話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

自分が作ったSSSランクパーティから追放されたおっさんは、自分の幸せを求めて彷徨い歩く。〜十数年酷使した体はいつのまにか最強になっていたようです〜

ねっとり

第23話:いいか?生物ってのは喜怒哀楽が存在する。それを無視することなど出来ないんだよ。

『ふむ。感情はまだ残っておるのぉ』


 空中から物見の見物に徹しているギアが口を開いた。


『仕方あるまい。その為にもあの人間を選んだのだ』


 ウバシャスが髭を弄りながらそれに答える。


『しかし、この場に英雄の子孫と始祖の魔王がいるとはな』


 ウートがザブラと魔王を交互に見ながら口を開いた。

 全員がこの戦いを注視している。


『全くだ。だが……ほれ。争ったツケか?もう英雄の子孫は死に絶えた』


 ザブラがリムの攻撃で物言わぬ肉塊へと変貌した。

 それを面白そうに手を叩きながら見ているのはグーゼットだ。


『しかし、リムがやられた場合は我々も危険ではないのか?』


 ルストが口を挟む。

 八柱はリム……いや終焉の魔王の復活の為に力を殆ど使い果たしている。

 万が一狙われればひとたまりもない。

 それゆえ空中に避難し、この動向を見守っていた。


『大丈夫じゃろう。飛べるのもリムだけじゃ』

『魔王も……もう瀕死じゃな』

『人間……魔物……哀れなものじゃのぉ』

『最後にあそこにいる男を殺して完成じゃ』


 八柱の目線の先には、まったく動けなくなったケイドがいた。

 リムは今ケイドと言う心の支えを侮辱され、殺されかけた恨みなどで覚醒している。

 その状態で心の支えを自身で殺した時、本当の意味でリムは終焉の魔王として覚醒するのだ。


『感情をなくし我々の命令のみ聞く』

『邪魔するものはもうおらぬ』

『我らの悲願、世界の終焉』

『我らだけの楽園はもう目の前だ』




 ◇




 リムと魔王の戦いは激しいものだった。

 いや、激しく見えるだけで魔王が押されていた。

 魔王がどんな攻撃をしても、リムはそれを避け、弾き、掻き消す。

 逃げろと言われたフレイとイコルは、変幻自在に動くリムから逃げられずその場に佇んでいた。


「くそぉぉぉぉ!!」


 魔王が叫びながら攻撃を繰り出している。

 右手から放たれた『魔炎光弾』。

 濃縮された魔力は触れたものをかき消すほどの威力。

 事実通った地面は削られているほどの魔法だ。


「……」


 しかしリムが右手を振り払うと、その魔法は掻き消えた。

 打つ手がない。

 魔王の表情にも焦りの表情が浮かんでいる。


「オワリ……ダ」


 リムの目が光った。

 魔王も何が起きても対処できるように構えを解いてはいなかった。

 しかし、反応できるスピード以上の速さで魔王へ向かっていった。


「う……ぐっ!」


 一本の光線。一筋の光。

 魔王を襲った光は、右半身を消滅させていた。

 傷口は焼けただれており、魔王の口から吐血した。

 誰が見ても致命傷だ。


「ぐっ……あああ……」


 首だけをリムの方へ向ける。

 だがその瞬間魔王の首は宙を舞った。


「ククククク……」


 遊んでいる。リムはこの状況を遊んでいるのだ。

 空中に飛んだ魔王の首を蹴りで粉砕すると、残った魔王の体が音を立てて地面に沈んだ。

 残っているのはイコルとフレイ、そして俺だ。


「おっさん!!なんとかしなさいよ!!」


 イコルが目に涙を溜めながら叫んだ。

 だが俺は……何もできない。

 ダメなんだ。心が……折れてるんだ。


「きゃぁぁぁぁ!!」


 地面を向いていた顔を上げると、リムがフレイとイコルを両手で同時に持ち上げていた。

 片手に一人ずつ。頭を鷲掴みにしている。


「やだっ!やめてぇぇぇぇ!!!」

「死にたく……死にたくないぃぃぃ!!」


 耳をつんざくような悲鳴が聞こえてくる。

 泣き叫ぶようなイコルとフレイの声。


 見たくない。

 聞きたくない。

 俺は……止めるべきだ。

 この殺戮を……止めるべきだ。

 だが折れた心は動かない。


 迷っている間に少し硬い果物が砕けた音がした。

 果物は潰され、液体の滴る音。

 その音は生命を2つ摘み取った音だ。


「ケイド……」


 低く聞きなれない声が俺にかけられた。

 近寄ってくるリムは全身に返り血を浴びている。

 指先からも血が滴っており、可愛かった過去は全て消え去ったよう。

 目の前にいるのは……ただの怪物だ。


「あ……あ……」


 確かに目の前にいるのは怪物だ。

 しかし……やっぱりリムなんだ。

 俺にはわかる。むしろ俺にしかわからないのかもしれない。

 リムは……リムだ。


「ケイド……ケイド……」


 何度も俺の名前を呼びながら近づいてくる。

 周りは死屍累々。リムが……いや、俺たちが引き起こしたんだ。


『待てリム。目の前の男は敵だ』


 急に空から声が聞こえてきた。

 この声はウバシャスだ。

 俺が敵?どういう意味だ?


 リムも困惑しているのか、その場で立ち止まってしまった。

 多分俺を敵だと言われて混乱しているのだろう。

 先程までずっと俺の名前を叫び続けていたのに。


 八柱がすぐ近くまで降りてきた。

 そしてリムを囲うようにして回っている。


『さぁ最後の仕上げだ』

『この男を殺せ』

『全ての情を断ち切るのだ』


 八柱が手をかざしリムへ何か魔力を込めている。

 なんだ?リムに何をしているんだ?


『グォァァァァ!!』


 リムが苦しそうな顔をしている。

 辞めろ。辞めてくれ。

 これ以上リムを苦しめないでくれ。


「やめろぉぉぉぉぉ!!」


 俺は気付くと声を荒げながらじーさんに向かって走っていた。

 リムは苦しんでいる。

 この殺戮もリムの本心ではなかったのかもしれない。

 このじーさん……いや、じじい共に操られて……。


「おるぁ!!」


 右手を振るいじじいに思いっきりぶちかました。

 だがじじいに届く前に俺の体は吹き飛ばされる。

 いてぇ。なんだよこいつら。

 これは……結界か?


『身の程をしれ。ゴミが』


 じーさんが俺に向き直ると、数多の魔法を繰り出して来た。

 なんとか立ち上がり避けるが、数が多すぎる。


「くっそぉぉぉ!」


 両手に魔力を集め叩き落とす。

 何発も叩き落とすが、それでも魔法はやむ気配がない。

 落としそこねた魔法弾が肩に、膝に、腕に当たる。


「ぐはっ」


 ダメだ。

 俺がいくら撃ち落としてもキリがない。

 ちくしょう。やっぱ勝てねーのか。


『はぁ、はぁ……さぁリムよ。トドメを刺せ』

「ケイ……ド……」

『全てを……はぁ、はぁ……断ち切れ……』


 地面に横たわりながら俺は目線だけをじじい達に向けた。

 なんだよ。じじい共も疲れてるじゃねーか。

 その中心にいるリムは……どうした?

 大人しくなってるじゃねーか……。


『殺せ!全てを断ち切り終焉へ向かうのだ!』

『奴はもう用済みじゃ!殺れ!!』

「……ケイド……」


 ゆっくりリムが俺に近付いてくる。

 くそっ。俺の人生はここで終わりを迎えるのか。

 こんな惨めな姿で……地面に寝たまま終わるのか。

 いや、最後ぐらいかっこよく死なせて……貰うぜ。


「ぐっ……おおおおぉぉぉぉ!!」


 俺は叫びながら全身に力を込めた。

 震える膝を叩き起こし、力の入らない背骨を伸ばす。

 顔を上にあげながら叫び、自分を奮い立たせた。


「ケイド……」


 リムの目には俺がどう映ってるのかな。

 最後のあがきをするおっさんか?

 利用されて捨てられるゴミか?

 いや、ゴミだと思ってるのはこのじじいだけのはずだ。

 リムは……俺の知ってるリムはそんなことない。


「さぁリム。……お前に殺されるなら本望だ」


 俺は構えをとった。

 体なんて動かねぇ。

 いや動かす方法はあるが……今のリムには何をしても意味がないだろう。

 じじい共に利用されて殺されるのはしゃくだが……。

 もうリムの目には俺がうつってないんだろうな。

 だからリムに殺されるなら、俺もまだ我慢できる。


「ケイ……ド……」


 リムの手が俺の腕に伸びて来た。

 不思議と怖くはない。これから死ぬのに。

 リムの手はあの温もりはもうなかった。

 ゴツゴツとした手。背も俺より高い。

 その手が……俺の首にかかる。


「…………リム」

『さぁ殺せ!全てを断ち切るのじゃ!!』


 外野がうるせぇ。

 今は俺とリムだけの世界なんだ。

 最後ぐらい静かに看取ってくれよ。


「リム……今まで……ありがとな」

「…………!!」


 リムの目に光る物が見えた。

 これは……涙か?

 リムが泣いて……いるのか。

 最後の最後に泣かせちまったな。

 ……ごめんな、リム。


「ケイド……ケイドケイドケイド……グオォォォ!!」


 一際大きな咆哮がリムから上がった。

 どうしたんだ?一体何が?


『チィ!不完全か!』

『一緒にいた期間が長すぎたのか!』

『これほどまでに……貴様は我々の人形のはずじゃ!』

「ふざけるな!!」


 クソジジイ供め。

 勝手なことを言うんじゃねぇ!


「リムはリムだ!てめぇらの人形なんかじゃねぇ!」


 ふざけたこと言いやがって。

 リムは……俺の大事なリムは……。


「リムは人間だ!俺と一緒に旅をした大事な仲間だ!!」


 その瞬間俺はまた弾き飛ばされた。

 ウバシャスが放った魔法が俺に直撃し、息をするのも苦しい。

 くそったれが……。


「う……ぐ……」

『何も知らぬゴミが』

『我々に口答えをするな道化』

『もう一度じゃ。もう一度理性を飛ばすのじゃ』


 またジジイ共が詠唱を始めた。

 リムを囲うようにして、リムに右手を伸ばす。

 そのリムは……ずっと俺を見ていた。


「ケイド……」

『殺すのじゃ』

「ケイドケイドケイドケイド……」

『お前は人形じゃ』

「ケイド……ケイド……」

『さぁ全てを解き放ーー』


 その瞬間ウートの体が横に真っ二つになった。

「自分が作ったSSSランクパーティから追放されたおっさんは、自分の幸せを求めて彷徨い歩く。〜十数年酷使した体はいつのまにか最強になっていたようです〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く