フリークス・フリークス

井口 創丁

序章

  悪はいつの時代も潰えない。
  相反して正義もまたいつの時代も潰えることはない。
  彼らは争い勝った者が世界を掌握し、英雄と崇められる。
  しかしこれは表面上のお話。
  これから始まるのは悪と認識される前の微かな悪の芽フリークスを断つ影の英雄フリークスのお話。
  現代、過去、未来、はたまた空想上の世界、生まれ落ちた悪に挑むのは果たして何者か。
  悪の火種を狩る者たちフリークス・フリークス、誰も知らないお話の幕が上がる。

「フリークス・フリークス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く