話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

小さき蒼雷の魔法使い

柊木凪

第二十六話「精霊の王」

 魔境の森広場が朝の陽射しに照らされライガは目を覚ました。

「...ん~...」

 実はライガは朝が弱かった...仮眠なら関係は無いが、ぐっすり寝た後では頭が働いてないのだ。

 寝ぼけたまま上体を起こそうとしたら...
 動けなかった。
 そこで、ライガは完全に目覚め違和感に気付いた。

 寝袋の中を確認すると抱きついたままぐっすり寝ているシオンが幸せそうな顔で寝ていた。

「...シオン。なんで、俺の寝袋に...」

 まあ、いいか。
 寝かしておくとしよう。

 ライガは軽く体を動かすために魔法で造形した雷槍を最初はゆっくりと馴染ませる様に動かした。
 その後、少しずつ速度と切れを上げていった。

 そして、動き続けること約30分ほどたった頃、カレンが起きてきた。

「おはようございます。御主人。」

「おはよう。
起きたなら朝飯の準備をしよう。」

 ライガは魔法を解き魔法袋から昨日の夜の残りや食用植物を出して準備に取りかかった。

「カレン。
取り敢えず、先にシオンを起こしてくれ。」

「分かりました。」

 カレンはシオンの寝袋に近づくと誰も入っていない事に気がついた。

「ああ、悪い。
言い忘れてた...シオンの奴は俺の寝袋に居るから。」

 ...全く、シオンは御主人の寝袋で寝るなんて...

「シオン!朝ですよ?」

「...んっん~...あとちょっと...」

「...はぁ~仕方ないですね。」

 そして、カレンは魔力を溜め始めた。

「スキル、炎熱操作。」

 カレンがスキルで炎を作り出し、寝袋の周りを温め始めた...少しずつ火力を上げて。

 ...さあ、早く起きないと大変なことになりますが、いつ起きますかね。

「...んっ~...暑い......zzz」

 まだ、起きませんか...早くしないと御主人が来てしまいます。
 こうなったら...さらに火力上昇です!

「......んっ~ん......暑いです!」

 シオン汗だくになりながら寝袋の中から這い出てきた。

 カレンは急かさずスキルを消し、何事も無かったかの様に振る舞った。

「おはようございます。シオン。
どうしたんですか?そんなに汗をかいて。」

「...いや、寝袋の中が急に暑くなったような気がしたんだけど...」

「気のせいじゃ無いですか?
外は涼しいですよ?」

「お~い!カレン?シオンは起きた?」

 2人の会話を遮るようにライガの声が聞こえてきた。

「シオン、朝御飯です。
しかし、その格好では良くないので、早く直ぐそこの川へ行ってきてください。」

「うん。...わかった。」

 シオンは川の方へ移動してカレンはライガの元へ戻った。

「カレン?シオンは?」

「シオンなら川へ身支度に行きました。
直ぐに戻ってくると思います。」

「分かった。」

 そんな事を話していると、こちらへと向かってくる存在があった。

「御主人!何かがこっちへ来ています。」

「...あ~...確かに来てる。サラが。」

「来ちゃいかんのか!」

「いやいや、早いなと思って」

 サラはいつもより早く起床し龍の速度で飛んできたのだ。
 しかし、次の一言で皆に緊張が走った。

「今回はまずお主ら3人のステータスを確認してからじゃ!

精霊王が本当に呪封印を受け閉じ込められているならそれ相応の奴がいる可能性がある。

故に、力の足りないと判断した者は連れていけない。」

 なるほど、精霊王との戦闘があるかも知れない上に、結界をかけた奴も居るかも知れない。
 後者の方は、考えてなかったな...
 俺ももう少し考えないと。

「まずはカレンからじゃ!鑑定!」

ステータス
名 前:カレン
種 族:不死鳥
性 別: 女
年 齢: ?
レベル:13500
称 号:炎を司る者
    不死者
    英霊

   次のページへ→        1
___________________
ステータス
体 力:51,268,330/51,268,330
魔 力:10,165,350/10,1365,350
状 態:人化
魔 法:炎神魔法
スキル:炎熱創造
    鑑定,危険察知
    炎熱・霊・魔力操作
    人化,炎化
    体魔自然回復力上昇
    一週間復活
契 約:ライガ

   ←前のページへ        2
___________________

「うむ、これなら大丈夫だろう。
だが、ライガから聞いた精霊王のステータスと比べるとあまり差がない。
気を付けることじゃ!


次!シオン」


ステータス
名 前:シオン
種 族:厄災神龍
年 齢:???
レベル:   195
称 号:厄災を司る者
    天災地変を起こす者
    SSSランク
   次のページへ→        1
___________________
ステータス
体 力:50,985,450/50,985,450
魔 力:24,876,080/24,876,080
状 態:人化
魔 法:暗黒,獄炎,暴風魔法
スキル:危険察知,毒操作
    魔力操作,体魔自然回復力上昇
    龍魔法,人化

   ←前のページへ        2
___________________

「シオンはギリギリじゃ...
連れていくことは出来るが危険じゃ。

まあ、大丈夫だろう。

最後にライガは大丈夫な気がするが一応...」

ステータス
名 前:ライガ
種 族:    ?
性 別: 男
年 齢:  6
レベル:   150
職 業:___
称 号:転生者,探索者,魔導師の子
    拳聖の子,雷神
    水神龍に認められし者
    不死鳥に好かれし者
    厄災龍に好かれし者
    人外,不老
    ???

   次のページへ→        1
___________________
ステータス
体 力:155,235,360/155,235,360
魔 力:96,135,330/96,135,330
状 態:なし
魔 法:蒼雷神,時空神魔法
スキル:纏い(魔・霊・神),鑑定,危険察知
    神・霊・魔力操作
    体魔自然回復力上昇
    全能力向上
加 護:水神龍の加護
    創造神の加護
契 約:不死鳥フェニックス(カレン)
メール:受信なし

   ←前のページへ        2
___________________

「のう...ライガ。
お主はいったいどこへ向かっておるのじゃ?

(精霊王なんぞ片手間で倒せてしまうのうぅ...)

まあ、全員合格じゃ。
我の背中へ乗れ、飛ぶぞ!」

 3人の鑑定が終了し全員で精霊王の元へ向かうことになり、サラの背中に乗り飛び立った。




 どうも、皆様柊☆黐です。

 皆様、今回もお読み下さりありがとうございます。
 そして、良かったらお気に入り登録といいね!をよろしくお願いします♪

 今回は3人のステータスを確認するための回でした。
...ステータスを出したかったのですが書くタイミングが見つかりませんでした...

 さて、次回は第二十七話「精霊王の解放」でお会いしましょう♪

「小さき蒼雷の魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 柊木凪

    ご指摘ありがとうございます。

    ただ今修正致しました。

    今後ともよろしくお願い致します。

    0
  • ノベルバユーザー179677

    良い忘れてたではなく言い忘れてたでは?

    0
コメントを書く