話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

虐められていた僕はクラスごと転移した異世界で最強の能力を手に入れたので復讐することにした

白兎

11・血濡れの少年



 パンドラの軽い体重を感じながら、優希は来たに向かって歩き出す。
 相変わらず魔境に住まう魔物達は視線をよこしながらも姿を見せない。


「いい加減見られるのも疲れるな。なんとかならないのか?」


「どうせ襲ってこないんだから気にしなければいいだろ。俺も今は少しの体力も使いたくないんだ。ていうことだから降りろ。」


「断る。それに、魔界の魔物を倒して練度はかなり上がったのにマナは回復しなかったのか?」


「疲労感が増しただけだった。多分魄籠がマナを溜め込める量は上がったけど、マナはそのままなんだろうな。そうだ、お前のマナを寄越せ、運賃だ」


 優希は純白の世界でパンドラが優希にマナを送り込んでいたことを思い出し、少しでもマナを補填しようと運賃を要求。しかし、彼女はそれを拒否。


「残念だが私の魄籠も空っぽだ。お前の命を繋ぐほどのマナを使っているんだぞ、普通ならマナ欠乏症で倒れている」


 優希は死んでもおかしくない、いや死んでなきゃおかしいほどにやられていたのだ。だが、パンドラがマナを送り、命を繋いでいたおかげでこうして生きている。当然、命を救うほどのマナは計り知れない。そもそも、人間には不可能かもしれない。
 優希はパンドラの正体に疑問を持っている。


「結局お前って何者なにもんだ? いきなり俺の前に現れたと思えば消えて、空から降ってくるとか」


「その辺はおいおい話すとしよう。まずは落ち着いて話が出来る場所へ行け」


「へいへ~い」


 背後から命令する少女に優希は上辺だけの返事で返し、気怠さをアピールしながら足を進める。
 かれこれ数十分歩き続ける。優希の予想ではもうそろそろ森から抜けてもいい頃なのだが。


「……おかしい」


「やっと気付いたか」


 優希が抱いた違和感に、パンドラは鈍感さを指摘する。
 初めての魔境で分からなかったが、先程から感じる視線。しかし奴らはその姿を見せない。
 優希はてっきり自分の練度が上がったため萎縮、警戒しているのだと思った。


「けど、魔境の連中は竜崎に襲い掛かってた。敵わない敵であることは奴らも分かっていただろうに」


 現時点で、優希と竜崎との練度差はあまり無い。その上、今の優希に至っては魄籠の中は空っぽ。
 普通なら今感じる視線的に、数百もの魔族が押し寄せているはず。それに、弾丸鼠ガンガル―を倒した後とは違い、今は視線は感じるが気配は全く感じない。透明化しているかのように。


「それに気のせいかさっきから同じ道をまわってる気がする」


「だろうな。攻めてこない魔族、ループする魔境。これはまるで……」


「監視されてる?」


 パンドラの言葉の続きを優希が言い、彼女は肯定の意味を込めて首を縦に振る。
 だが、もしそうなら問題は誰が監視しているかだ。


「魔族の目を通じて俺たちを監視しているのなら相手はおそらく獣使。だが、魔境から出れなくするような特殊な恵術は存在しないから、相手は『天恵』使い。少なくとも四千近い練度差」


 その上優希のマナはほとんど残っていない。パンドラから授かった力だけでどうにかなるものだろうか。
 優希は立ち止まり、警戒しながら周囲を観察する。
 相変わらず視線は感じるが、特に誰がいるわけでもない。次は音、魔族の吐息、そよ風による葉音、後ろでしがみ付いている少女の鼓動。やはり何も見つからない。


「厄介だな。姿どころか位置も確認できないとなると相手は弓兵の可能性も出てきた。少なくとも二人はいる」


 獣、魔族を操る獣使と、隠密活動が得意な弓兵が敵の恩恵と考えた。
 これはあくまでも推測だ。ただの思い過ごしの可能性もある。しかし、思い過ごしであるという確認が取れないと安心はできない。それに、魔族が襲ってこないのはともかく、魔境から出れないとなると何かしらの力が働いているとしか思えない。


「まぁ、お前が極度の方向音痴ということなら大体解決するがな」


「フン、残念だが方向感覚には自信がある。とりあえずは今どうなってるか見てみるか」


 優希は屈んでタイミングを計る。そして、屈んだ足を大地に踏み込んで跳躍。
 パンドラは落ちないようにしっかりと掴まり、優希は疎らに並んだ樹木を壁蹴りの要領で上り、木の葉の屋根を突き抜ける。が――


「おわっ!?」


 時間はもう夕方。茜色の光が優希を照らしたかと思えば、天地逆転。
 優希の体に感じる重力は上向きに働き、大地は空に、木の葉の屋根は地面に変わった。
 落下しているのだ。優希が木の葉の屋根を突き抜けたと思えば、頭から落下していた。


「よっと。……場所の把握は無理だったが、これで俺の方向音痴説は無くなったな」


「残念だがそのようだな。どうやら私たちは閉じ込められているらしい」


 前後左右上下どの方向に進んでも同じ場所に戻される。周囲が鏡で囲まれて進もうとすれば鏡の世界に溶け込んでしまうような未知の感覚。


「どうする? 敵が飽きて出てくるまでしりとりでもするか」


「なんでしりとりだよ。まぁ、何もできないのも事実だしな」


 明らかにおかしいと分かっていながらも、それを解決する術が見つからない以上することが無い。
 優希の知識量では今自分に何が起こってるのか分からないのだ。


「まぁこの状況を打破できるまでとりあえず降りろ」


「嫌だ……と言いたいが仕方ない。そこの岩場に降ろせ」


 優希は言われるがままにパンドラを近くに落ちている大きい岩に降ろす。
 そして、少し開放感を感じながら手足を伸ばして筋肉をほぐした後、足元に落ちている小石を拾って、


「よっ」


 上に放り投げる。小石はそのまま一直線に木の葉の層を貫いた。
 そして、


「…………なるほど、人以外は出れるんだな」


 投げた小石は葉の層を突き抜けてもしばらく戻ってこなかった。つまり、普通に上に飛んでいき、そのまま重力に従って落ちてきたということ。もし小石も出れないならそのまま葉の層に触れた瞬間すべてのベクトルが反対に働いたかのようにお勢いよく落ちてくるはず。しかし、数秒間を開けて落ちてきた。そこから、この力は生命以外は対象外ということ。


「服はそのままだから触れてさえいなければ物扱いになるのか。まぁこれが分かったところでだけどな」


「問題は敵が私達をどうしたいかだな。心当たりは?」


 パンドラが視線を優希にやると、優希は首を横に振る。


「俺に用があるとすれば生徒ぐらいだろうけど、こんな力が使えるほど練度が高い奴はいない。お前の方こそどうなんだよ?」


「私か? そうだなぁ恩恵の有無はともかく私に用がありそうな奴は……十七人ぐらいか」


「多いな。その気にさせるだけさせといて捨てたのか?」


「失礼だな。私から近づいた覚えはない」


「冗談だったんだが……。で、真面目に答えると?」


「全くないな。私の知り合いなど遠の昔に死んでいる」


 お互い敵の心当たりがない。情報が少ないままかれこれ数十分、日も落ち始めていた。
 今日はここで野宿だなととりあえず現状打破を諦める。
 樹木を倒して椅子代わりにし、乾いた枝や葉をかき集めて火を起こす。


「起きてても腹が減るだけだし寝るか。どうする交互に見張りでもするか?」


「ふぁぁ……私も眠たい、お前が見張りをしろ、ずっと」


 欠伸をしながらパンドラは優希に見張りを押し付け反対意見を聞かずに眠りに入る。
 ただ、優希も瞳を閉じて倒した木にもたれ掛かる。
 焚火の音だけが静寂の中に響く。月も上り、魔境の中は焚火の炎以外光源が無い。


 パチパチと……小枝の弾ける音だけが……響く……


 ――――。
 ――――――――。
 ――――――――――――。


「クククッ……と~んだおバカさんですねぇ~。あれほど警戒しておきながら、両方眠ってい~るではありませんかぁ~」


 魔境の森で無防備に寝息を立てる二人。それを監視する魔族の目は、ある男へと繋がっていた。
 細身の体を包む迷彩柄の軍服、右腕には同じく迷彩柄の鞭を持っており、カメレオンを連想させる特殊なゴーグルをかけている。出している舌は長く、そこから唾液が零れ落ちる。
 そいつは優希から遠く離れた樹の上で隠れていた。音を消し気配を消し、自然の一つとなって優希たちを監視していた。


 彼の恩恵は獣使。魔族と感覚を共感するのは獣使の専用恵術【共感】。触れた相手と五感を共感し操作するもの。もちろん実力差で効果時間や、掛かり具合は変わるが、彼の練度ならこの魔境の魔族は大体恵術対象内だ。
 そして、優希達を閉じ込めたのは彼の天恵【脱出不可能な空間ノンエスケープ】。
 対象を指定した空間から出れなくするという恵術。その力を使われた優希は半径10メートルほどしか行動できない。本来は大量の魔族や獣も一緒に閉じ込めて対象を攻撃するというものだ。


 彼の名前はカルメン。眷属の資格は無い恩恵者で、この魔境を狩場にしている。しかし、彼にとって狩りの対象は魔族だけでない。ここは『始まりの町』に近く、まだ弱い恩恵者も練度上げに来ることが多い。カルメンはそんな奴らを大量の魔族と一緒に天恵で閉じ込めて、【共感】で外から見物することを趣味にしている。


 今回も複数の魔族に【共感】を使って、今日の獲物を探していたところ見つけたのだ。血まみれの優希を。弾丸鼠ガンガル―の死体は原型を留めていなかったため、優希の力を知らなかったのだろう。魔境で手こずるような奴が自分に勝てるわけないと思い、カルメンは狙いを優希に絞った。そこからは優希に天恵を仕掛ける隙を伺っていた。が、ここで問題が起こった。
 優希が凄い速度で移動し始めたのだ。ちょうど優希が落下するパンドラを見つけた時だ。
 カルメンは見失わないように魔族を移動させたが、魔族では追いつくことができなかった。
 しかし、ここで見逃せばプライドが傷つくし、それに苦労した分ほど楽しめるというもの。彼は強硬手段に出た。
 獣使の上級恵術【観染】を使った。【観染】は【共感】と効果内容は同じだが、【観染】は植物にも対応、自からの視覚を樹に植え付ける。何より直接触れずとも【観染】に掛かっているものが触れれば効果は発動する。つまり、魔境の樹一本に【観染】を使うと、枝や葉を伝って魔境中に広がるのだ。これで準備は整った。


 優希がちょうどパンドラと出会った時、カルメンは天恵を発動した。
 【脱出不可能な空間ノンエスケープ】の発動条件は、マナを触れさせること。【観染】によってカルメンのマナは魔境中の樹に微弱だが流れている。触れれば優希達にも【観染】のマナが微妙に流れ込む。ただ、なぜか優希達を操ることは出来なかったが、そこは問題ない。なぜなら天恵の発動条件は満たしたからだ。


 唯一の誤算は【脱出不可能な空間ノンエスケープ】を発動したとき、カルメンのマナはほとんど使い切り魔族に使っていた【共感】が解けてしまったのだ。周囲に魔族が居なかったこともあり、魔族も一緒に閉じ込めることは出来なかった。


 途中から視線の気配が消えたのは、その視線は魔族ではなく【観染】されている樹だったからだ。
 しかし、今は回復薬などでマナを回復し、大量の魔族に【共感】を使って囲んでいる。【観染】を使わないのは、樹は監視が目的のため効果が薄れても移動させる訳ではない為問題ないが、魔族は操る作業も必要になる。【観染】は触れれば自動的にマナが流れるため、マナを勝手に分配されて操るほどの効果が消える可能性もある。
 それ故、操る必要のある魔族は【共感】なのだ。


「さぁ、そ~の寝息を断末魔だ~んまつまに変えて差~し上げましょう」





「虐められていた僕はクラスごと転移した異世界で最強の能力を手に入れたので復讐することにした」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • メルク

    自分の読解力のせいかもだけど
    どっちのセリフか分かりずらい…

    0
コメントを書く