日々

うみかぜ

第14話 謝罪

「あの本当にすいませんでした!」
「俺からも言う。昨日は君達のプライドを傷ついてしまっただろう。すまなかった!」
『大丈夫ですよ!』
「本当ですか?」
『ああ』

「良かったなヒロキ! 許してもらえて。」
「はい! 」



『それでなんだが、トモキ、ヒデト、俺が最初言っていたこと覚えているか? 』
アジさんキャプテンが言う。

『はい!1位の人は次の試合の出場権を得るんですよね? 』
ヒデトがそう言ったがもちろんトモキも覚えていた。

「そう! その話なんだが、ヒロキがそれはなかったことにして欲しいみたいだ。」
『え!?』

「これがせめてものケジメです。どうかお願いします!! 」
・・・

『分かったそうしよう。』
「ありがとうございます! 今度は正々堂々勝負しましょう!」

『おう!それより悪かったな一度戦った相手のことを忘れてしまうとは。』


俺達こちらも謝らないとな』


『すいませんでした!』


「戦ったのはトモキ君だけですよ。」



・・・・・・
『え? じゃあ俺はなんでやられたんじゃい! ただのとばっちりじゃねぇか。』
「だから昨日の『違うよ』はそういうことなんですよ!」

『嘘つけーぃ。やっぱりユルサナーゾー。罰としてこちょこちょしてやる!』
「うはっ! やめて! やめてくださいー!!!!!」




こうして無事?解決した。





「日々」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く