話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

小さき蒼雷の魔法使い

柊木凪

第六十四話「創造神の呼び出し」

お待たせ致しました!




「さて、今日と明日で準備をして明後日の朝出発って言ってたな……。」


 ライガたちは宿の食堂で予定の確認をしていた。


 今回、国王からの指名依頼を受けるための準備期間として2日もらったのだが、俺たちに準備する物があまりないために正直暇なだけだった。

 シエルの特訓をしても良かったのだが、王家が来ていることもあり接待に参加せざる負えなかった……貴族は、やはりめんどくさい。


(ちょっと、何かのタイトルっぽいな……。)


 そんな訳で、俺たちは現在3人で少し遅めの朝食を食べていた。


「ライ君、結局なんで依頼を受けたの?」


「ん?理由か?気まぐれだ。特に理由はないぞ、今はな。」


「なにそれ……ないの?あるの?まあ、いいけど。」


 ライガの返答に納得のいかないシオンは、疑問が残るがその内分かるだろうと思い引き下がり、食事に戻った。


 そして、時は進み3人が食べ終わったのを確認して、会計を済ませたのち、一端別々に行動することにした。

 カレンとシオンは部屋で休むらしいので、別々と言ってもライガの単独移動になる。


(一人で出歩くのも久しぶりな感じがするな。)


 ライガは人通りが多い道を進み目的地を目指した。


 そして、今回の目的地は、教会だ。

 実は、昨夜に自分のステータスを久しぶりに確認してみたのだが、その結果……数値は、さほど変わっていなかった。

 しかし、メッセージが貯まっていた。
 なので、ここでステータスとメッセージの確認をしておこう。


ステータス

名 前:ライガ

種 族: ?

性 別: 男

年 齢: 7

レベル: 225

職 業:冒険者

称 号:転生者,探索者,魔導師の子

    拳聖の子,雷神

    SSランク冒険者

    水神龍に認められし者

    不死鳥に好かれし者

    厄災龍に好かれし者

    精霊王の友

    人外,不老,不死者

    ???


   次のページへ→        1

___________________

ステータス

体 力:555,635,360/555,635,360

魔 力:396,335,330/396,335,330

状 態:なし

魔 法:蒼雷神,時空神魔法

スキル:纏い(魔・霊・神),鑑定,危険察知

    神・霊・魔力操作

    体魔自然回復力上昇

    全能力向上

加 護:水神龍の加護

    創造神の加護

    精霊王の加護

契 約:不死鳥フェニックス(カレン)

メール:受信あり10件


補 足:神力使用時体力制限なし

    霊力使用時魔力制限なし


   ←前のページへ        2

___________________


(これが、現在のステータスだが、前回の鑑定からあまり変わっていないな。しかし……受信多くない?多いよね。はぁ。)


 そう、ライガは前回のステータス確認以降ステータス画面を見ていないためこのような事態になっていた。

 因みに前回のステータス確認は冒険者になる前のことになるのだが、皆さんは覚えているだろうか……。

 そして、受信されたメッセージにはこのように書かれていた。


___________________

ライガへ

 久しぶりじゃのう。創造神じゃよ!

 いろいろ活躍しとるようで何よりじゃ!


 さて、今回の用件じゃがな……ここのメッセージでは大変長くなるから近々教会へと来てもらえるか?


 お主が面倒なことを苦手にしているのは知っているが、時間のある時で構わぬから来てくれ、頼んだぞ?

___________________

ライガへ

 創造神じゃ!

 普段からステータス確認してないのは分かっていたが、少しは気付いてくれぬものだろうか……。


 一通目のことで用件があるので、早めに来てくれ。


 頼むぞ!

___________________

ライガへ

 そろそろ気付いて……もらえんだろうか?


 一通目のことで用件があります。早めに来てくれな?


 お願いします。

___________________

ライガへ

 なぜだ……なぜなんだ?

 お願いだから見てよ?気付いてよ?


 用事あるんだからさ。いや、真面目にお願いします。

___________________


 このような感じで、段々と弱々しくなり最終的にはこうなりました。


___________________

拝啓ライガ様

 気がつき次第で構いませんので、教会へとお越しください。

 大切な話がございます。


 ※次来た時に着信音の機能を付けたいので少しだけ長くなります。

___________________


 最終的にはこうなっていた。

 こんなのが、10件も来ていると流石に申し訳なく思ってしまうが、見なかったのだから仕方ないだろう。

 そして、教会が見えてきた。


「さて、お祈りしてきますかね。」




皆様、柊☆黐にございます。

今回もお読み頂きましてありがとうございます。


是非、お気に入りといいね!をお願いします。


次回は第六十五話「創造神の愚痴」お楽しみに!


「小さき蒼雷の魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く