話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

自分が作ったSSSランクパーティから追放されたおっさんは、自分の幸せを求めて彷徨い歩く。〜十数年酷使した体はいつのまにか最強になっていたようです〜

ねっとり

第18話:最悪な場面を常に想像しろ?そんな最低な考えはトロールにでも食わせてろと思っていた時期もあったなぁ

 先に動いたのは俺たちだ。

 俺は真っ直ぐにベリアルへ突っ込んだ。

 その勢いのまま右手を振るい……空を切る。

 ここから体を回して左踵で相手の顔面へ……防がれた。

 カウンターを恐れて一歩下がる。


「ほう、なかなかやりますね」

「……まぁ化け物相手に修行したからな」


 こいつも喋れるのか。

 ちょっと厄介な相手かもしれないな。

 ちらっとリムを見ると、思いっきりラッシュ中だ。

 ありゃ骨まで持ってかれるだろう。


「余所見とは余裕です……ね!」

「うぉっ!」

 ガスン!


 咄嗟に両手をクロスさせて防御したのが幸いだった。

 ベリアルの拳は重い。油断してたら俺が骨まで持ってかれちまうな。

 あぶねぇあぶねぇ。


「ご忠告……どうも!」


 すぐに間合いを詰めて蹴りを入れる。

 しかしそれはベリアルの蹴りで止められた。

 だがこれで終わりじゃない。

 蹴り上げた足を地面に下ろすと同時に踏み抜き、勢いをつける。

 空いた体に拳を打ち付け、さらに連打だ。


「うおおおおお!」


 ベリアルも連打で応戦してきやがった。

 だが手数ではこっちが上か。

 何発かいいのが入ってるはずだ。


「小癪なマネをぉぉぉ!!」


 ベリアルが叫んだと思えばさらに回転を上げてきた。

 まだだ。まだ追いついてきてない。


「まだまだまだぁぁぁ!!」


 俺もさらに手数を増やしていく。

 だんだん追いつかなくなってきたベリアルの体に俺の拳が打ち付けられる。

 このまま行けば俺の勝ちだ。


 一瞬ベリアルがよろけた。

 ここだ。ここで決める。


「うぉらぁ!!!」



 スカッ



 情けない空気を切る音がした。

 いやタイミングはバッチリだった。

 間違いなく当たるタイミング。

 だがそこにベリアルはいなかった。


「人間風情が……」


 声がした方を見ると、ベリアルが空中に浮いている。

 なんだよそれ。そんなんありかよ。


 ベリアルが血の混じった唾を吐くと、俺に向かって急降下してきた。

 なんとかそれを避けるが、すぐに追撃が来る。

 くそっ。避けるので手一杯か。


「ほらほらぁ!先程までの威勢はどーしたぁぁぁ!」


 我慢だ。我慢の時だ。

 俺はいつでも冷静な男。

 この攻撃を避け続けてれば絶対にスキが出来る。

 そこにカウンターだ。


「ふん、だんまりか。ならばそのまま死ね」


 ベリアルの両手に魔力が集まっていく。

 おいおいおい。さすがに遠距離は聞いてねーぞ。


 キュイーンーー
「魔連弾」
 パパパパパーー


 なんだよあの量!くそっ!!

 紫色の魔弾が俺をめがけて降り注いで来る。

 最初の2,3発を避けたが……やべぇな。

 上下左右前後、こりゃ逃げ場がねぇ。


「フハハ!チリとなれぇ!」

「ふっ!ぐっ!!」


 目の前が砂埃と煙で見えなくなる。

 それでも弾は俺を殴りつけてきた。

 耐えるしかない。

 ……耐えられるのか?



 ………………


「ふん。人間にしてはよくやったか。あとは魔王様のーー」

「おう。勝手に殺してんじゃねぇよ」

「なっ!」

「おるぁ!」
 バキッ!


 俺はベリアルの翼をもいでやった。

 これでこいつはもう飛べないだろう。

 砂埃が役に立った。視界を潰してくれるとは有り難い。


「きぃさぁまぁ!!」

「いやー、実際危なかったぜ?」


 服なんかボロボロだ。

 ほんとじーさん達には感謝しかない。

 力の使い方を学んだのは、俺自身の成長でもあるからな。


「さてと。このまま泥仕合と行こうじゃないか」

「殺す……魔王様の前で恥をかかせた罪!絶対に殺す!」


 ベリアルの筋肉が肥大化して一回り大きくなった。

 まいったな。こんだけデカイ奴が殴ってきたら俺は耐えられるか?

 ……答えはNOだ。


「ジネェェェェ」

 ズガァァン!

「おっとぉ」


 ……だから避ける。

 筋肉が増大すればその分スピードは落ちる。

 それならヒットアンドアウェイみたいに、こっちは隙だけを突いていけばいい。


「グァァァアアア!!」

 ズガン!ズガン!!

「ほいよっ」

 メゴッ

「グァァッ」


 俺はベリアルの攻撃を華麗に捌きながらカウンターを入れていく。

 相手はもう膝にきてるな。

 そろそろトドメだ。


 ベリアルが一瞬体制を崩した。

 ここで決める!


「食らいやがれ!爆熱暴拳ギャラル

 ドゴァ!




 ……なんだ?何が起きた?

 殴ったはずの俺がなんで地面に倒れてるんだ?


「ぐっ……かはっ」


 最悪だ。こりゃ肋骨を何本かイかれてる。

 ベリアルの方へ顔を向けると……なるほど。

 さっきのよろめいたのは演技だった訳か。


「ふん。人間など一撃でこのザマだな」


 よく言うわ。その人間に追い詰められてたくせに……っと。

 このザマだと俺の方がかっこ悪いな。

 リムも魔王とやらとまだ戦っている。

 なら答えは1つだ。

 勝つしかない。


「あぁ。なかなかいいのくれたじゃねーか」


 足がガクガク震えながらもまっすぐ立ち上がる。

 ここで弱みを見せたら終わりだ。

 気持ちで負けることだけはあっちゃいけない。


「ほう?満身創痍でよく立てた物だ」


 ベリアルがゆっくり構えた。

 俺に打てるのはあと一撃か。

 しっかり合わせたカウンターを狙おう。

 あとは入り口にある回復ポーションを飲めばリムの助けにも入れるな。


「はっ。負けられない戦いってやつだな」


 威勢良く返す。後はこの体が持つかの賭けだ。

 ベリアルが構えを解かずに、そのまま口を開いてきた。


「それはこちらも同じだ。貴様らのように世界を滅ぼす存在は許しておけん」

「よく言うぜ。そっちが人間を滅ぼすんだろ?」


 まったく。俺たちみたいな善良な市民相手に何を言ってるんだ。

 俺は俺の約束を果たす。

 リムの方へ目線を向けると、まだ激しい戦いは続いている。

 早く助けに行かなくちゃな。


「何も知らぬ愚か者……死ねぇぇぇぇい!」


 ベリアルが突っ込んできた。

 俺の正面にきた瞬間に視界から消える。

 だが見えてるぜ?俺の予知眼ビジョンアイにはな!


 俺はその場にしゃがみ、後ろからくる拳を避ける。

 そのまま体を半回転し、足に力を入れ地面を踏み抜いた。


「なっーー」

爆熱暴拳ギャラル!」


 ゴパァン!


 弾け飛ぶ音がした。

 拳は肉を貫いた感触があり、腕を伝わって血が流れている。

 綺麗なカウンターが決まった。


「うごっ……ぐふっ」

「まだ生きてるのか。すげぇな」


 腕を引き抜くと音を立てて崩れ落ちるベリアル。

 だがまだ意識はあるようで、こっちを睨んでいる。

 もうこいつは動くことはないだろう。

 あとはリムを助けて、旅のエンディングを迎えるだけだ。


「貴様……本当に……何も……」


 何かを言いたげな顔をしながら腕を伸ばしてくる。

 それを足であしらうと、そのままベリアルは動かなくなった。

 ……俺の勝ちだ。

 会話が出来る相手を殺すのは本当に嫌なもんだ。

 意思がある分、心にも響く。

 目的のため……すまんな。


「さてと、リムを助けに……うん?」


 リムの戦いも佳境に入っているのだろう。

 肩で息をしている魔王に対して、油断なく構えているリム。

 リムも多少は傷ついているが、魔王程ではない。

 むしろ俺たちは魔王を相手にしていたのか。



 だがそれ以上に違和感が俺を襲っていた。

 入り口に誰かいるのだ。

 1人ではない。3人……いや見たことがある3人だ。


 その3人は俺たちの荷物を漁っている。

 あ、そのポーションは結構高いやつ!

 クソっ!全部飲みやがったのか!!


「おい!てめーら何してる!」


 俺が急に大声を出したせいだ。

 リムが驚いたように振り返り、その隙に魔王から一撃貰ってしまった。

 慌ててリムが吹っ飛んだ方へ駆け寄りキャッチする。

 壁に衝突しなくてよかった……。

 すまんリム。驚かせるつもりはなかったんだ。


「あ?全部てめーのせいだろおっさんよぉ!!」


 元凶が声を上げた。

 その3人は俺たちの回復ポーションを一通り飲み終えると、元気良さそうに立ち上がった。

 やべぇな。俺に手元には中級ポーションしかない。

 俺のせいでダメージを負ったリムは休ませたいが、この状況で俺は勝てるのか?



 そうだ。最悪なタイミングでザブラ達が乱入してきたんだ。

「自分が作ったSSSランクパーティから追放されたおっさんは、自分の幸せを求めて彷徨い歩く。〜十数年酷使した体はいつのまにか最強になっていたようです〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 二朗教の信者

    最低やな勇者たち

    2
  • ばど

    めっちゃ鈴木きになる。

    2
コメントを書く