとも優希達を捉えていた。
 今だ起きる気配を見せない優希とパンドラ。カルメンの実力はなかなかのものだ。いくら一流の恩恵者でも寝るときは寝る。しかし、完全に眠るわけではなく、いついかなる時も反応できるように構えているのだ。
 しかし、優希にそんな芸当は出来ない。故に、カルメンは完全に無防備だと判断したのだ。
 準備は整い、カルメンの一声で取り囲む魔族は一斉に優希に襲い掛かる。


「さぁ~聞~かせなさい。あなたの断末魔だ~んまつまを……GO!」


 カルメンの言葉は魔族たちまで聞こえないほどに小さいが、それでも【共感】を使われた魔族はカルメンの命に従い襲い掛かる。鋼蜘蛛は鋼の糸を噴き出し、諸刃蟷螂はその両手の鎌を振り下ろす。
 優希の脳天に鎌が直撃。かと思われたが、


「キィァェァ゛ァ!!」


 両手の鎌を掴んでそのまま鋼糸が迫る方向に投げつける。鋼糸が諸刃蟷螂に巻き付き動きを封じた。
 間髪入れず地獄土竜が優希の足を掴んで地面に引き込もうとし、優希の動きを止めたところで、狩猟虎が優希の体に牙を向ける。
 しかし優希、狩猟虎の顎を裏拳で破壊。狩猟虎の下顎が飛んでいき、鋼糸を出していた鋼蜘蛛の頭部に牙が突き刺さる。狩猟虎は一瞬で絶命するも飛びかかった勢いは消えず、優希に大牙が迫る。優希はその牙を掴んで足元で優希の足を掴んでいる地獄土竜の脳天に突き刺す。
 まだまだ増える魔族を優希は簡単にあしらい、血が渇いた服に再び鮮血を浴びる。
 そして、頭部が破壊されても生きている鋼蜘蛛の胴体を掴んで、


接続アクセス〗――〖検索リサーチ〗ッ!


「――見つけたッ!」


 優希は周囲の魔族を蹂躙するとある方向に走り出す。
 木々の隙間を最小限且最速の動きで移動し、右手には鋼蜘蛛が吐き出した鋼糸を持っている。
 そして、数秒経たず優希はついに視認した。
 太い枝に座って冷や汗を流すカルメンを。


 カルメンは優希と目を合わせると激しく動揺するが、鞭を構えて応戦する。
 魔族の群れを一瞬で倒したことは驚くが、所詮魔境の魔物達。自分には勝てまいと踏んで下手に逃げるより応戦した方が良いと判断。何よりも、こいつは自ら手を下したいという欲望が出ていた。


「さ~かかってき~なさい!」






 ********************






「グフッ……一体何故な~ぜですか」


 鋼糸で樹に縛り付けられたボロボロのカルメンは、現状の理解が出来なかった。
 圧倒的に優位だったはず。優希との練度差もかなりあったはず。なのにカルメンはあっけなく敗北した。


「何故ってこっちが聞きたい。なんで俺たちを狙っていたんだ?」


「そ~れはただた~んにわたくしの趣味しゅ~みであります。ここは私の狩場か~りば。あなた達はた~またま標的になっただけなのですよ」


 縛られながらも余裕そうな口調。
 再び火を焚き、殺した魔族をダガーで皮を剥いで肉を焼く。
 出来るまで優希は座り込み、パンドラも起きて肉が焼けるのを待っていた。


今度こ~んどはわたくしのば~んなのです。あ~なたは完全に眠りにつ~いてたはず」


「え、あぁ、まぁ寝てたからな。さすがに些細な気配で完全に起きれるような訓練はしてないんでね。あらかじめ設定しておいた」


「設定とはど~いうことな~んですか?」


 縛られながらにカルメンは首を傾げる。
 そして、優希は答える前に考え込むように数分間黙って、


「……相手の攻撃パターンに合わせて対応できるようにしたって言えばいいのか? ほら、熱いものに触れると無意識に手を放すだろ。あんな感じ」


 本人もわかりきっていない説明にカルメンは腑に落ちない感情を抱きつつも、自分の状況が危機感を駆り立てて次の質問の答えに期待する。


「で、ではつ~ぎの質問で~す。ど~してわたくしの場所ば~しょが分か~たですか?」


「これも何て答えばいいんだろ。お前が操っていた魔物からお前のマナを辿って逆探知したって言うのか?」


 疑問形の最後な上になぜか明確な答えをパンドラに任せようと顔を見る優希の姿に、カルメンも先ほどからの疑問が我慢できずに口から吐き出す。


「な~んであ~なたが分かってな~いんですか?」


 カルメンの言葉に優希は頭を掻きながら、


「実のところ俺も分かってない。なんせコイツにさっき聞いたばっかだから」


 そう言って優希は隣で焼ける肉を見ているパンドラを親指で指すと、パンドラは長い髪を掻きあげる。
 カルメンはまたも腑に落ちない表情。疑問を解消するために質問しているはずが、そこに浮かぶは疑問符のみという状況。


「し~かし、あ~なた達はそんな会話か~いわはしていなか~ったはず!」


 カルメンのぐるぐるに渦巻いた奇抜なゴーグルは優希を捉えたまま放さない。
 縛られて身動きできないながらも、前に乗り出すかのように言葉に熱を入れる。浮かぶ疑問に胸がくすぐられるようなもどかしい感覚が我慢できない。プライドが高い分自分が何故負けたのかを早く知りたいのだ。
 そんな中、パンドラは名指しされ自分の手番が回って来たのを待ってましたと言わんばかりの笑みを浮かべる。


「意識がはっきりしていない奴なら私の天恵〖純白の園ヴァイスガルテン〗に連れていくことができる」


 〖純白の園ヴァイスガルテン〗が彼女の天恵。優希がその世界に来たのは二度目だ。最初は弾丸鼠ガンガル―に肉体を破壊された時、生死の境を彷徨っていた時、彼女は優希をその世界に導いた。
 そして今回、優希が眠りにつくかつかないかの境にいた時、彼女は導いた。その世界では肉体や精神の影響は受けるが、現実の時間は数秒のもの。
 その世界に導かれた優希は力の使い方を少し教わったのだ。


「おかげで少しマナが回復した魄籠は一瞬で空っぽ。もともと少なかったから数分しか維持できなかったがな。それでもこの場での最低限のことは教えられたぞ」


 初めての疑問の解消にもどかしさが軽減する。
 しかしながら、聞きたいことはまだまだある。だが、カルメンのこの行動はあくまでも表向きだけ。稼いだ時間でどうやって逃げるかを模索しているのだ。


「あ~なたからはま~ったくのマナも感じられなか~ったはず。し~かしあのスピードはど~いうことですか? そ~れにあ~なたは私の天恵に掛か~っていると思っていたは~ず」


 カルメンを見つけてからの移動の速さ。優希のマナから【迅脚】を使ったようには思えず、かといってあの速さと動きは槍兵並み。しかし優希は槍を持っているようには見えず、とりあえず目につく武器は腰に携えたダガーのみ。もちろん、本来の恩恵とは違う武器を持つ者もいるがメリットがない。なぜなら恵術はその恩恵に合っているため他の武器では最大限の威力を出せないのだ。


「どういうことって言われてもなぁ。ただ単に走ったとしか言えないし。あと、俺が真っ先にお前の所に行ったのは天恵が解除されてると思ったからだ」


 優希の推測では、周囲の魔物達はカルメンの天恵のせいで襲ってこれないのだと思った。優希が外に出れないのと同じように外からもこちらに侵入できないのでは? と。
 優希が自由に行動出来ていた時から、魔族の監視はあったが気配はあった。しかし、行動が制限されてからは視線は感じても気配は無かった。つまり、離れた場所からの監視、もしくは近づけなくなったと推測。
 そして、魔物達が襲ってきた時、優希は能力が消えていると踏みカルメンを探して向かった。


「ま、能力が解除されてなかったらなかったで良かったんだけど」


「そ~れはどういうこ~とですか?」


 カルメンが返すと、もう食べ始めているパンドラを尻目に、優希は焼けた肉を手に取って、


「能力が解除されてなかったらこの森、燃やすつもりだったし」


 魔境、魔界の樹が元の世界と同じかは知らないが、燃やせることは今こうして証明されている。
 そして、葉が重なってつながるこの森は一本燃やせば、勝手に全体にいきわたり、敵をおびき寄せるまたは追い出すことができる。
 しかしこれは、あまり使いたくない手だった。なぜなら魔族を敵対するこの世界で何故この手を使わないのかが分からなかったからだ。森を焼き尽くせない理由が分からない以上、この手段は賭けになる。


「さて、質問にも答えてあげたし、そろそろ逃げる方法は見つかったか?」


 優希の言葉にカルメンの心臓は強い鼓動を生み出した。
 額から出る冷や汗は、優希の歪んだ笑みで収まることを雄れている。


「まさか、ただの好奇心だけで質問してたのか? お前が俺やパンドラの返答を聞いてるとき、二割は聞いてるけど残り八割ほどは別のことに頭を回していたな。上手く隠してたけど分かる奴には分かる」


 優希は元の世界では人の態度や表情を伺って生きていた。
 まさかここで活きてくるとはと優希は何とも言えない気持ちが湧き出る。
 動揺が顔に出ているカルメンに、優希は歪んだ笑みを浮かべたまま、


「あんたも死にたくないだろうし、俺の提案を受け入れるなら命は取らないでやる」


 その提案を聞かないまま、カルメンは勢いよく首を縦に振る。
 その行動に後ろで魔物の肉を食しているパンドラは、あ~あといった憐みの表情。


「俺の提案なんだが、俺は人間についてよく知らない」


 樹に縛られたカルメンに、腰のダガーを抜いて近づく優希は、その剣先を首筋に突きつけ、撫でるように鉄の冷たさをカルメンに伝える。


「どこを切れば死ぬのか、どこの骨を砕いたらどうなるのか……いろいろ知りたいことがある」


 淡々と言う優希にカルメンの心はざわつく。
 久しく感じる死の恐怖。時間を稼ごうとカルメンは喉を震わせながら、


「こ、こ~ろさないは~ずでは……」


 カルメンに掛かる謎の重圧感。それを我慢して吐き出した言葉に、優希は嘲笑うかのような笑み。


「死にはしないから大丈夫。あんまり記憶にないけど、俺も死ななかったから。自分の胸骨を生で見た時は軽くトラウマになりかけたぜ」


 あくまでそれはパンドラの力があったからだ。
 普通なら優希は死んでいる。それを理解した上で言うのだ。実験体になれと。


「し、し~かし、そ~れは――――ッ!?」


 カルメンの言葉を遮るように、優希はダガーをカルメンの足に突き刺す。
 伸びた口調は一瞬で断末魔へと変わる。鋼糸に縛られている胴は後回しに、見える場所にダガーを刺し、切りつけ、抉る。
 優希に付着した血はもう誰のものか分からず、響く断末魔は優希を快楽の世界に誘う。
 パンドラは興味薄にその光景を見ながら、食い終わった魔物の骨を捨てて横になる。


 優希があの時の弾丸鼠ガンガル―の気持ちを感じる頃には、カルメンは胴体以外ただの血濡れた肉塊へと変化していた。





「虐められていた僕はクラスごと転移した異世界で最強の能力を手に入れたので復讐することにした」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー255435

    また訳分からん。

    0
コメントを書く