日々

うみかぜ

第5話 見学

【放課後】

「おーい。トモキ。部活は決めたのかー?」
「いや、まだ。」



あれから2週間が経つ。全ての部活の入部届けを出す期間の〆切は明日まで。決断の時間が迫っていた。



「まあさトモキ。見学だけでも行こうよ。それからでもまだ、間に合うって。実は俺もまだ部活に顔だしてなくてよ。一緒に行こうぜ。」

「ああ、分かった。」

とりあえず行くことにした。



すると、体育館から

「カッコン、カッコン。」


という聞き覚えのある音がする。


ドアを開けようとすると遠くから、
『お!! もしかして、新入生?待っていたよ入部を! 』



今、話かけてきたのは見るからに先輩だろう。そして、その横に1年生ぽい子がいた。


そして、話かけてきた人が、
「俺は卓球部のキャプテン(アジル)だ!アジって呼んでくれ!!」

話を聞くからにかなり熱苦しそうな人だった。

そのキャプテンがみんなを集め始めた。
「よしっ! 新入生4人。ちょうどいい。偶数だ。 では、これから君達に試合をしてもらう!! 」

『ええ!? 』


他の新入生達も驚いた。

「日々」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く