日々

うみかぜ

第6話 自己紹介

「え!! いきなり試合やるんですか? 俺たちまだ正式に部活にも入っていないんですよ?」


とヒデトが言う。

「いきなりだからこそやって欲しい。こちらがどれくらいの実力なのか知りたいからな。って言ってもさすがにいきなり過ぎるな。じゃあまず自己紹介からお願いするよ! では、そこの君から。」

【ヒロキ】
「ヒロキっていいます。中学の時はテニス部でした。英語にするとtable tennisっていうくらいなので、テニスの知識をいかして部を引っ張りたいです!」

「ほう。なかなかの心いきでキャプテンは嬉しいぞ!じゃあ次頼む。」

【サカヒト】
「サカヒトです。中学は卓球部でした。経験をいかして、頑張りたいです。」

「お! 早速経験者が! 頼もしい限りだ!では次。」

【ヒデト】
「ヒデトです。俺は、同じく中学の時3年間卓球部に所属していました。みなさんの力になれたら幸いです!」

「いいね! 期待しているよ! では最後!」

【トモキ】
「トモキです。僕も同じく中学の時卓球部でした。得意なのは下回転サービスです。
よろしくお願いします。」

「おう! 得意技まで言ってくれてありがとな! それじゃあ…、まずみんな素振りをしてくれ!」


『はい!』

1年は言われるがままに素振りを始めた。


しばらくしてから、


「OKだ! ありがとう! では、試合のルールについて説明します。ヒロキが初心者だから詳しく説明します! トーナメント方式で、3セットマッチ2セット先取。1セットは11点。つまり、11点を2回先に取った方が勝ちだ! 」
「キャプテン!」


「なんだ!?」
「審判はどうします?」


と、2年の先輩が言う。それに対してキャプテン…いや、アジさんは


「そうだなー。まあ、俺は片方やるからもう一つは2年に任せるわ。」

「部長が直々に審判を…?」

「そうだ! それに、審判は1番近くで試合が見れる。見るのも楽しいだろう?それに勉強になる。」

「なるほど分かりました!」
どうやらアジさんと2年の部長さんが審判をやってくれるそうだ。


「それじゃあ、組み合わせを発表する。…サカヒトとヒデト! ヒロキとトモキだ! 」


この事を言われたとき、少し悔しかった。



「じゃあ、早速台に着いて!! 試合を開始するぞ! 練習は1分以内だ! 」



まもなく試合がスタートする。

「日々」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く