日々

うみかぜ

第9話 サカヒトvsヒデト

一方その頃、
審判2年 ジンヤ
【サカヒトvsヒデト】
「フンっ! 」
「ハッ!」
『ガタッ! 』
『ドスッ!!』



「なかなかのいい勝負だ!! 2人ともその調子でどんどんいけー!!! 」
アジさんキャプテンが熱く応援していた。その言葉通りなかなかのいい試合になっていた。



ヒデト:(こいつ強い! バックに早い球だしても回り込んでフォアハンドで返してくる!ラリーが終わる気がしない!)


サカヒト:(こいつ、かなり練習している。
回転を完全に操っている。技能だと負けてしまうな。)




お互いに能力を認め、見極めていた。
【第1セット サカヒトvsヒデト 9:11】
「よしっ!」
『クソう!』




続く第2セット
最初のサーブ権はヒデト。一発目から確実に決めていき点を伸ばしていく。
サカヒトは一時得意のパワーを使って逆転までしたが、さらに逆転をくらい結果




【第2セット サカヒトvsヒデト 8:11】



【最終結果 サカヒトvsヒデト 0:2】



『ありがとうございました!』
「君めっちゃ強いね! いい試合をありがとう! 」
『ああ。だが次は簡単には勝たせないぞ!』
「おもしろい!! 」




「2人ともいい試合だった! とても一年生とは思えないね! サカヒト惜しかった!!   負けは決して無駄にはならない。元気出していこう!これからが楽しみだ!!」



『ありがとうございます!!』



第1試合はヒデトの勝ち


「日々」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く