話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

自分が作ったSSSランクパーティから追放されたおっさんは、自分の幸せを求めて彷徨い歩く。〜十数年酷使した体はいつのまにか最強になっていたようです〜

ねっとり

第10話:俺より凄いやつがいるか?当たり前だ。むしろ世の中なんて俺より凄いやつしかいないんだよ

 アーヘンの洞窟。

 王都から徒歩で4時間程かかる場所にある洞窟。

 入り口は広く冒険者を待ち構えている。

 地下10Fまで続く洞窟であり、特産物もないので冒険者の腕試しぐらいにしか使われない。

 最下層で稀に出る魔物を倒すと幸運を授かると聞いた事はあるが……まぁ眉唾物だろう。


 その洞窟までは俺たちの足で2時間半程で着いた。

 いやー、俺もスピードはだいぶ上がったかと思っていたが、リムも本当に早い。

 これだから2人で旅するのも面白いんだけどな。


 この洞窟は魔物そこそこ強い。

 中級冒険者ソロで挑むのはまず不可能だ。

 最低でも上級、B以上は欲しい。

「ケイド。わくわくする場所だねー!」

 リムが洞窟を見ながら興奮している。

 いやリムはじーさんと一緒に洞窟暮らしだっただろ。

 何年住んでたのかはわからないが、そこまで興奮するものだろうか。

「何を言ってるんですか!新しい場所はわくわくするんですよ!」

 ……そういうもんか。

 新しい場所ねぇ。俺は世界中を回ったからあんま感動はないが、そんなもんなんだろう。

 この洞窟の目標はゼイトスの救出だ。
 念のため荷物を確認してから向かう。


 洞窟の中はやけに薄暗く、空気も冷えているようだった。

 1階層は狩場としても使われており、王都で手に入れた武器や防具の性能試しにも使われている。

 何人かの冒険者とすれ違ったが、どうやら俺たちは多少目立つらしい。

 ……まぁこんな美女を連れて入ればそうか。

 リムの大人バージョンはどう見ても美しいからな。


 B1F、B2Fと順調に進む。

 まだこの階層は冒険者もちらほらいるのですり抜けられている。

 途中の魔物も難なく撃破でき、むしろ若干物足りなさがあるぐらいだ。

 しかしB3Fに差し掛かった時、人の気配がほぼ消えた。

 ここから魔物が強くなっている。

「ねーケイド?早く最下層に行こうよ!」

「まてまて。油断は禁物だ。俺が知ってるだけでもトラップが『カチッ』……ん?」

 ん?カチ?いや俺がそんなミスを……。

 俺が足元を見ると、どうやら色が違う場所を踏んだらしい。

 これは……うん。間違いない。トラップだ。

 ゴォォォォォ……

 あー、あれだ。

 こりゃ岩だな。丸い岩だ。

 その巨体から直線上にいる生物全てを潰していく……あ、見えた。

「あーリム。なんだその……逃げるぞぉぉぉ!!」

 踵を返して猛ダッシュ。

 凄い勢いで岩が俺たちを潰そうと追いかけてくる。

 こりゃやばいな。追いつかれたら終わりだ。

 幸いにもコケそうな出っ張りもなく走れてるが、いつまで逃げればいいんだ。

 リムは……笑ってる!?

「ケイドー!すごいね!面白い!!」

「そんな余裕があるのがすげーよ!」

 逃げた方向が悪かったのか岩の勢いは止まらない。

 俺たちは一生懸命逃げていたが、最悪な状況に追い込まれた。

 ……行き止まりだ。

「ケイド、どーするの?」

「クッソォォォ!」

 こうなりゃやけくそだ。

 あの岩に一撃かましてやる。

 俺は壁から一歩離れて足に力を込めた。

「ケイドー?」

「……大丈夫だ。なんとかする」

 ゆっくりと息を吐き出す。

 俺はじーさんに俺は魔法の才能はないと言われた。

 その代わりに魔力を身体に纏わせることも出来るようになった。

 さらには限界突破した肉体がある。

 この肉体は未来永劫一緒にいるんだ。

 今信用しなくていつ信用するんだ!


 息を吸い込み右手を引き左手を前に出す。

 左足を半歩だし、右足は半歩後ろに下げる。

 腰をやや落としてどっしりと構えた。

 ……もう数秒でこの岩は俺たちを踏み潰すだろう。

 そんな事はさせない。

 俺のミスは俺が取り返す。

「うおおおおおお!!」

 右足に力を込め地面を踏み抜く。

 その勢いを腰に乗せ半回転させる。

 右腕に伝わった力が拳の勢いを強化、俺の魔力を乗せて岩へ振り抜く。

「『ギャラル』!」

 ズガァァァァン!

 鉄のように硬化した俺の拳が真っ直ぐに岩へ減り込む。

 岩はそれまでの勢いを全て無くし、俺の拳によって止まった。

 そして殴った場所から岩全体にヒビが入り、音をたてながら崩れていった。

 一か八かだったが、成功だ。

「……ふー。なんとかなった」

「ケイド凄い!!さすが!」

 リムが嬉しそうに飛び跳ねている。

 よかった。流石に困難で全滅なんかしたらじーさんに合わせる顔がない。

 全力で殴ったもんだからちょっと疲れたな。

 ここで休憩してくのもいいだろう。

「しかしリムも絶体絶命のピンチによくあんなにのんびりしてられたな」

「え?だって魔法使って道を塞げばいいかなーってさ。ほら」

 リムがそう返答すると壁から何本も棒が突き出てきた。

 た、確かにこれであの岩の勢いを落とせばもっと楽に……。

 いや下手したら岩ごと簡単に……。

「あ、あぁそうだな。そう言えばそうだったな。うん、大丈夫だ」

 魔法ってのは凄い。

 俺の想像の斜め上を行く。

 いやー、参ったな。カッコいいとこ見せようとしたんだがなぁ。

「でもケイドかっこよかったよ!」

「……そ、そうか?」

 ……うん。まぁいいとしよう。

 もーちょっと休憩してから動くとするか。




 ◇




 それから地下6階まで、少しスローペースではあるがたどり着いた。

 リムが端から端まで見たいと付き合っていたら体感時間ではもう夜だ。

 今日はこの辺で泊まってもいいかもしれないな。


 俺たちが辺りを見回すと、泊まるのに良さそうなポイントを見つけた。

 洞窟の行き止まりの一つ。

 魔物も近くに気配はなく、寝てたとしても問題がないだろう。


 俺は荷物から小さな石を取り出した。

 結界石。これがあれば魔物に気付かれる事がほとんど無くなる。

 もし魔物が近づいて来たとして、結界に触れれば大きな音が鳴って弾ける。

 その音で起きれるので、すぐに戦闘態勢に入れる優れものだ。

「よし、これを四隅にーー」

「ケイド何してるのー?」

 そこまで広くない小部屋の四隅に結界石を置く。

 その姿を見ていたリムが不思議そうに声をかけて来た。

「これは結界石と言ってな、魔物が近付いてこれないようにしてるんだ」

「すごーい!リムもやる!」

「だろ?この石は結構貴重……ん?今なんて?」

 俺の耳が悪くなければ、今リムは「リムもやる」と言ったよな?

 いやまさか……結界魔法?

 イコルもフレイも使ってるとこなんて見た事ねーぞ?

 なんかリムがブツブツ言い始めてるが……。

「バリア!」

 リムが叫んだ瞬間に小部屋が魔法に包み込まれた。

 心なしか空気まで澄んでやがる。

 まさか本当に結界魔法を……。

「あーリムちゃん?それもしかして……」

「うん!結界魔法だよ!」

 あーはいはい。なるほどですね。

 リムちゃんはおじさんの予想を上回るのが得意なんですねー。

 ……マジかよ。

「今日は安心して眠れるね!」

「あ、おう。そーだな!リムは凄いな!」

 リムの頭を撫でてやると嬉しそうに微笑んでいる。

 ちくしょう。悔しいけどやっぱリムはすげーわ。

 この笑顔には流石に勝てないからな。

 まぁよしとするか……。


 それから俺たちは夕食をとり眠りについた。

 明日は最下層に封印されているゼイトスを救出したい。

 早めに起きて向かうことにしよう。

「自分が作ったSSSランクパーティから追放されたおっさんは、自分の幸せを求めて彷徨い歩く。〜十数年酷使した体はいつのまにか最強になっていたようです〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く