話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

自分が作ったSSSランクパーティから追放されたおっさんは、自分の幸せを求めて彷徨い歩く。〜十数年酷使した体はいつのまにか最強になっていたようです〜

ねっとり

第19話:真の漢は背中で語る。俺の決意は岩より硬く海より深い。

 最悪なタイミングでザブラ達が乱入してきた。

 俺はまだ動けるが、相手は魔王だ。

 リムが瞬殺出来なかったってことは相当強い。

 しかしまずはリムの安全が優先だ。

 打ち所が悪かったのか、リムは気絶している。

 しかも通常モード戻っている。これでは戦闘に出れない。

 ……さて、どうしたもんかな。


「ザブラ!気をつけろ!相手は魔王だぞ!」

「はっ!魔王を殺したら次はてめーだからな!」


 俺はザブラに何かしたのだろうか。

 ここまで恨まれる覚えはない。

 ただザブラ達は強い。魔王相手でも何とかなると思っている。

 むしろ魔王は手負いだ。だから大丈ーー


「うぉっ!」


 俺が考え事をしていると、いきなり火の玉が飛んできた。

 咄嗟に左半身を使いリムを守ったが、俺にダメージが入る。

 いてぇし熱い。こんな最低なことをするのは……。


「あらごめんなさい?邪魔なのよ」


 やはりフレイか。

 そんなに俺は恨まれてるのか?

 ニヤニヤ顔のフレイがまた魔王の方へ向いた瞬間、魔王の魔法がフレイにヒットした。

 ざまぁみやがれ。


「くっ……このクソがぁぁぁぁ!」


 フレイが怒りに任せて魔法を乱発し始めた。

 馬鹿野郎!味方も巻き添えかよ!

 俺はリムを抱きかかえたまま少し離れた。

 ポーションがある荷物は……少し遠いな。

 さっきの火傷がジンジンしてやがる。


「うらぁ!」

 ガキィン!

「ふん!」

 ドゴッ!


 ザブラと魔王の戦闘は派手だ。

 たまにくる流れ弾に当たらないように気をつけているが、この塔が破壊されかねない。

 なんつー激しい戦いだ。

 と言うよりも、あれからザブラはさらに強くなってたんだな……。


「ハイヒール!」


 イコルのタイミングもバッチリだ。

 集団戦の基本は連携。俺が教えたことだ。

 なんだ、ちゃんと基本は出来てるじゃないか。


「魔弾乱舞!」

「バカね!フレイムバレット!」


 魔王が魔法で応戦すればフレイが魔法で打ち返す。

 接近戦はザブラの独壇場だ。

 このまま魔王が倒されると見えた。

 ……そろそろ逃げる準備をしたいが、荷物がな。




 ガキン!

 ズバッズバッ

 ズドドドド……


 広間全体に鳴り響く轟音。

 だがフレイが俺に向かって何度か魔法を打ち込んで来やがった。

 微塵も油断できねぇ。

 そろそろ俺の体力も危ないな。


「あれ?ケイド……?」


 お姫様が目を覚ました。

 寝起きのリムは本当に可愛いな。


「……!ケイド!その怪我!!」

「ん?あぁ大丈夫だ」


 リムが俺の左腕と背中から上がる煙でも見たのだろう。

 少しやせ我慢はしているが、リムが傷付くよりマシだ。

 まだ戦闘は終わらねぇ。それまではしっかり守ってやらねーとな。


「ケイド!死んじゃうよ!」

「……ははっ。カッコいい男は死なねーんだよ」


 無理やり作った笑顔では誤魔化せそうにないな。

 だがもう長い間あいつらは戦い続けてる。

 そろそろ終わってもーー


 バァン!
「ぐはっ!」

「アハハハハ!全員死ねぇぇぇぇ!」


 フレイの魔法が俺の背中に当たった。

 クソいてぇ。

 あいつ魔力を使いすぎてハイになってやがる。


「ケイド!……ひどい。ケイドに……」

「リム、怪我はないか?」


 俺よりリムだ。

 この子はまだ精神的にも幼い。

 今まで守ってもらったことは多々あったが、ここでは俺が守る番だ。


「リムは……リムは平気だよ!」


 無理やり体を起こそうと動くが、まだ表情に痛みが見える。

 俺も痛みを我慢しながら左手でリムの頭を撫でる。

 無理はさせられない。

 リムの手が俺の左腕を撫で始めた。


「リム?俺なら大丈夫だから。ゆっくり休んでな」

「ケイド……これ……これ……!」


 ザラザラとした俺の腕だ。

 あんま触られすぎるとちょっと痛いな。

 だが心配かけまいと俺は笑顔を向け続けた。

 その俺たちのすぐ近くを魔法が着弾している。

 当たらないだけマシだが、破片などが飛んでくる。

 魔王もザブラ達も周りを考えてねぇな。

 また飛んできた破片を左手で払うと、リムが口を開いた。


「ひどいよ。ケイドにこんなこと……」

「俺はリムが無事だったら大丈夫だ」


 強がっているが、もうそろそろ俺も限界に近くなるだろう。

 傷はジンジン痛むし、血も流れている。

 俺はもう一度リムを抱えて微笑みかけた。

 しかし、リムは今にも泣きそうだ。


「フフフフフ!くたばれぇぇ!」


 さらにイコルの大声が聞こえてきた。

 あんな大人しそうな女の子がどこで道を間違えたんだ。

 回復よりも攻撃魔法を打ち込んでやがる。


「はーっはっはっは!俺が最強だぁぁぁぁ!」


 ザブラまで笑いながら攻撃している。

 自分へのダメージは気にしていない。

 ……いやおかしいな。

 こんなにぶっ壊れた戦闘をするなんておかしい。

 あいつら、まさか『戦狂薬』を使ったのか!?


「ケイド……ケイドっ!」

「あ、あぁ大丈夫だ。俺はまだピンピンしてるぜ」


 心配そうなリムの顔が見える。

 涙の溜まった目を拭ってやり、事の顛末を見守るとしよう。

 リムに人殺しはさせたくない。

 どうにかしてリムだけでも逃さないとな。


「ガハッ!」


 魔王が膝をついた。

 その隙を狙って3人が集まる。


「トドメだ!夢幻真空斬!」
「死になさい!灼熱火炎弾!」
「閃光直線波!」


 必殺技だ。

 俺も数回しか見た事ないが、これを繰り出すだけの相手なのだろう。

 膝をついた魔王はその場から動けず、迫り来る攻撃に目を見開いている。

 誰もがザブラの勝利を確信していた。だが……。


「魔王様!」


 体に穴が空き、殆ど死んだと思われたベリアルがその間に割って入ってきた。

 3人の攻撃を一身に受け、悶絶した表情で食いしばっている。

 永遠に続くと思われた攻撃は終息を迎え、ほぼ黒焦げに近いベリアルが残っていた。


「ベリアル!」

「ま、ま……おうさ……ま……」


 魔王がベリアルを抱えると体がボロボロと崩れ落ちて行く。

 最後の生命力を使って魔王を守ったのだろう。

 ザブラ達も大技を繰り出したせいか、今は肩で息をしており動く気配はない。


「ベリアル……」


 崩れ落ちた体はそのまま紫色に発光し、魔王へと吸収されて行く。

 最後に残った頭も笑みを浮かべたまま霧散し、魔王への糧となったのか。


「貴様ら………許さんぞぉぉぉぉ!」


 大気が震え大地が揺れだした。

 魔王からは血の涙が流れており、充血した目がザブラ達を睨みつけている。

 段々と体が大きくなり、その身は悪魔の化身のようにおどろおどろしい姿へと変貌して行く。

 二本のツノは立派なものへと変貌し、太く鋭そうな尻尾。

 さらには背中に真っ黒な羽が生え、全身を毛で覆っている。


「うるぁぁ!」

「ザブラ!ダメだ!」


 ザブラがそのタイミングで切りかかった。

 変身しきる前に倒せるならそれがいいだろう。

 だがそれは叶わなかった。


 カキィン!

「なっ!」


 魔王に届いた剣は根元から折れてしまった。

 鋼鉄の皮膚を持った魔王へと変貌したのか。

 重圧、いやこれは殺意か。

 ヒリヒリとした空気が頬を刺してくる。


「この世を滅ぼすもの、そして魔族を脅かすもの。全て私が殺す……!」


 本気だ。魔王の本気だ。

 あれはやべーな。間違いなく勝てない。

 ……いや勝てなくてもいい。俺はこの子を守るんだ。


「ガァァァァァ!!」


 咆哮を上げた魔王がザブラ達に突っ込んだ。

 恐ろしく速い。

 一瞬にして3人を壁の方向へと吹っ飛ばした。


「ぐぁっ!」


 強力な一撃。

 ザブラ達は疲労からか動く気配がない。

 先程の大技は全身の力を使うものだ。

 まさか防がれるとも思っていなかったのだろう。

 魔王がゆっくりとザブラ達に近付いていく。

 俺たちは後回しにするようだ。

 確かに満身創痍な俺たちは後でもいいのかもしれない。


 いやいやいや、そんな事を考えてる場合じゃない。

 このままでは……助けなければ……あいつらは間違いなく死ぬ。

 あの魔王は恐ろしく強い。

 地上最強と言ってもいいだろう。

 纏っている魔力、動き、全てが俺じゃ敵わない。


「ケイド……行かないで……」


 気がつくとリムが俺の服を掴んでいた。

 どうやら助けに行くか迷ってるうちに体が前に出ていたらしい。

 そうだ。俺はリムを守らなきゃいけないんだ。

 だが、それでも……弟子を見殺しには出来ない。


「リム、ごめんな。ここで待っててくれ」


 俺はそっとリムを降ろし、掴んでいた腕を離させた。

 すまん。俺は俺に嘘をつきたくない。

 俺はかっこいい男だ。

 嫌われようが、追放されようが、殺されそうになったとしても!

 今助けられる可能性のある命を見過ごせない!


「ごめんなリム。俺、バカだからさ」


 立ち上がったが、リムの方へ振り向くことは出来ない。

 俺に決意が揺れちまう。

 ただ、俺も男だ。

 簡単にはやられんよ。


「待て魔王。俺が相手だ」


 体に鞭を打って、俺は魔王へ身構えた。


「自分が作ったSSSランクパーティから追放されたおっさんは、自分の幸せを求めて彷徨い歩く。〜十数年酷使した体はいつのまにか最強になっていたようです〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • おっさんR

    主人公 馬鹿なの?

    なんでとっとと避難してない?

    2
コメントを書く