話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

小さき蒼雷の魔法使い

柊木凪

第四十七話「リーズロスト帝国」

 ケイレスたちは現在、リーズロスト帝国の皇帝の住まう城の裏側にいた。


「こちらにございます。」


 使用人に案内され裏から城内へと入った。

 ケイレスも裏口の意味は分かっていたが、自分の立場を考えると普通はあり得ないだろうと思う。

 しかし、依頼人も普通では無いのであまり気にしても仕方のないことだろう。


 人目に付かないよう案内に従い一つの部屋に辿り着いた。


「こちらにてお待ち頂けますか?

直ぐにお呼び致します。」


 使用人はそのまま、部屋を後にした。


「さて、依頼人にはどうやって報告しようか…」


 ケイレスは机の上に置いてあるティーセットを手に取り一息ついた。


 そして、少しの時間が過ぎた頃、扉を叩く音がした。


「失礼します。

依頼人の準備が出来ましたので来て頂けますか?」


「わかった。」


 ケイレスは使用人の案内で再び移動を開始した。

 次は広い通路に出て人とすれ違う回数も増え、目的の場所に着いた。


「失礼します。ケイレス様をお連れしました。」


 使用人が中に向かって扉を叩き入室の許可を求めた。


「入れ。」


 使用人が中からの許可が出ると扉を開けて中へと入った。


「よく来たな。ケイレス。」


 この老人はリーズロスト帝国の皇帝である。

 そして、ケイレスとは知り合いだったりするのだが…関係はそのうちに明らかになるだろう。


「ああ。」


 そして、ケイレスは机に座る老人の返事に答え、そのまま椅子へと腰を下ろした。

 椅子に座ったケイレスを見て老人も対面の椅子へと座りなおし、話を始めた。


「まず、ここに来るのは初めてだろうから最初に言っておく。

ここでの話は外に漏れることはない。

魔法での結界を張り巡らせてある…だから安心しろ。」


 ケイレスは改めて老人とこの部屋を確認した。


「了解だ…それで計画の報告だったな。」


「そうだ…どうだった?」


 ケイレスは一呼吸おいて簡潔に答えた。


「失敗だ。」


「…そうか。まあ、目的は戦力の分析が一番だからいい。」


 ザ―リアスは、今回の計画でアルファス王国の戦力の分析とあわよくば内乱を期待して、戦力を削ったのちに、アルファス王国を潰せればと考えていたのだ。


「世界的に見てアルファス王国の戦力だけがよくわかっていないからな。

今回少しでも知れたなら上出来だ。」


「なら、その情報を報告しようか。

まあ、報告と言っても大したことじゃないがな。」


 ケイレスのはっきりしない言葉に不満そうな顔を見せたが、直ぐに想像の斜め上を行く言葉が返って来た。


「ザ―リアスの用意していた拠点だが子供三人と一匹の侵入者に陥落したことから話さないといけないな」


「…なに?あの拠点が陥落しただと?

誰にやられた?」


「ん?話を聞いてたか?

子供三人と一匹の侵入者にやられた。」


 改めて同じ言葉を繰り返されたザ―リアスは固まっていた。

 冗談でも聞いているかのように…。


「…なんの冗談だ?

子供にあの拠点が落せる訳ないだろう!

それどころか、冒険者ですら、数人程度では相手になるわけがない!」


 ザ―リアスの言ってる事はある意味正しいのだ。

 今回拠点に配置していた者たちは全員がSランク級の実力を持った実力者たちを雇っていたのだ。

 それが、陥落したという事はやられたのか若しくは逃げたかのどちらかだが…


「ケイレス。守らせていた者たちはどうなった?」


「ああ、殺されたよ?それもあっさりとね。」


 それを聞いたザ―リアスは疑問を抱いた。

 アルファス王国の兵士や冒険者は来なかったのかと…


 それを聞いたケイレスの答えはあいまいなものだった。


「そうだな…来てない、というよりは恐らく場所が分かる前に決着がついたってところだと思う。」


「兵士や冒険者の動きはあったが準備が終わる前に事件は解決したってことか?」


「ああ、そうなる。だから戦力的な意味じゃあ子供三人分と一匹の分しかわからないし、何より子供だからと言って実力の全てが分かったわけじゃない。」


 これは、時期を考えた方がいいだろうな。

 ザ―リアスも様子を確認し、ケイレスの様子から本当なのだろうと判断したザ―リアスは今回の計画の見直しをする事に決めた。


「ケイレス、今回の計画は練り直しと情報を改めて集める必要がある。」


「ああ、わかってる。」


 そして、二人の密会は数時間を要した。

「小さき蒼雷の魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く