話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

小さき蒼雷の魔法使い

柊木凪

第十九話「小さき蒼雷」

 空に一面覆われた灰色の雲が広がり、一際黒い雲が中心部で渦巻いていた。
 声が聞こえ数分後、狼狽える冒険者達は絶望を感じていた。
 
 それは、魔物達も同じようでランクが上がる程知能は高くなるものが殆どである。
 特に今回はSランク以上しかいないにも関わらずすべての魔物が動けないでいた。
 もちろん、SS指定のアンデットドラゴンも同様に静かにしていた。

「何なんだよ。この異様な状況は...」

 Sランク以上と言えばどの魔物も国家が動く必要がある...その魔物達が動けない。

 つまり、空にいる奴はSS以上の化け物いや...若しくは神話上に出てくるSSSランクに達するのかも知れない。

 そんな魔物を前に...いや、正確にはまだ姿を現しては居ないが。
 低ランクの冒険者達は逃げ出していた。

 そして、高ランクも空を見上げることしか出来ないでいた...

「サントス、どうすればいい。

もうここにいる殆どの奴等が戦意を喪失している...

俺も正直化け物の上を行くような奴と戦いたくない。」

 サランは冒険者の中でもSランクに最も近いとされている実力者だが、それでも未知の生物と戦うには実力不足だった。

「しかし、今ここで俺たちが退けば街にいるもの達はどうなる?

間違いなく...いや、街だけじゃない国が滅びるぞ?」

 そう言っているサントス自信も震えが止まらなかった...


 そして、再び誰かが叫んだ!

「空の様子が!」

 黒雲が動き始め中央から黒い生物が降りてきた...

 降りてきた魔物は天を隠すほどの巨大な翼を持ち、紫の様な黒い鱗で全身を包み込み西洋の龍を思わせるような姿をしていた。

 しかし、龍と言っても良いのか分からない部分があった...長い首が3つあり、その先端に龍の顔があった。

 見ている限り3つの頭はそれぞれが自由に動いているように見える。

「なんなんだ!アイツは!
誰か、わかる奴はいないのか!?」

 サントスは周りに聞くが返ってくるのは沈黙だった...

(クソっ!情報なしで敵は上空...更に超巨大と来た。

無理だろこんなの!

だが、やらなきゃやられる...)

「おい!動ける奴は俺に付いてこい!

無理な奴は下がれ!逃げるとこなんてないと思うがな。」

 サントスは覚悟の決まったものを集め始めた。

「魔法を使える奴は遠距離で攻撃しろ!

近づくとやられるぞ!」

 実力がかけ離れているのは明らかだが、それとは別に近づきたくない理由があった。

 それは、3つの頭?から紫色で霧状の何かを撒き散らしていたからだ。

「紫色の霧にはあたるなよ!

何があるかわからんぞ!」

 単純に考えれば、恐らく毒系統の霧だとは思うが...何しろあんな化け物が出している物だ。普通な訳がない。

「サントスさん!
準備できました...と言っても人数はそんなにいませんが...」

「構わん!取り敢えずあの巨体を地に付けないと話にならん。

出来るだけ移動しながら、それぞれが距離をとり戦え!

大勢の仲間同士とあまり固まるな!

発射!」


 そして、ほぼすべての魔法が命中したが...敵は無傷でこちらを見ていた。

「っ!?

ダメージがないのか!?」

 その時、敵の真ん中の首が口に魔力を集め始めた...

「敵の攻撃だ!避けろ!」

 敵が魔力を溜めきった瞬間に炎が吐き出された...それも広範囲に。

(クソっ...これまでか。)

 サントスを含め諦めかけたその時、敵と自分達の真ん中に炎を防ぐように青い雷が落ち広範囲に壁を作り防ぐと同時に周りにいる魔物も消し飛ばした。

「はっ?...いったい何が...青い雷?」

 それは、冒険者達の思ったことを代弁するかのようにサントスが呟き、雷の衝撃で絶望していた冒険者達が動き始めた。

 そして、誰かが空を見て叫んだ!

「あれは...火の鳥が空にいるぞ!」

 灰色の雲に覆われていた空は炎の灯りに照らされ、まるで太陽の光を照らされているようだった。

 その火の鳥から降りてくる人影か1つ。
 丁度冒険者と魔物の中間地点に舞い降り、火の鳥はゆっくりと滞空していた。
 その中で、サントスを含め全員が呆然としていた...火の鳥から降りてきたのは少年だったのだから。

 少年は青い...いや蒼い雷を身に纏い次第に色は濃く雷の放電が静かな戦場に響き渡っていた。
 
 そんな冒険者の反応を無視して少年は敵を見据えていたのだった。



(巨大にも程があるだろう...まあ、関係ないがな。)

 その少年...ライガは見据えると同時についでに鑑定を使用して情報を集めていた。
 鑑定した結果はこの通り...


ステータス
名 前:アジ・ダハーカ
種 族:厄災龍
年 齢:???
レベル:19500
称 号:厄災を司る者
    天災地変を起こす者
    SSSランク
   次のページへ→        1
___________________
ステータス
体 力:2,955,000/2,955,000
魔 力:4,870,000/4,870,000
状 態:洗脳(特),激怒
魔 法:暗黒,獄炎,暴風魔法
スキル:危険察知,毒操作
    魔力操作,体魔自然回復力上昇
    龍魔法,???(封印中)

   ←前のページへ        2
___________________

「なるほど、化け物だな。

(しかし、洗脳とはなぁ...誰に操られているのか...)」

 考え事をしているうちにも敵は動き始めていた。
 と言っても、巨大な龍?だけしか残っていないのだが...

「さっさと、固唾蹴るとしようか...

カレン!敵の攻撃を出来るだけ防いでくれ!」

「分かりました。敵のだけでいいですか?」

「...俺のも頼む。」

「了解です」

 カレンに流れ弾の処理を頼み、ライガは蒼い光と雷を更に強く密度を高めた。

 そして、ライガは一瞬で敵との間合いを詰めた。
 そして...思いの丈を叫びながらぶつけた。

「カレンとクリエイト爺のせいで俺も化け物の仲間入りだっ!

ゼロ距離の雷光砲ライトニングサンダーキャノン

「GYAAAAAAAAAAAAaaaaaaaaa!」

 ライガの放った攻撃はアジ・ダカーハに直撃した。
 そして、アジ・ダカーハはライガを敵と認識し、その咆哮は大地を震わせた。

 アジ・ダカーハはそれぞれの頭がライガを捉え攻撃を繰り出した。

「それぞれが別々の魔法を放つのは面倒だな。

雷壁サンダーウォール

 アジ・ダカーハは真ん中の頭から火属性を左の頭から風属性をそして、右からは闇属性の魔法を使ってきた。

 ライガは雷の防御魔法で防ぎ再び接近を試みた。

「(もう一度近づいてさっきよりも高出力で魔法を放つ!)」

 速度を上げ間合いを詰めようとしたときアジ・ダカーハの周りで発生していた紫色の霧が再び出現し、先程よりも濃くなっていた。

「(チッ!あの霧の正体が分からないと近づけないな...)」

 ライガは周りで様子を見ながら遠距離で攻撃を放ち相手の弱点を探した。

「このままじゃ長引くな...雷槍サンダーランス

 意識を少しだけアジ・ダカーハから外した瞬間に敵が魔法を放ってきた...今までとは違う威力で。

「しまった!?」




 どうも、皆様柊☆黐です。

 皆様お読み下さりありがとうございます。
 良かったらお気に入り登録してみてくださると嬉しいです。
 
 さて、そろそろこの魔物の氾濫編もクライマックスになります。
 少し長過ぎますかね...ですが、もう少しだけお付きあい下さると幸いです。

 では、次回第二十話「ライガVS厄災龍」でお会いしましょう♪

「小さき蒼雷の魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く