話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

自分が作ったSSSランクパーティから追放されたおっさんは、自分の幸せを求めて彷徨い歩く。〜十数年酷使した体はいつのまにか最強になっていたようです〜

ねっとり

第24話:人間は諦めて下を見ることがある。ただ奮い立てる何かがあれば前を向くのさ

 その瞬間ウートの体が横に真っ二つになった。

 リムだ。リムがウートを両断。

 何が起きたのかわからない表情のままウートが地面に落ちる。

 さらにリムは隣にいたルストに襲いかかった。


『なっ!』

「ガァァァアア!!」


 すぐに後ろに飛びのくルスト。

 しかしそれ以上に早くリムが間を詰め、ルストは上半身が消し飛んだ。

 残った下半身から血が吹き出ながら地面に倒れこむ。

 一瞬で2人が殺され、呆気にとられるじじい達。

 リムの目には怒りを宿しながらも涙が流れていた。


「ケイドを……ユルさない!」

『なぜじゃ!!』

「ガァァ!!」


 すぐにその場から全員が退避しようと距離を取る。

 だがリム相手では遅すぎたらしい。

 ウバシャスの首が宙を舞い、俺の方へ飛んで来た。

 さらにギアが上から踏み潰される。

『逃げろ!暴走だ……ぐあぁ!』

 逃げようとしたグーゼットが背を向けた瞬間リムの攻撃がお見舞いされた。

 走り出した両足を破壊され、地面に倒れたところを追撃される。

 潰された音が周りに響き渡った。


『傷付けてもかまわん!暴走を止めるのじゃ!』

 さらにファルフェイとエファゾフが攻撃しようと構え詠唱を始めた。

 しかしそれは悪手だ。

 一瞬にしてリムに間を詰められ、腕の薙ぎ払いでファルフェイが腹ごと吹き飛ばされる。

 エファゾフが腕を向け魔法を放とうとした瞬間、その腕をリムに掴まれた。

 そして拳で胸の真ん中を殴られると、腕だけを残して弾け飛ぶ。

 残ったゼイトスは腰を抜かし、地面に座り込んでいる。

 そこへゆっくりとリムが歩いていく。


『なぜじゃ……なぜじゃぁぁ!』

「ケイドを……傷ツケた……許さなイ!!」


 リムの腕が上へふりかざされる。

 そのまま真っ直ぐにゼイトスの頭へ降り注ぎ、派手な音を立てながら砕いた。

 これで全員が死んだ。

 リムがじじい共全員を殺してしまった。


「はっ……ははっ。ざまぁ……見ろよ」


 俺はもう一度足に力を入れて立ち上がった。

 リムを迎えに行こう。

 もしリムの暴走がじじい達のせいなら……今その元凶は消え去った。

 元に戻るかもしれない。

 俺は立ったまま、リムに向けて声をかけた。


「リ、リム……?」

「ケイ……グアァァァァアア!!」


 リムがこっちを向いたかと思った瞬間、両手を頭に当てて苦しむような声を上げた。

 いや違う。これは苦しんでいるんだ。

 なんだ?何が起きてるんだ?


『ククククク……』


 俺のすぐ横で嫌な含み笑いが聞こえて来た。

 そっちの方を向くと、先程飛んで来た首だけのウバシャスがいる。


『もう……もう止まらぬぞ』

「何をしやがった!?」

『我らという枷が外れたのじゃ……この世界を終わりに導く……』


 な、なんだよそれ……。

 周りを見回すと、じじい共は1つ残らず霧になって行っていた。

 リムを助ける方法は……ないのか?


「ふざけるなよ!?リムを戻してくれよ!!」

『無理じゃ。人形も死ねばこの暴走も終わるがのぉ』


 死ぬ……つまりリムが死ねば暴走が終わるのか。

 そのリムは苦しそうに地面を叩いたりして暴れている。

 その苦しみから解放するにはーー。


「俺がリムを……殺すのか」

『ククク……。もうコアを破壊するしかない。そうすれば全ての力は霧散するぞ?』

「……」

『愛した相手を殺す姿が見れなくて残念だ……』


 ウバシャスの顔がゆっくりと霧になって霧散していく。

 その顔は先程までの怪しい顔とは少し違った。


『コアを破壊すれば再生は不可能じゃ……そして……いやお主には……無理じゃな』


 もう顔は殆ど残っていない。

 声だけが空中を響いているようだ。


『万が一……生き……むぞ……』


 ウバシャスが消えた。

 もう八柱は誰も残っていない。

 ここにいるのは俺とリムだけだ。


「ガァァオオオォォ!!」

 相変わらずリムが苦しそうに暴れている。

 いや先程よりは少し落ち着いているか。

 だが苦しそうな事に変わりはない。


「リム……」


 俺は一歩ずつゆっくりと歩を進めた。

 俺はこれからリムを助けたい。

 だが助けるためには殺すしかない。

 しかし……殺せるのか?

 いやむしろ俺が殺されるかもしれない。


「ケ……イド……」


 リムが顔を手で抑えながらこちらに振り向いた。

 その表情は苦しそうで辛そうで……涙も浮かべている。


「リム、何も出来なくて……ごめんな」


 俺の目からも涙が流れ始めた。

 視界がぼやけて見える。

 俺はリムを……これから……。


「コロ……して……」


 今……なんて言った?

 俺は涙を拭いリムを見た。

 苦しそうな顔を無理やり笑顔に変えているリムがいた。


「ケイド……リム、わからなくなりそう……」

「リム……」

「ケイド傷付けたくない……もん。でも……」

「リム!!」


 俺はリムに抱きついた。

 冷たくゴツゴツした感触が俺の体に刺激してくる。

 リムもゆっくりと手を俺の背中に置いてきた。


「リム、死ぬなんてダメだ。リムがいなかったら俺は……」

「ありが……トウ。でも時間が……ナイの。リムはケイド傷付けたく……オォォ…」


 リムが俺を突き放すように手を出した。

 少しよろけながら一歩下がる。

 今リムは苦しいのだろう。辛いのだろう。

 しばらくすると、リムがまた俺の顔を見た。


「ケイド……好きだ……ヨ」

「俺も……俺も大好きだよリム!だから……」

「だカラ……殺しテ……?」


 リムが殺してほしいと切望している。

 やらなきゃダメなのか?

 俺がリムを殺さなきゃいけないのか?

 また悩み始めるとリムから苦しそうなうめき声が聞こえてくる。


 ウバシャスの最後の言葉。あれはなんだ?

 なぜあんな顔をした?何を伝えたかった?

 もしかするなら……いや、もしかすればだ。

 だが、確証はない。


「ゲイ……ド……はやグゥゥゥ!!」

「……わかったよ、リム。だけどな、俺も一緒だ」


 俺は腹を決めた。

 苦しみ続けるリムを見ていたくない。

 このまま暴走し続けて誰かに殺されるのも嫌だ。

 それなら……いっそ……賭けてやる。


「うおぉぉぉぉぉぉ!!」


 俺は叫び声をあげた。

 肉体と精神の限界を超える技。

 これを使う時が来るとはな。


「ガァァァァ!!」


 理性が飛んだのか。

 リムが俺に向かって突進してきた。

 それを俺は飛びながら避けると、リムも追ってきた。


「ガアァァ!」


 振りかざされた拳が俺の横をすり抜ける。

 当たっていたはずの軌道がそれた。

 まだリムの理性は残っているのだ。


「リム、ごめんな」

「ケイド……スキ……だよ……」


 リムが最後の理性で止まっている。

 大きく空いた腹部には淡く光っている場所が見えた。

 ここか。ここにリムのコアがあるのか。

 しかしその場所はどこよりも硬そうに見える。


 俺は右手を懐に入れると、そのまま拳を握り腰のあたりに持ってきた。

 全生命力をその拳に乗せる。

 リムの分厚い場所を打ち抜き、一発でコアを破壊するためだ。

 せめて苦しまずに、一撃で。


「……奥義 運命ディスティニー









 俺の拳がリムの腹に突き刺さった。

 拳の先に硬いものが当たったが、それが砕ける感触も同時に感じた。

 これでリムのコアを破壊したのだろう。

 リムの中は暖かかった。


「ケイド……」

「リム……」


 リムの顔はすぐ近くにあった。

 口から一筋の血を流しながら、優しい目で俺を見ている。


「ごめ……んね。ここで……」


 リムの体全体から黒い霧が空に向かって伸びていく。

 先程まで全身を覆っていた鎧のような物も消え失せる。

 コアが破壊され、生物としての死を迎えようとしているのか。


「リム……」

「えへへ。先に……逝くね」


 リムの体から黒い霧が全て消え去った。

 目を閉じて眠るような顔になるリム。

 そして口だけを動かしながら、リムが声を発した。


「ありが……とう……」









「……まだだ。まだ終わってない!!」


 俺はリムに突き刺さっていた拳をさらに握りしめた。

「自分が作ったSSSランクパーティから追放されたおっさんは、自分の幸せを求めて彷徨い歩く。〜十数年酷使した体はいつのまにか最強になっていたようです〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く