日々

うみかぜ

第10話 決着

そのころ、ヒロキvsトモキの試合は最終セットに入っていた。
依然トモキは押されている。




(クソ! このままだと負けてしまうかもしれない! これはあまり使いたくなかったが仕方ない! 横回転サーブを使おう。)



【横回転サーブ】
これは、名前の通り横回転をかけたサーブ。
うまく回転がかかっていれば、相手からみて、時計で言う3時や、9時の方向にとんでいってしまうサーブ。しかし、横回転サーブはとても変化しやすいため、自分にボールが返ってきたとき、その回転が何かを判断するのがとても難しい。
つまり墓穴を掘ってしまう可能性があるのだ。




(よし、ではやってやろう)




『カタタタ……。ドスッ!』
『カタンッ!』
(何ィ!?)
「チキータか……」


他の部員がそういう。どうやら驚いていたのはトモキだけではなかったようだ。
トモキが全力で回転をかけたボールだがその長さが甘かったせいか相手にチキータで返された。



【チキータ】
自分のバック側に来たボールを手首をうまく使い横回転で、相手に返すこと。



(チキータが使えるのか!?チキータは僕ができるまで始めてから2年はかかったぞ! しかも完成度は今も高くない。それなのに何故だ! 初心者のやつにできてしまった。この前のセットで僕が打ったチキータだけで、学習をしたのか!?)



トモキは動揺していた。
「ッタ!」
「ムッ!?」
トモキの攻撃は完全にヒロキに読まれていた。トモキが点数が取れないまま試合が進む。




(勝てない……。集中しろ! 相手は初心者だ! そう簡単に経験の穴を埋められるわけにはいかない! )



しかし、トモキの攻撃は通用せず、
「ッター!!」




【第2セットヒロキvsトモキ 11:5】
【最終結果 ヒロキvsトモキ 2:0】




「日々」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く