話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

小さき蒼雷の魔法使い

柊木凪

第六十話「王家の訪問」

「ご主人!起きてますか?」


 本日、俺は、まだ昼間だと言うのにカレンの焦った声に叩き起こされた。

 最近はシエルとの訓練を中心にしていて、今日は久しぶりの休みにしていたはずだ。

 シエルもシオンとはステータスの差を感じさせないくらいの動きが出来るようになり、これ以上は何もしなくても勝てるくらいには大丈夫だと思っている。

 その為、俺も今日は何もするつもりは少しも無かったので、俺は二度寝をすることにした。


「……おやすみ。」


「放置しないでください!緊急事態です。」


「…………。」


 ライガの様子を確認すると意地でも起きないつもりだと分かるとカレンは部屋へと入ろうと足を踏み出した。

 そのとき、カレンの後ろから声を掛けられ、足を止めた。


「カレンさん。良いですよ?

俺が起こしましょう。」


 カレンの後ろから出てきた男は部屋の前で足を止め、ライガにだけ五割の力で殺気を放った。

 殺気を放たれたライガは反射的に飛び起き、部屋の扉から距離を取った。


「やあ!久しぶりだね?ライガ君。」


「……なんでお前がここにいる?」


 そこに立っていたのは、王国騎士団長、ジーザスだった。

 ジーザスは、獰猛な笑みでライガを見据えていた。


「なんでって、ルーベンスへの護衛だよ。」


「護衛?誰の?」


 ライガは嫌な予感がしながらもジーザスへと聞いた。


「そんなの、決まっているだろ?王家だよ。」


 そう、ライガの寝ていた早朝。

 ルーベンスに国王陛下御一行が到着していた。

 因みにライガたちには国王命令で知らされていないのだが、大体の良民には知らされていた。


 それもライガが街に居ない特訓の最中に、国王陛下歓迎の準備が進められていたのだ。


 そして、時は国王陛下の到着の少し前まで遡る。


「さて、次がルーベンスの街だったな。」


 現在、国家御一行は、ルーベンスへ向かう為の最後の街を通過したところであった。

 現在地よりルーベンスまでは、馬車を利用し一日程の距離にあるので、明日の早朝にルーベンスに到着する計算である。

 因みに移動には護衛も含めてそこそこの大所帯になっているので移動速度は少し落ちる。


「お父様、一つお聞きしたいことがあります。」


「どうした?」


 どうしたのだろうか。

 我が娘アリアが改まって私に聞きたいことがあると申してきた。

 ここは、父のしっかりとした回答に尊敬してもらわねばならないぞ!


「今回このルーベンスへと来た目的はライガと言う少年に会う為だと言っておられました。

しかし、騎士団長ジーザス様の話を今思い出していたのですが、王国へ来るのを断られたと。」


「うむ。そうだな。

ジーザスの話では断られたな。」


 娘アリアが聞きたいことが、いまいち読めなかったので考えながら先を促すことにした。


「このまま、ルーベンスへと行けば逃げられるのでは無いですか?」


「なんだ、そんなことか。

この私が何の策も考えず来たと思うのか?

既に手は打ってあるぞ。」


 アリアの聞きたいこととは、このままルーベンスへ行って無駄足にはなりたくないからちゃんと考えてから接触しなさいっと言いたかったらしい。


「大丈夫なのですか?

少年は貴族だろうと関係なく接すると聞いていますが?」


「流石に王族が揃って行けば話くらいは聞いてくれるだろうよ。」


 アリアの言う通り今回の接触は分からないことが多かった。

 正直、報酬くらい受け取ってもらうくらい良いだろうと思わないでもないが、何が不満なのか。


「だと良いですね。

それと、私はシエルと話をしていますが良いですか?」


「ああ、構わんよ。

どうせ、着いたらまずは、バルトに会わねばならないしな。」


「あなた?私もその少年に会っても良いのよね?」


「勿論だとも。一緒に来てくれ。」


 そして、時は過ぎ次の日の早朝と呼ぶには少し早い時間。


「さて、いよいよルーベンスだ。出発!」


 ドランの号令によりルーベンスへ向け進み始めた。


 その頃ルーベンスでは、一部の者たちが慌ただしく動いていた。


「到着予定まではまだだが、気を抜くなよ!」


「はい!!」


「少年たちの方はどうだ!」


「現在、動きはありません。

今日は一日宿にいるつもりの様ですが今のところは分かりません。」


「よし!引き継ぎ監視をしておけ!

国王様とバルト様からの伝令だ!今回のことは、少年の耳には入れるな!」


 衛兵や一部の冒険者が、協力し王家を迎える準備が進められていた。

 それも、ライガたちの睡眠中に……そう、ドランの策とはライガの耳に入れず突然接触すると言った物である。


 そして、粗方の準備が終わった頃、門番からの伝令が皆に伝えられた。


「王家の馬車が確認された!」


 その瞬間にそれぞれの持ち場につき、バルトもまた姿を現した。


「門を開けろ!」


 バルトの声に門がゆっくりと開かれ、手の空いている冒険者や衛兵たちは、整列を始めた。

 そして、王家の馬車が門を潜ったと同時に、一斉に敬礼をした。


 王家の馬車は大通りの中央をバルトの馬車の案内で屋敷へと向かっていった。

 ただ、いつもの王家の訪問とは違い、そこには少しだけ緊張が辺りに張り積めていた。




皆様、柊☆黐です。


本日は誠にお読み頂きありがとうございます。
並びに、お待たせ致しましてすみません。

良ければ是非ともお気に入り登録といいね!をどうかお願いします。

お気に入りといいね!が増えると私が大変喜びます。


さて、次回は第六十一話「ライガと王家の接触」でお会いしましょう。

お楽しみにっ!

「小さき蒼雷の魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く