ガチホモの俺がお嬢様学園に入学させられてしまった件について 

湊湊

18.「二宮冬香と花京院来栖の対決」

「それでは行きますわよっ!」
「頑張ってください来栖様っ!」
「来栖様が最強ですよっ!絶対に勝てますっ!」
 取り巻き二人に応援されながら花京院はサーブを軽やかに放った。
「早っ!」
 俺もバトミントンに関して知識がある訳ではないが、一目見た状態でも花京院のサーブが到底女子の素人が放つものではないということを理解出来た。
 花京院からバトミントンと提案されたことを考慮すると、恐らく経験者か部活動で弛まぬ練習を行っていると言う可能性が高いのかもしれない。
 さて……俺はほとんど二宮が動いている姿を見たことが無かった。だから二宮の運動神経が優れているのかについては全く分からない。彼女がどんな風に試合に臨むかの予想はつかないのだ。
「……」
 二宮は黙ったまま繰り出されたサーブを取ろうとコートを駆け抜ける。その速度は決して早くはない。決して俊敏とは言えないような速度ではあるがフットワークは軽く鮮やかであった。
 そして、シャトルが着地しそうになる手前まで身体を運ばせ、シャトルを相手のゾーンに打ち返す。
 シャトルの打ち返される速度は決して早くは無い。二宮の華奢で繊細な身体に相応しいようにシャトルの速度はゆっくりだ。だが、それでも俺は次の瞬間予想外の事態に遭遇したのだ。
「なっ!」
 俺以外にも二宮と花京院の対決を見守っていた生徒達は驚愕してしまったようだ。それもその筈だろう。二宮の打ち返したシャトルは花京院がいる位置とは真逆の方向に落下したのだ。
 シャトルの高空位置も非常に低くネットスレスレで打ち返されたために、花京院は打ち返すことも出来ずに茫然と立ち尽くすことしか出来ない。そんな訳で……二宮は優雅に可憐に得点を獲得してしまったのだ。
「なっ!い、今のは偶然ですわっ!そうに決まっていますわっ!つ、次こそは……」
 そう言って粋がる花京院だったが、最初に得点を決められたことに相当動揺したのか、その後しばらくはフォルトを連発してしまったのだ。
 そして、ようやくと二宮のコートにシャトルが入るようになったが、安定したラリーをすることで二宮からすれば格好の餌食であるのだ。颯爽と打ち返し、圧倒的な精度で確実な得点を手に入れていく。
「何ですのあなたっ!そんな小癪な戦い方で恥ずかしくありませんのっ!?」
「……」
 先ほどの早乙女との試合を見ていた連中はお前が言うなと考えた筈だ。……俺からも言わせて貰おう。お前が言うな。
 さて……花京院は自らの劣勢によって慌てふためいてしまっている。こんな様子では二宮の勝ちは揺るがないだろう。二宮の身体能力は花京院よりも大きく劣るだろうが、運動センス自体は二宮に軍配が上がるようだ。それ程までに二宮は洗練された女神のような挙動をしていたのだ。
 このまま順調に行けば二宮が得点を押し切れると―――――誰もが内心で考え始めたその時だった。


「……オッホホホホホホホっ!あらあら。二宮さん。化けの皮が剥がれ始めましたわね!やはりこの花京院家の人間である私には及ばないというのが理のようですわねっ!」


 先ほどまで完璧と呼べる程の精度を誇っていた二宮のショットは突然、強制的にシャットダウンされたかのように精度を失い始めた。サーブを打てばフォルトを連発し、シャトルを打ち返す時には先ほどまでのぎりぎりを狙うような技巧はアウトばかりで得点に至らないという展開を迎えていた。
「……っ!」
 よくよく二宮の顔元を見てみると多量の汗を掻き、呼吸が乱れている。足元もおぼつかない様子だった。もしかして……二宮は―――――
 試合はそれからも続行していた。当初は7-1というスコアだったが、二宮の調子は全く上がらずに7-5まで迫ってしまっていた。二宮と花京院の試合を見ている人たちはざわざわと盛り上がり始める。そんな光景を見ている最中で遂に俺は我慢できずに声を張り上げてしまう。
「なあ、花京院っ!二宮は相当疲弊しているぞ!これじゃあ、勝っても嬉しくないだろう?ここで試合は中止にしておけよっ!」
 我ながら苦しい言い分だとは思ったが、何とか花京院も身を退いてくれないだろうか?そんな風にも考えていたが、当然俺の思想は甘かった。花京院はまるで下等生物を見下すかのような瞳で俺に返答を交わした。
「何をおっしゃるのかと思えば……いいですの櫻井芳樹?私と二宮さんは真剣な勝負をしておりますの。あなたがここで私と二宮さんとの勝負を邪魔するということは、非常に無粋であり、真剣勝負を冒涜すると言う行為になりますが、あなたはそれを理解しておりますかしら?」
「それは……」
「来栖様の言う通りだっ!引っ込んでいろ庶民っ!」
「勝負の邪魔をするとか空気読めてなさ過ぎだっ!」
「……」
 俺は正論を吐かれて返す言葉も無かった。確かに二宮の疲弊も含めてこれは真剣勝負だ。花京院だって今のところはルールの中で不正を行うこともなく真剣に戦っている。二宮本人からの発言からならともかく、観戦者に過ぎない俺が試合に口を出す権利など到底ないのだろう。
 花京院はこの好機を逃さずと言わんばかりに、苛烈であり獰猛さを兼ねている強靭なサーブを放つ。
「くっ!」
 苦しそうに声を出す二宮。疲弊を堪えるかのように必死な形相で花京院が放ったシャトルを追うが、届くことはない。
「おっほほおおおおおおっ!これが実力の差……ですわねっ!私が庶民であるあなたに負けるわけにはいきませんのっ!そのまま醜態を晒しなさいっ!」
 ラリーは続く。必死でシャトルを追うが、二宮の足元はおぼつかずに荒い呼吸を繰り返していた。本当に……大丈夫か……これは?
 得点は抜かされてしまい、今現在7-8。後は花京院が二点を獲得すれば、勝利を収めてしまうことになる。
 花京院には悪いが、俺は二宮に勝利を収めて欲しいと心から願っていた。あれだけ必死に食らいつく彼女の勇姿を見て誰が心奪われないと言うのだろうか?
「頑張れーっ!二宮ぁあああっ!」
 俺は堪え切れずに思わず、大声を出してしまう。一瞬、俺に注目が集まってしまった。瞑想に励む三枝も、談笑をしていた早乙女も、温厚で基本的にほとんど話をしない体育科の宮崎先生も……そして、二宮本人も俺の姿を一瞥した。
「……」
 二宮は黙ったまま、俺を一瞥し再びシャトルを手に持つ。そして、シャトルを放った瞬間―――――
「え?」
「ちょっとっ!に、二宮さんっ!?」
「どけっ!邪魔だっ!」
 俺は即座に二宮の元に駆けつける。クラスメイト達は唖然としているだけで、動こうともしなかった。正確に言えば動くことが出来なかったのが正しいのかもしれない。それは先生すらも同様であり、誰もが動向を伺い顔色を青ざめさせるだけだった。だから俺しかいないのだ。俺が二宮を助けずして誰が助けるというのだろうか?
「大丈夫か二宮?」
 二宮はサーブを放とうとした瞬間に全身が弛緩したかのようにして、その場に倒れこんでしまったのだ。俺は倒れこむ二宮の身体を支えながら声を掛ける。
 ……ったく、相変わらず女の身体に触れると心拍数が上がってしまって仕方がないが、今は緊急事態だ。トラウマがとか言っている場合ではないのだ。
「二宮……聞こえているか?」
 俺が語り掛けても、二宮はうめき声を上げるだけだった。意識は遠ざかってしまっているようだ。ひとまず、俺が出来ることは―――――
「先生っ!俺は二宮を保健室に連れて行くので体育は続行していてくださいっ!」
「は、はいっ!」
 少し怒気を強めてそう言ったことで、先生は俺の発言に思わず了解の言を述べてしまったみたいだ。
 俺は二宮を背中に抱えてまま、急いで第四校舎に向かうことにした。そして歩き出そうとした時に俺の背後からは少し震えたような女性の声が聞こえる。
「あ……あの……」
 いつもの調子付いたようなトーンとは乖離しており、自分のしたことに怯えているような小動物。そんな印象が俺の脳裏ではうごめいた。
「ったく、俺が辞めとけって言った時に素直に辞めておけば良かったのに……」
「その……」
「まあ、それに関しては二宮も同じなんだけどな。体力に限界が来ていたのなら……素直に申告しておくべきだったんだよ。仮に自分から主張することが嫌だとか苦手だったりしてもな……」
 まあ、もっと強引にでも試合を止めなかった俺にも責任はある。これ以上言ってしまえば、花京院が自責の念を肥やし、苦心してしまうだろう。だから言及はここまでにしておこう。
「とりあえず……あれだよ。二宮が元気になった時に……少し声でも掛けてやれよ」
「は、はい……」
 茫然自失とし、辛そうにしている花京院を放置しておくのも少しばかり心が痛むが……
「来栖様っ!大丈夫ですか?」
「来栖様っ!あまりお気になさらずにっ!」
 あいつには何だかんだいいつつも、取り巻きがいるからな。こういった時に近くに誰かが居てくれるだけでも心に余裕が生まれるだろう。二宮は……きっと心配してくれる奴は少ないだろうかな。俺は抱えた二宮に負担が掛からないようにしながら、最速で保健室を目指したのだった。



「ガチホモの俺がお嬢様学園に入学させられてしまった件について 」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く