日々

うみかぜ

第2話 学校へGO!

「おはようトモキ」
このいきなり登場してきたのは僕の母だ。
「今日は早いわね」
そんなことを口にする。
『そりゃ入学式だから当たり前じゃないか!』
と言いたかったが言わなかった。



「お弁当用意したわよ」
「昨日も言ったけど今日入学式だから弁当は……うわっ……。」
午前中で終わるから弁当はいらないと言おうとしたが、弁当の中身がめちゃくちゃ豪華だったのでもったいないからいただくことにした。



とまぁ、ご覧いただけば分かるように
僕の母ものすごく天然。さぞかし「ぶり」であったらめちゃくちゃうまいだろう。
「いってらっしゃい!」
そう言われ家を出た。



が、途中で忘れ物に気づき引き返した。
結構時間がギリギリになってしまったので、駅の階段をダッシュしていると、
「いてっ!」
そう声が聞こえた。
どうやら僕のカバンがぶつかってしまったらしい。


「おっ、トモキじゃないか。お前も中瀬高校か?」
そう言ってきたのは中学の時の同級生。
ヒデトだった。

「日々」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • こた

    中学の同級生ならいく高校くらい分かってろよw

    1
コメントを書く