話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

小さき蒼雷の魔法使い

柊木凪

第四十四話「ボブの末路」

「放て!!!!」


 ライガに向けて後ろに控えていた魔法兵が魔法を放った。


「はぁ…(少しは考えればいいのに。)」


 そして、静かに電磁バリアを展開した。

 魔法は、ライガを中心として面で捉えるように展開し、ライガに万が一にも避けれないように放った。

 ボブは後ろから眺めていた。


「子供だから…もう警戒しなくて良いだろう。

これだけの魔法攻撃を食らえば生きてはいないだろう。」


 ボブが部屋から出ようと一歩踏み出した時声が聞こえた…


「誰が生きていないって?」


 その声を聞いたボブは慌てて振り返った。


「なっ!?何故生きている!!」


「何故って防いだだけ何だけど?」


 ボブを含め取り巻き兵も先ほどとは違い全員が驚愕した。

 ベテランの冒険者ですら手傷を負わせる事ができるであろう攻撃を小さな少年が受け切れる訳がない…ましてまともに食らえば子供くらい消し飛ぶだろうと誰もがそう思っていたのだ。

 運が良くても形が分かるくらいで…。


 しかし、結果はどうだろう…

 少年は、ほとんど動かずに受けたように見えたにも関わらず、無傷で衣服すら汚さずに防いでいた。


「そんなバカな話があるか!

簡単に防げるような魔法を放っていた訳ではない!」


 少年の言葉に反応したのはボブではなく取り巻きたちを指示していた男だった。


「そんな事を言われてもな…実際に防いだ訳だし。」


 先に放った魔法は初級の属性アロー系や球状系の一点攻撃を面で売って来ていた攻撃で、分散させていたので威力は半減していた。

 しかし、それでも威力は十分だったはずだった。


「おい!何をやっている!すぐにそいつを始末しろ!」


「はい!魔法準備!近接系は相手の時間を稼ぐんだ!

無理に倒そうとしなくていい!

かかれ!!」


 相手が準備をしている間ライガは突っ立って見ていた。


 …恐らくあのボブとかいう奴が今回の首謀者何だろうし、どうするのか勉強がてら見学してよう。


 ライガは相手の動向を観察していると再び魔法を放ってきた。

 今度の魔法は先ほどの球状魔法の恐らく上位互換と思われる攻撃、そして、前方範囲攻撃を仕掛けて来た。


「見学した意味は対して無かったな…指揮が雑すぎやしないか?

前衛は指示が無いし…まあ、とやかく言わないけど。

まあ、もうちょっと待ってよう。もうじき…」


 ライガの言葉は魔法の爆発によって掻き消された。


 敵の魔法は弾幕のように連像くして攻撃を加えていた。

 魔法を使える兵士が多いのだろうが、そんなに連発していると魔力切れを起こす者が当然出で来るのをライガは鑑定によって把握していた。

 ちなみに兵士たちのステータスは大体の平均はこんな感じだ。

________________________________________

ステータス

名 前:兵士たち
種 族: 人種
レベル: 43
職 業:イージュの街の兵士


   次のページ→       1                              
______________

ステータス

体 力:1,440/1,440
魔 力:900/2,270
状 態:疲労
魔 法:いろいろ(兵士たちなので省略しま  
    す)
スキル:魔法威力強化
    潜在能力解放
    兵士の意地


   次のページ→             2                           
______________

 ステータスを見ると兵士はもうすぐ魔力が切れる。

 そして、指揮官は攻撃に参加していない上にボブの指示により攻撃を止めれない。


 …まあ、攻撃を止めたら反逆罪になるんだっけ?この世界にそんな貴族ルールがあるのかは知らんが。

 因みに俺は電磁バリアを発動したままなのでダメージは受けてない…ズルい?そんなことは知らん!


「さて、そろそろ魔力切れかな?」


 ライガは暇つぶしの分析と考え事を止めて周りを見渡した…。

 魔法が徐々に途切れ途切れになり始め、次第に静けさと爆煙が残った。


「やったか!?お前たち!だらしないぞ!

ガキ一人に手間取って。」


 爆煙が晴れる前にそんな声が聞こえて来た…。

 爆煙が徐々に晴れると相手側には大部分の人が床に座り込んでいた。

 そして、魔法を使っていなかった指揮官と剣士がボブの周りで一応警戒をしていた。


「…これは、なんなの?戦闘中に座り込んで休憩とかバカ?」


 思わず出してしまった声に反応してボブたちはライガに気付き、その顔は驚愕と困惑と絶望が混ざったような表情をしていた。


「さて、終わりだ!」


 ライガはそれだけ言うと一瞬の内に敵の剣士数人と指揮官を気絶させ、ボブに雷剣を向けていた。




皆様、柊☆黐です。

本日もお読み頂きありがとうございます。


あと、2話くらいで終わる予定ですのでもう少しだけお付き合いください。

あっ、是非お気に入り登録といいね!をお願いします。

作者の私の力になります!
私に少し力を分けて下さいっ!
お願いしますm(__)m

では、次回四十五話「脱出」でお会いしましょう♪

「小さき蒼雷の魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く