話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

小さき蒼雷の魔法使い

柊木凪

第三十六話「シエルside:暗躍」

 王城にてパーティが行われているなか裏で動くものの存在があった。

「ケイレス殿ではず通りに」

「分かっていますよ...何人かの貴族の娘を拐えば良いのでしょう?」

「ええ、但し、身分の高い上級貴族に限りますが...その者たちを人質に国を乗っとる!」

 2人の男性はクーデターを起こそうと準備を進めていたのだ。

「しかし、なぜパーティを襲わないのだ?
パーティの最中なら貴族も沢山集まっているぞ?」

 ケイレスと呼ばれた男は疑問を男に訪ねた。

「今襲えば確かに沢山の貴族は居る。
だが、その分兵も集まっているのだ...。
わざわざパーティを狙って危険をおかす必要は無いと思うがね。」

「そうですか...分かりました。
では、パーティ解散後王都を出た貴族を狙いましょう。」

「ああ、そうしてくれ...あと、これは貴族の家紋のリストだ。
先程も言ったが上級貴族を中心に頼むぞ!」

「了解...その代わり報酬の方は...」

「分かっているとも...」

 それだけ言い残し、ケイレスと呼ばれた男は静かに闇へ消えていった。

「さて、私も王城へ帰らねば流石に怪しまれるかも知れん...。

フフフ、私たちの野望もすぐそこだ!」

 そして、この男もまた王城へと姿を消した。




 場所は変わり王城では...
 
 王への挨拶も終わり皆が交流を行ったり食事を楽しんだりと思い思いに過ごしていた。

 そんな最中、シエルはパーティ会場を後に王城のテラスへと移動して夜風に吹かれていた。

「はあ~...疲れた...。」

 1人でため息を吐きつつ先程の光景を思い浮かべていた。

 ...どうして、今回に限って辺境伯の娘に言い寄ってくる男が多いのよ。
 前回は殆ど無かったじゃない...
 でも、前回はお父様も居たし、分からないでもないけど。

 どうせ来ても選ばれないのに...下級貴族ならまだしも上級貴族が来たときのイライラする感情はどうすればいいのよ!

 攻めて強いのなら少しは...ね。

「はあ~...。
思い出したらイライラしてきたわ。

どうしよう、戻りたくない。」

 そんなシエルを探すように1人の少女が姿を表した。

「やっと見つけたわ!
シエル、こんなところに居たの?」

「...っ!?
アリア...様。どうしてこちらに?」

 そこに居たのはアルファス王国第2王女に当たるアリア・アルファスだった!

「シエル?
今は誰もいないわ...だから昔のように話しましょ?」

「...分かったわ...アリア。」

 アリアはシエルの横に立ち一緒に夜空を眺めながら、少しの間お互いの話を報告し合い有意義な時間を過ごした。
 
「シエルは明日には帰るのよね。」

「そうね。辺境だから遠いし...。」

「機会があったら、また遊びましょ!」

「ええ、ありがとう。」

 アリアはそのままパーティ会場へ戻っていってしまった。
 去り際に手を振って...

「...さて、私も戻らないとね。」

 そして、シエルも会場へと戻った。

 パーティも終わりに近づき壇上へ王が現れると皆が居ずまいを正した。

「良い。楽にしてくれ。
今年も無事にパーティを開くことができ嬉しく思う。

来年もまた開催するので是非来て欲しい。

これを閉会の挨拶とする。」

 そして、王が下がると皆が動き始めた下級貴族は入り口に並び上級貴族は位の高いものから王城を後にしていった。

 シエルもまた後に続き王城を一旦出た後に別の入り口から再び王城へと入った。

「お疲れ様です。シエル様。」

 入り口には既にメイドが待っていた。

「ええ、今日は早く休みたいわ。」

 畏まりました。お部屋にご案内致します。

 
 そして、シエルは部屋に行き着替えてすぐに寝た...明日から家に帰るのだから。






 翌朝、何事もなく穏やかに目が覚めた...

  カーテンの隙間から朝陽が差込み薄暗い部屋を照らす。

「シエル様。起きていらっしゃいますか?

朝食の準備がまもなく出来ますので、食堂へお願いします。」

「ん~...分かったわ。」

 ...メイドが呼びに来たのなら急がないと王家を待たせるわけにはいかない!

 それからのシエルは急いで身支度と荷物の確認を済ませ食堂へ向かった。

 食卓には既に王と王妃以外は席についていた。

「お待たせ致しました。」

「良いのよ?
シエル、今は私たちしか居ないしゆっくりすればいいのよ。」

 アリアが少しだけ遅れたシエルを慰めた。
 それよりも...

「お父様とお母様はどうしたのよ。」

 アリアの文句に兄弟姉妹たちが各々の反応を見せた...ついでに、王家の紹介をしたいと思う。

 まず、最初に反応を見せた第2王子で弟のグレイだ。

「そうだね...ちょっと遅いかな。」

 彼は9歳。
 青空のような髪と青い目をした心優しい少年である。
 来年、アルファス王立魔剣技総合学園に入学するので、期待されている。

「どうせ、いつもの事なんだからもうそろそろ来ると思うが。」

 この男はドレット。
 第1王子だ。
 歳は18で、アルファス王立魔剣技総合学園を卒業し現在アルファス王国騎士団の団長を勤めている。

「そうね...一応誰か読んできてもらえるかしら?」

 そして、アリアの姉になる、カナリアで王家の紹介を終わる...あっ!
 一人忘れていた...今は居ないが、母であるミリアだ。
 ミリアの紹介は今度で良いだろう。

 

 閑話休題



 どうやら、お父様とお母様が現れたようだ。

「待たせてすまんな。」

「本当にごめんなさいね?
ちょっとドランがね...」

「あ~そ、そうだ。
食事の用意も出来てるようだしな?
冷めてはいけない...だから早く食べような?」

「...分かったわ。
さあ、みんなも食べましょう。」

 ミリアの言葉で皆が席につき長机を囲んだ。

 と言っても2人の以外は席について居るのだが...

「それでは、頂くとしよう。」


「「「「「「「いただきます。」」」」」」」

 そして、机に並べられた食事を楽しんでいる頃...




 裏で動くものが居た。
 薄暗い広間で沢山の人が集まり、それぞれが話し合っていた。
 そして、皆に声を出す者が1人居た。

「良く集まってくれた。
それでは、集めてきた情報を交換するとしよう。」

 男が仕切り、順に話を聞いていった。

「それでは、私から。
私の担当はルーベンス辺境伯の娘ですが、現在は王城にて王家と食事をしています。

そして、食事の後に帰路につく予定になります。

ルートに関してはこちらの地図に書き記しております。

以上です。」

 沢山の人が居るなかまず出てきたのはメイド服に身を包んだ女性だった。

「辺境伯の娘か...調度いいな。

確か、辺境伯本人は今回不参加だったはず...よし1人は確定だ。

辺境伯の娘の監視は引き続き頼むぞ。」

「分かりました。」

 その後も何人かの人が報告をして狙いを定めた上級貴族に目標を絞った。

「報告は以上とする。
皆の検討を祈る...
我らの野望もすぐそこだ!

フフフ...」




 どうも、皆様、柊☆黐です。

 今回もお読み頂きありがとうございます。

 次回でシエルsideの区切りの予定ですのでもう少しお付き合いくださいませ!

 さて、次回は第三十七話「計画実行」でお会いしましょう♪

「小さき蒼雷の魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く