日々

うみかぜ

第3話 久しぶりの再会

たまたま駅の階段で、中学の同級生と再会したトモキ。

ヒデト……彼は僕が心を許せる友達の1人だ。
「トモキ、もう入る部活は決めたのか?」
「いや、」
「俺は卓球を続けようと思うんだ。」
「そうか」
彼が発した言葉は意外でもない。

「俺はまたお前と卓球がしたいなー。」
「・・・」

今ヒデトが言ったように僕は中学の時、卓球部に入っていた。なぜなら僕が中学に入るとき
父が
「トモキ。お前は何か部活をやった方がいいぞ。もちろん運動部だぞ。」
と『ゆとりは甘ったれてるわ!!』と言わんばかりに言ってきたので楽そうでかつ、練習量が少ない卓球部を選んだ。

ということがあった。


「まぁ、まだ入学式だし、部活決まったら教えてくれよな。」
「ああ。」

電車は目的地へと進む

「日々」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く