話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

自分が作ったSSSランクパーティから追放されたおっさんは、自分の幸せを求めて彷徨い歩く。〜十数年酷使した体はいつのまにか最強になっていたようです〜

ねっとり

番外編②:王国と王女①

「なぁ、あの噂知ってるか?」

「あぁ知ってるぜ。ザブラ達が魔王を倒してそのまま相討ちになったんだろ?」

「いやどうやらそれは間違ってるらしいんだよ」

「は?まさか!ザブラ達ぐらい強い奴なんていねーぞ?」

「それがな、あの子持ちおっさんーー」




 ◇



 ダブアン王国。
 ここは東の魔族領と違い、人間ばかりが暮らしている。
 城を中心に周りに点在する街は、商業や冒険者などにより栄えていた。

 大陸のほぼ真ん中に構えている堅固な城は、建築当時から落とされた事はない。
 人間たちの技術の結晶であり、魔法による結界も展開されている。
 その城では王が王族や貴族を迎え会議に勤しんでいた。


「本当に見捨てるのですか」

 王国の第三王女、サラ・ワードクリフが口を開いた。
 今の会議内容は周辺にある街のスタンピートに対してだ。
 ダンジョンから溢れ出た魔物が街を襲うと報告が来ていた。

 しかし国としてその場所まで兵を派遣するとなると、莫大な食料と維持費用がかかる。
 幸いにも王都には影響が出ない場所にあるため、国としてその街を見捨てようとしていた。

「サラ様。見捨てるのではなく、戦略的で合理的な判断ですぞ」

 貴族の最大派閥を持つ男が口を開いた。
 サラにはこの男の口から出る言葉は信用していない。
 どうせ自分の懐の事だけを考えているのだろうと。

「これ以上に素晴らしい案があるのでしたら、ぜひご教授願いたいものですねぇ?」

 さらに男がいやらしい笑みを浮かべてサラを追撃した。
 確かに今の現状を考えれば兵を派遣せず違う街で撃退するのがいいだろう。
 だがそれではーー

「民を見捨てるおつもりですか」
「民には避難勧告も出しておりますし、何より冒険者がいますので」

 男がそう発すると、貴族から笑いが漏れた。
 ザブラのイメージが強い冒険者。
 野蛮で粗暴な薄汚い冒険者といったイメージがついている。

 そのザブラも魔王討伐に向かってからは音沙汰がない。
 元々王国でも問題ばかり起こしていたパーティだ。
 もしこの場にいたら、恐ろしい金額を吹っかけられていたかもしれない。

「まぁ冒険者も少しは役に立ちましょうぞ」
「餌になって増えたら困りますけどなぁ」
「はっはっは!それならまた別の冒険者を使えばよいのですぞ」

 貴族たちが冒険者の話で盛り上がる。
 元々冒険者に良くないイメージしかないので、使い捨ての駒ぐらいにしか思っていないのだろう。
 ザブラ達を追い出すように王へ詰め寄ったのも彼らだ。
 さらに襲われる街は王族の管理する領土。
 心底どうでもいいのだろう。

「それで、このままでよろしいですね?」
「ぐっ……はい……」

 自分にはなんて力が無いのだろうか。
 敵を滅ぼす力も、相手を屈服させるカードもない。
 自身の父である王に目線を送るが、傀儡となった王からは何も感じない。
 第一王子、第二王子もまったく同じだ。

「では。スタンピートが周辺に来ないよう警戒するように」

 王の一言で会議は終了を迎えた。





 サラが部屋に戻ると、ベットの上へ体を投げ出した。
 そして手足をバタバタと動かす。
 完全に敗北だ。
 王は貴族の言いなり、貴族は力の強さを誇示。
 これでは民を守ることなど出来ない。

「あのデブ野郎め……私をなんだと思って……!」

 より高くあげた拳をふかふかのベットに叩きつける。
 ぽぷん!と可愛い音を立てているが、サラの内心は可愛くない。
 あの貴族どもをどうやって黙らせるかを考え続けていた。

 しかし考えても解決策はない。
 もし冒険者がスタンピートを鎮圧でもすれば多少評価は変わるかもしれないが、魔物の量を考えても不可能だろう。
 ザブラがいれば……あの恐ろしく強い冒険者がいれば状況は変わったかもしれない。
 だが、魔王討伐に出たっきり姿を見たものはいない。
 むしろ死んだ噂まで流れているありさまだ。

「私にもっと力があればなぁ……」
「お嬢様、考えすぎはよくありませんぞ」
「じぃ!」

 そこにドアから1人の老紳士が入ってきた。
 じぃと呼ばれた男は慣れた手つきで紅茶を入れている。
 砂糖は2つ。少し甘い方が頭も回るだろう。

「私は民を守りたいのです。でもーー」
「事を焦ってはいけません。お嬢様はその才能をしっかり使えるタイミングまで我慢するのです」

 じぃから差し出された紅茶を一口啜る。
 鼻を通る心地よい香りと舌を転がる甘みがサラの心を癒していく。
 サラはじぃの淹れた紅茶が一番好きだ。

 この国では珍しいぐらいにサラは頭がいい。
 いや、元々はいつもの王族と変わらないぐらい踏ん反り返ったわがまま娘であったが、馬車襲撃事件以来人が変わった。
 目の前で人が死に、自分のわがままだけで民の人生を終わらせた事を悔やんでいた。

 それは貴族の間でも気付かれていた。
 今まで通り操りやすい王とは違い、自分の意見や考えを述べてくる。
 バカであればあるほど操りやすかったが、少しやりにくそうだ。
 暗殺まではいかないが、サラを会議から追い出そうとする動きもある。
 じぃはそれを心配していた。

「私もまだまだなんですね。もっとこう……しっかり地力をつけないと」
「お嬢様はまだお若いのです。じぃも出来る限り力になりますぞ」
「……ふふっ。ありがと」




 事態は急変した。
 スタンピートは予定よりも遅く街を襲撃するスピードで向かってきているらしい。
 それなら兵が間に合いそうなため、サラはもう一度王に派兵を進言していた時だ。

 貴族達は「やれやれ、またか」といった反応を示している。
 王も遠く離れた街には興味もないのか、あまり乗り気ではない。
 むしろ実の娘を厄介扱いしているような顔だ。

 最低な国。
 そうサラは思ってしまった。
 それと同時に、自分がこの国を変えたいとも思った。
 だがそれは叶わないかもしれない。

「ならばサラ様自ら兵を率いてくればよろしいのでは?」
「なっ……」

 大貴族のデブがまた横槍を入れてきた。
 しかもそれに同調するように周りの貴族も頷いている。
 王へ振り返ると、少し悩むような顔をしていた。

 サラは兵を率いた事などない。
 魔物とはいえ、力と力がぶつかる戦争だ。
 自分の指揮で人が死ぬのかもしれない。
 それには少し恐怖を覚えてしまった。

 そして王の脳裏には、娘を戦場に出す利点と他国との政略結婚が天秤にかかっている。
 どんなに国が強くても、同盟国としてあれば尚更いい。
 そして隣国とは第二王子と第四王女が婚姻を結んでいる。
 つまりサラは必要なくなっていた。
 一度隣国へ向かわせたが、横暴な振る舞いと心ここに在らずといった対応で破断し、仕方なく王都へ置いている。
 それなら口うるさく貴族からもいいイメージがないサラは必要ないのではないか、と。

「ではーー」
「い、いいでしょう!もし私が鎮圧出来たら、二度と私に逆らわないと約束してください」

 王が口を開いた瞬間にサラが被せてきた。
 その顔は少し興奮しているのか赤く染まっている。
 貴族達からは下卑た笑い声が微かに上がっていた。

「ふん。まぁそれは考えるとしましょうか。では今から兵をーー」
「いえ、必ず約束してください」

 大貴族のデブにサラが詰め寄る。
 不可能に近い遠征討伐。だがここで言質を取っておけば、奇跡が起きた時に有利になる。
 一度口にしてしまった手前、引けなくもなっていた。

 大貴族のデブはサラの迫力に少し圧倒された。
 もう20歳ぐらいになる第三王女は、その女性らしい体を持ち美しい顔をしている。
 そんな女性に詰め寄られては目のやり場にも困るのだろう。

「い、いいでしょう。万が一サラ様が鎮圧されましたら、私からは何も申しません」
「……言質は取りましたからね」

 サラはそれだけを言うと部屋から出ていった。
 これからすぐに準備をして向かわなければならない。
 兵士も1000、いや3000は欲しい所だ。
 総力戦になり、血で血を洗う戦いになるだろう。
 サラの後ろを心配そうな顔をしながらじぃが付いていく。


 サラがいなくなった後の会議室。
 王達はすでに部屋を出て、残されたのは一部の貴族達だけ。
 そこに大貴族のデブもいた。

「いいのか?あんな約束をして」

 少しヒョロイ体の男がデブに話しかけた。
 彼も大貴族の一員であり、デブとも格差はほとんどない。
 そして話しかけられたデブが顔を歪めながら口を開いた。

「スタンピートは鎮圧不可能だ。それに向こうがあんな約束をしてきたのだ。鎮圧できなければ、今度はあの煩い口を閉じるいい機会でもある」

 そこで何かを思い出すような顔をするデブ。
 いや、脳内にはサラを凌辱する絵面が浮かんでいた。

「そうか。スタンピートのゴタゴタと同時に彼女を攫うのもいいだろうな」
「……ほう。それならうちの兵隊も部隊に入れておくか」
「そ、それなら吾輩のぶぶぶ部隊も!!」

 何人かの貴族が声を上げる。
 あんな妖艶な体を持った美女を攫い、貴族で回すのが楽しみなようだ。
 バレれば死刑になるかもしれない。
 だがスタンピートだ。
 大量の魔物で飲み込まれれば行方不明で片付けられる。

 万が一バレたとしても、それまでの間に精神を破壊しておけばいい。
 嫌がる泣き叫ぶ姿が見れなくなるのは残念だが、バレるよりはマシだ。
 それにバレるような監査が入るときには、必ずデブに連絡が来るようになっている。

「さっそく手配しないとな。スタンピートとは……まったく素晴らしいものだ」

 その場にいた貴族全員の顔が下卑た笑いを浮かべていた。

「自分が作ったSSSランクパーティから追放されたおっさんは、自分の幸せを求めて彷徨い歩く。〜十数年酷使した体はいつのまにか最強になっていたようです〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く