話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

規格外の殺し屋は異世界でも最凶!?

くうはく

フィーナさんの笑顔

────満月が咲いている

そう錯覚するほど綺麗な人が目の前に現れた。

「えっと....フィーナさん....?」


「そうですよ?どうですか?驚きましたか?」

「はい...正直なところまだ少し混乱しています、上手くやり返されましたよ」

フィーナさんの姿は太陽の様な金髪ではなく夜空に浮かぶ満月を思わせるような銀髪を腰まで下げていて、サファイアのような蒼色ではなく焔の様な灼眼をしていた。


「ふふふっ...驚いてもらえて何よりです。」


「楽しそうだな、いたずらに成功した子供のような顔してるよ?」

「っ...////そ、そんなことありません!それにソラ様がだって顔が緩んでますよ!」

おっ?なんか照れてる...あたふたしてるフィーナさんって可愛いな…よし、もう少しいじってやろう…

「そりゃあ、こんなに綺麗で楽しい人と話してて嬉しくないわけないでしょ?」

「っ〜〜〜!そんなこと言っても何も出ませんからね!」

「はいはい」

ちょっとやりすぎたかな…フィーナさんの透き通った白い肌が真っ赤になってる...


「でも...例えそれが嘘でも凄く嬉しいです...」



「どういう意味だ?」

フィーナさんは嬉しそうで、でも少し寂しそうに呟いたのに思わず反応してしまった。


「ソラ様、明日一緒に街を歩きませんか?そこで色々教えてあげます。」


「....あぁ、いいよ。」



「ありがとうございますさて、ソラ様、そろそろ夕食の時間でございます。今日は祝会ですので1時間後に皆様と一緒に宴の間までおいでください。」


窓の外を見ると既に夕日が落ちかけていた。結構長いこと話してたんだな…まぁ楽しかったしいいか...

「わかった。」




───────────────────


その後、宴の間で王様とかの長ったらしい話を聞いて、食事となった。宮廷料理と言うだけあってどれも美味しかった。
そうしてなんやかんや騒いだ後、部屋に戻るとフィーナさんが用意しておいてくれたであろう本や地図が沢山置いてあった。
しかしこの量は........


「先に風呂に入るか....」




今夜は徹夜だな──────────













いいね!コメントよろしくお願いします!

区切り良くしょうと思ったら短くなってしまいました。次の話はもうちょっと頑張ります…











「規格外の殺し屋は異世界でも最凶!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く