話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

規格外の殺し屋は異世界でも最凶!?

くうはく

蒼空vs神様

「わしを殴るとな?」

エレノスがニヤつきながら返してきた。

「あぁ」

「何故に4発なのか聞いてもいいかのう?」

そんなもの...決まっているじゃないか。
理由は単純明快、そう


「なんとなく」

だ。

「なんとなくにしては数のキリが悪すぎんかのう?」

「まぁまぁ、そんな細かいこと気にしてると白髪増えるぞ?」

「お主、喧嘩売っとるのか?わしはもう白髪どころか毛すらないというのに...」

あ...(笑)

「そりゃ失敬、んじゃまっ...いくぞっ!」

俺は右手にダガー、左手にハンドガンを構えエレノスの懐へ走り出す。
対してエレノスは1歩も動かない。エレノスは以前、俺の心を読んでいた。ならば、作戦など立てるだけ無用、無心に無数に、己の殺気を刃に変えて攻撃するのみ。



「ほう...悪くない、しかし、遅いのう。」


据えなくあしらわれる。まぁ予想してはいたが、強いどころの話じゃないな…仕方無い...本気でやるか








1、さぁ、自問自答の時間だ


2、敵は?

  自称神、エレノス



3 今回の行動理由は?

  なんとなくって言ったけど、本当はいくつかある。
     1つ、エレノスは゛家族”をクズと言った。
     2つ、オタクの精神を汚した。
     3つ、イラは、特になんともないと言っていたが、そんなのは嘘だった。あいつの一瞬の表情が、声のトーンが、手足の震えが悠然と物語っていた。すなわち、『悲しい』と。
イラはもう俺の仲間だ。なら、それだけで十分なだ。

4 手持ちの武器は?

  ハンドガン一丁、予備の弾薬はなし。
ダガーが2本、閃光弾に、暗器。



5 相手の装備は?
  
  特に何もなし、服の中に仕込んでいる可能性もあるが、ここはもうファンタジーだからなぁ…



6  今回の対処は?

  エレノスを殴る



7 勝つ見込みはあるか?

  まぁ、無理だろうなぁ…だって相手神様だし…



8 この戦闘に意味は?
 
  あるさ、いや、見出してみせる。



9 最後だ、お前は何者だ?

  師匠の弟子、殺し屋、ただの高校生。



10 それともう1つあるじゃないか

  あぁそうだな、俺は《死神》だ




「こっからは全力だ、いくぞ。」

いつものルーティンを終え、俺の頭の中は隅々までクリアになっている。身体中の全神経をエレノスと俺の一挙手一投足に集中させる。


「ふっ!」

俺はさっきのように、銃とダガーを構えエレノスの懐に飛び込む。

「同じことを繰り返すだけでは何度やってもっ!...ほう...これは中々...」

速さはさっきとそんなに変わらない、変わったのは殺気の大きさだ。自分の中から溢れ出る殺気をダガーと、銃に集中させる。するとどうなるか…俺の気配が薄くなる。要するに光と影のようなものだ。ダガーと銃に相手の意識を割かせることで自分への意識を薄くさせる。

そして俺はダガーの間合いに入る少し手前でダガーをエレノスに投げた。もちろん、エレノスには通じず、ダガーはつかみ取られてしまった。が、それでいい。エレノスのその行動、その一瞬の隙に俺は背後に回り込みハンドガンを1発放つ。

パァン、と銃声が響き、意識外からの1発を頭に撃ち込む。しかしそれをエレノスは振り向きざまに掴み取ったナイフで弾くと、


「中々じゃのう、流石はあやつの弟子なだけあるわい…少し遊んでやるかのう《武器創造》メモリーメイク・アサシンダガー」

すると、エレノスの周りに何十本ものダガーが浮かび上がる。

「やっぱファンタジー性能ありかよ…」


「ふぉっふおっふぉっ、このスキルはつい先日までお主も持っておった《武器創造》イメージ次第でどんなものでも作れるんじゃ、凄いじゃろ。そろそろ尊敬してくれてもいいんじゃよ?」

「へー、つまり俺も本来ならあれを使えたわけか…まぁあったら便利だけどなくて困るものでもないか…」

あと、尊敬しない。

あっ....


「ほう、お主はよっぽど神が嫌いと見える。少しお灸を据えねばならんのう…」

エレノスが心読めるの忘れてた…しょげてるし、怒ってるし...

不機嫌になったエレノスは両手にそれぞれ何本も握っては投げ、また握っては投げてを繰り返してきた。しかも俺が回避する先をも狙ってきていて、実に嫌らしい攻撃するだった。

「いつまで耐えきれるかのう?」

俺が回避に手一杯になってるのに、エレノスは余裕の顔である。そして何より気に食わないのが、ここに来て、エレノスと対峙してから1歩もあいつが動いていないということ。

その事がさらに蒼空をやる気にさせた。


「....負けねぇ」

そして、死神と呼ばれた殺し屋はさらに殺気を研ぎ澄ませ、神に刃を向けた



──────────────────



防戦に回ってどれくらい時間が経っただろうか、数分、あるいは数十分経っただろうか。


「....はぁ...はぁ、こふっ...」

そこには対峙してから1歩も動かず、無傷なエレノスと、身体中に刺傷、切傷を無数に付けられ血塗れになって仰向けに倒れた蒼空が居た。





「規格外の殺し屋は異世界でも最凶!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ショウ

    面白いです頑張ってください

    1
コメントを書く