話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ひととかぜと日常

香月 玄_コウヅキ ハル

Episode1 夜



1

 トントンと窓を叩く音で目が覚める。

 大きく溜息をつきながら体を起こし、窓を開け放つと大きな風が部屋一杯に入ってきた。カーテンがはためき、机に置きっぱなしのシャーペンが転がる。
すぐに風は静かになり、今度はベットが軋む音がした。そこに腰掛けるは高校生くらいの青年である。

「……夜中ですケド。どこ行ってたん」
 目を擦りながら不満げに問うと彼は、ただの暇つぶしだよとやわらかな声で答えた。
微笑みと同時に細めたその目は若草色で、暗闇の中でも美しく輝く。これに魅入ってしまうのはきっと私だけではあるまい。

「…そ……なら、はよ寝ろ」
 窓はそのままに布団を頭まで被ったのだが、今度はその布団を引っ張ってきた。
……正直うっとおしい。明日は学校が休みとはいえ、まだ夜中の2:00だ。
どうせ目が冴えて眠れないから構え、の意思表示だろう。
「朝構ってやるから寝かせて下サイ、まじで」
布団を引っ張り返すと今度は抵抗がなかった。そのかわり一緒に布団の中に潜り込んできたのだがこの際、睡魔には勝てまい。












夜はきっと、すぐに明ける。

「ひととかぜと日常」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く