話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

小さき蒼雷の魔法使い

柊木凪

第二十三話「力のコントロールについて」

 サラと今後について話をして、粗方の方針が決まった頃には昼時に差し掛かっていた。

「サラ様?ライガたちもご飯ですよ!」

 サーシャの声が聞こえたので、お昼にしようと皆で家へと入った。

 すると、既に食事の準備は終わっておりガイヤとサーシャは待っていた。

「おう!来たか!冷めないうちに食べるぞ。」

 そして、全員が席についた。

「それじゃ、食べましょう!」

「「「「「いただきます!」」」」」

 そして、異世界に来て何気に初めての母さんの食事を味わった。

「ライガ?どう?おいしい?
一応一般的な子供用料理を出してるけど?

こっちも食べてみる?」

 サーシャはライガが一般的に当てはまるとは考えられないので、普通の料理も進めてみた。

 因みにライガ用には柔らかい食材を中心に食べやすい様に作られていた。

 他には普通のと言っても異世界での料理だが、魔物の肉や木の実、そして、魚など様々な料理が並んでいた。

「うん、おいしい。

そっちも食べてみる。」

 ライガは落ち着いて食べるのに集中しているように見えて内心では...

 これが異世界の料理か!と言うよりも母さんの料理か凄い美味しいな!!

 まあ、難点があると言えば醤油がマヨネーズがついでにトンカツソースとかあっても良いものだけど...異世界だしな。
 自由に動けるようになったら調味料を探してみるのも面白いかも知れない...


 そんなことを考えていると何時しか楽しい昼食も終わりが見えてきた。

「はぁ~食べた!今日も旨かったぞ!」

「お粗末様でした。」

 食事も終わりの雰囲気が出てきたところでライガが話を切り出した。

「あのさ、ちょっといい?
聞きたいことがある。」

「どうしたの?」

 ライガの様子を感じとり何を聞きたいのか予想をした。

「サラから聞いた。
学費がうんたらかんたらって...」

「そうだな...言って無かったな。
まず、ライガ。
お前らには将来一応学園に通ってもらう。

その学園はこの国の王都にあるんだがな、名をアルファス王立魔剣技総合学園と言う。」

「アルファス王立魔剣技総合学園...?」

 名前からして魔法と剣技の学校なんだろうけど...

 ライガが考えながら話を聞いていた。

「名前からして分かると思うが魔法と剣技そして、歴史や戦闘の心得等何かも教えてくれる...

まあ、ある程度は何でも教えてくれるところだ。

それでだ、この学園は出ていると得点が付くことがある。

俺たちもそこの卒業生だしな!」

 懐かしみながらも説明を続けてくれているが要らん話しもあるので、まとめると。

 まず、学園にいる間そして、卒業後様々なサポートをどこにいても冒険者ギルドを中継してある程度はサポートしてくれる。

 次に成績によっては、ギルドからお祝い金が出たりする。

 更に、成績上位者3名にはアルファス王にお願いできる。
 ※成績上位者3名は学園に在学中の総合評価で決まる。
 なお、特例でギルドの成績も加算される場合がある。

 他にもあるが、大きく分けるとこんなところらしい。

「ああ、因みに何だが入学には試験が当然あるんだが、絶対に受かる方法がある。

それは、それぞれの採点している試験管の必要としていること以上をやれば受かる!

俺は、剣技の試験で途中から殴って倒した。」

 ...おう、波乱の幕開けの予感がする。
 前にも言ったかこのセリフ。
 まあ、いいか。

「そしてだ、学園の試験にはお金がいるだが俺たちにそんな金はない。

だから、7歳まで特訓しろ!
7歳になればギルドに登録出来る!

そして、ルーベンスの街で登録してこの森で魔物を狩りまくれば稼げるから」


 そんな、めちゃくちゃな説明と時々父さんと母さんの学園時代の話を聞きつつ気がつくと大分時間が過ぎていた。



 そして、その夜のこと、ふとカレンと自分のステータスを確認したくなった。

ステータス
名 前:ライガ
種 族:    ?
性 別: 男
年 齢:  3
レベル:    46
職 業:___
称 号:転生者,探索者,魔導師の子
    拳聖の子,雷帝
    水神龍に認められし者
    不死鳥に好かれし者
    厄災龍に好かれし者
    人外
    ???

   次のページへ→        1
___________________
ステータス
体 力:5,235,360/5,235,360
魔 力:6,135,330/6,135,330
状 態:なし
魔 法:蒼雷神,時空神魔法
スキル:纏い(魔・霊・神),鑑定,危険察知
    神・霊・魔力操作
    体魔自然回復力上昇
    全能力向上
加 護:水神龍の加護
    創造神の加護
契 約:不死鳥フェニックス(カレン)
メール:受信あり1件

   ←前のページへ        2
___________________

 いつ見ても人外だ...
 こんなの人に見られたらヤバい。

 さて、カレンにステータス見せて貰っておこう。

 カレンは確かシオンと一緒に隣の部屋に居たよな。

コンコンっ

「カレン?居る?」

 扉をノックしたあと、少し下がり様子を見たが...なかなか返事がないのでもう一度ノックをしようと近づくと扉が開いた。

「はい!どうしました?...っ......」

 勢いよく出てきたことでライガとカレンと至近距離で目と目が合い見つめ合うこととなってしまった。
 そして、先に動いたのはライガだった。

「...悪い。ちょっとステータスを見てなかったから見せてほしいなと思って来た。」

「...そ、そうでしたか。御主人の頼みですからみていいですよ!」

 お互いに大分同様していたが、少しして落ち着き改めてステータスを見た。

ステータス
名 前:カレン
種 族:不死鳥
性 別: 女
年 齢: ?
レベル:  9500
称 号:炎を司る者
    不死者
    英霊

   次のページへ→        1
___________________
ステータス
体 力:10,235,360/10,235,360
魔 力:8,135,330/8,135,330
状 態:人化
魔 法:炎神魔法
スキル:炎熱創造
    鑑定,危険察知
    炎熱・霊・魔力操作
    人化
    体魔自然回復力上昇
    一週間復活
契 約:ライガ

   ←前のページへ        2
___________________

「......あ、ありがとう。おやすみ。
また明日な。」

「あっ、はい!おやすみなさい」

 1番ヤバいのが、カレンとは...

「...俺も頑張ろ。
そう言えば、メッセージ来てたな。」

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ライガへ
 久しぶりじゃのぅ!元気か?
 アジ・ダカーハの撃破?よくやってくれたありがとう。
 まあ、仲間になるのは予想できんかったが...まあ、晴れてライガも人外側じゃ!

 お祝いにギフトを送ったからな!
 まあ、メッセージを開いたら追加されているじゃろう。

 では、またな!
              創造神より
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「...また、ステータスが変わるのか...確認は明日でいいか。
寝よ...」

 こうして、ライガの目標が決まり、ライガ自信も人外の道をかけ上がっていくのだった。




 どうも、皆様柊☆黐です。

 皆様!本日もお読み下さりありがとうございます。

 良かったらお気に入り登録といいね!をよろしくお願いします!
 
 さて、今回はカレンのステータスが明かされましたね。
 カレンは強かった...

 ライガは...

 さて、次回第二十四話「特訓」でお会いしましょう♪

「小さき蒼雷の魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く