話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

自分が作ったSSSランクパーティから追放されたおっさんは、自分の幸せを求めて彷徨い歩く。〜十数年酷使した体はいつのまにか最強になっていたようです〜

ねっとり

第6話:信じられるものと信じたいものは別物だ。信じられたから信じたんだ。

 俺は気がつくと柔らかいベッドの上にいることに気付いた。

 ……いやおかしい。

 さっきまで俺は地面に突っ伏してたはずだ。

 両腕と腹を見ると治療した後まである。

 なんだここは。どこだ?


 周りを見ると明るい。

 蝋燭の炎か?ランタンに火が灯っており、周囲も明るく照らしている。

 俺は死んだのか?

 死んだにしては待遇が違う気がするが……。


 少し呆けていると部屋のドアが開いた。

 そこから8歳ぐらいの小さい子がタオルを持って入ってきた。

 俺を見ると驚いた顔をし、そのままドアから逃げていく。

 いや逃げたいのは俺なんですが……。

 だがもしかしたら俺は助かったのだろうか。

「ふぉっふぉっふぉ。目覚めたかね?」

 60代ぐらいだろうか。

 白髪のお爺さんがドアから入ってきた。

 その足元にはあの小さい子もいる。

「えっと、その、もしかして助けてーー」

「まずは封印を解いてくれてありがとうな」

 お爺さんが椅子に座ると深々とお辞儀をしてきた。

 いや何が何だかわからん。

 俺なんかしたのか?

 助けたって……封印?あ、あのデーモンのことか?

「いやー、別に何かした訳ではーー」

「そうじゃ。わしは魔王に封印され、あのデーモンに門番をされていたのじゃ」

 なんだ?この洞窟には人の話を聞く奴はいないのか?

 でもデーモンを倒したのを知ってるってことは、やっぱあの広間の奥なのかここ。

「それでここに何故俺がーー」

「そうじゃ。あの広間の奥にわしがーー」

「最後まで喋らせて!?」

 思わず大声で突っ込んでしまった。

 だが不思議と体は痛くない。

 俺はあのデーモンにこっぴどくやられてたが……。

「ふむ、焦ったようじゃな。動けるなら向こうの客間で話そうじゃないか。リム、客人を頼んだぞ」

「あい!」

 小さい子が可愛く手をおでこにあてて敬礼している。

 どうやらこの子が俺を手当てしてくれたらしい。

 可愛いじゃないか。

「ふぉっふぉっふぉ。……手を出すなよ?」

「そんなことしねーよ!」

 リムがその言葉を聞いて少し軽蔑していそうな目で見てきた。

 いやいやいや、本当にそんな趣味はありませんよ?



 そのままベッドから降り立つと、少しふらつきはしたが歩くことに問題はなかった。

 客間と呼ばれた場所にリムと手を繋いで向かうと、先ほどの老人がお茶を用意している。

 いい匂いが部屋に充満していた。

「若いのは名前をなんという?」

 若いの!?

 この歳になって若いのなんて言われたの初めてだぞ!?

 周りからはおっさんと呼ばれ続けてたが、ひさびさに若いなんて言われた。

 ちょっと感動しちまうじゃねーか。

「おっちゃん、泣いてるの?」

 泣いてなんかいねーよ?

 大丈夫だ。泣いてなんか……ちょっとまて。

 リムちゃん今なんて言った?

「えっと、俺はケイドって言うんだ。改めて助けてくれたことにお礼を言わせてほしい」

 俺は深く頭を下げてお礼を言った。

 ここまで動けるのも何か貴重な薬などを使ったのかもしれない。

 あの傷じゃ普通生きてなくてもおかしくないからな。

「ふぉっふぉっふぉ。なぁに朝飯前じゃよ。あとお礼を言うならリムにもの?」

「あぁ。リムちゃん、ありがとうね」

「あいー!」

 リムが恥ずかしそうに照れ笑いをしている。

 ……うん、そんな趣味はないがやはり可愛いじゃないか。

 俺も自然と笑顔になった。


 だが俺はここに来てどれくらい経っているのだろうか。

 腹の減り具合からして1日ぐらいは経っててもおかしくなさそうだが……。

「ケイドが来てからすでに3日は経っておるよ」

「は?そんなに!?」

「そうじゃ。全然目を覚まさなくてのぉ。リムがしっかりと看病してたのじゃよ」

 なんて優しい子だ。

 俺はリムの頭に手を置き、ゆっくりと撫でながらまたお礼を言った。

 いや、ちょっと待てよ?

 俺の考え、このじーさんに筒抜けになってないか?

「ふぉっふぉっふぉ」

 こりゃ絶対にバレてるわ。

 となると、このじーさんは何者だ?

 魔王に封印されていた?

 心を読める?

 間違いなく人外じゃねーのか?

「おじいさまはこの世界にいる八柱の1人です!」

 リムがとんでもない事を言い始めた。

 確かに聞いたことがある。

 この世界には8人の神がいて、それを束ねている創造神もいる。

 その8人の神は八柱と呼ばれ、それぞれが独立して世界を見守っていた。

 しかし別の世界から魔王がやってきて、八柱を封印して創造神に挑もうとしている。

 すでに何人かの柱が封印されていると。

「いやぁさすがに……ねぇ?」

 信じられない。

 元々この話を聞いたのは、その辺で酔い潰れそうになってたおっさんからだ。

 さすがにあのおっさんの話を「はいそーですか」なんて鵜呑みにも出来ないだろう?

 こんな話を他人にしても知らないと言われてたんだ。


 そしてここまで壮大なことを言われても、俺がその封印を解いたと言われても、信じられるはずがない。

 しかし、もしそれが本当なら俺はとんでもないことをしたんだ。

 今後魔王から命を狙われてもおかしくない。

「ふぉっふぉっふぉ」

 相変わらずじーさんは笑っているだけだ。

 嘘か本当かもわからねぇ。

 だがこのじーさんは間違いなく只者ではない。

「まぁなんにせよ、俺には関係ないな。そろそろ行かないとクエスト失敗になっちまう」

 俺がそう言って席を立とうとした時、じーさんが鋭い目で俺を見てきた。

 なんだ。俺の何を見ているんだ?

「ケイドよ。お主は今迷っておるな?」

 なんだよ。深層心理の底まで見えるのか?

 その目はもう全部知ってるんだろう?

 ……そうだよ。俺にはなんの目的もねぇ。

 このまま死ぬ運命でしかねーよ。

「そうじゃな。助けてくれた礼ではないが、今の力の使い方を教えてやろうか」

 力の使い方?なんだそれは。

「よっと」

 じーさんが何か取り出した。

 水晶玉か?

 それを俺に手渡してくると、胸の前で持つように言われた。

「ふむ……ほぉぉぉぉ」

 じーさんが手を掲げると魔力が流れてきた。

 暖かい。

 敵意も悪意もない魔力が俺を包んでいる。

 本当に神かもしれないな、こんな暖かい魔力は初めてだ。

「ふむ。お主、最近自分の心と体がついて行かないことがなかったか?」

 あったな。

 なんつーか、走ろうとすると体が前に行きすぎたりする。

 表しにくいけど、自分が考えてる以上に肉体に限界が来てそうなんだよな。

「ふむ。そして嫌な予感などではっきりと場面が見えたりはしないか?」

 それもある。

 あのデーモンとの戦闘前にも見えたぐらいだ。

 ただの嫌な予感だとしか思わなかったが、それが何かあるのか?

「そして割れるほどの頭痛を経験したことは?」

 それもある。

 なんだ、じーさんは俺の何を見ているんだ?

 じーさんが俺から水晶を取り上げるとそれをしまった。

 俺の顔をじっと見つめると、ゆっくりと言葉を吐き出した。

「お主の体は人間の限界を超えて成長しておる。限界を突破したことにより固有能力も存在しておるのじゃ」

「は?」

 おいおいなんだよそれ。

 俺の剣の腕なんてクソみたいなものだし、限界を超えてるなんて信じられねーぞ?

 いやまてよ?でもあのデーモンを一撃で倒したのがその限界突破によるものか?

「ふむ。気付いておるが使い方がなっておらんのか。どれ、わしが修行をつけてやろう」

「ほ、本当か!?」

 俺は強くなれるのか?

 もう負い目を感じなくて済むのか?

 俺は……俺はまだまだ強くなれるのか?

「ふぉっふぉっふぉ。焦るでない。わしの修行はちーとばかしキツイがついてこれるかの?」

「もちろんです!絶対にやりきりますよ!」

 願っても無い。

 じーさんが何者かはわからんが、強くなれるならそれに乗るまでだ。


 リムが俺がここに残ることを聞くと嬉しそうに抱きついてきた。

 なんだこの可愛さは。

「ふぉっふぉっふぉ。んじゃ早速リムと手合わせじゃ。まずはどこまで動けるか知りたいからの」

 じーさんがリムを連れて外に出て行く。

 いや待て、リムと手合わせ?

 大人と子供だぞ?

 俺は疑問を浮かべながら付いて行った。




 ◇




「なんだよこれ!!」

 思わず叫んでしまった。

 家の外はまるで洞窟などなかったかのように広い。

 いやむしろ洞窟なんかじゃない。

 空は青々しく晴れており、光に満ちているのだ。

「ふぉっふぉっふぉ。亜空間じゃよ。修行にはもってこいの場所じゃ」

 なんだよほんとこのじーさん。

 マジで神なんじゃねーか?

 周りを見回すとリムが準備運動をしている。

 本当に俺とやるらしい。

「大丈夫じゃよ。お主ではまず勝てぬよ」

 嬉しそうにじーさんが笑ってやがる。

 そいじゃ遠慮なく行かせてもらうとするかな?

「よ、よろしくお願いします」

「こちらこそ」

 リムが丁寧にお辞儀をしてきた。

 俺もそれに釣られて頭を下げると、リムの姿はもうなかった。

「は?……いでぇ!」

 思いっきりぶん殴られた。

 不意打ちかよ!

 デーモンに殴られたぐらい痛かったぞ!

「ふぉっふぉっふぉ」

 じーさんは笑いっぱなしかよ。

 ちくしょう。今度はこっちの番だ。

「うおおおおお!!」

 右でまっすぐ。

 リムは微動だにしていない。

 さすがに顔は可哀想だから、胸辺りを狙う。

 しかし、当たる寸前にリムが消えた。

 バキッ!

 後頭部を蹴られた。

 なんだ何が起きたんだ?

 俺はさっきまでしっかりリムを見ていたんだ。

 それが急に消えるなんて……。

「そこまでじゃ」

 じーさんが止めた。

 確かに俺じゃ無理だ。何にも出来ねぇ。

予知眼ビジョンアイも不発、体もスピードを出しきれておらぬ。これは長い修行になりそうじゃのぉ」

 みっともなく倒れている俺にじーさんが話しかけてきた。

 なんだよ予知眼ビジョンアイって。

 凄そうじゃねーか。

「ふぉっふぉっふぉ。明日からの修行、しっかりとついてこいよ?」

 じーさんが今日一番の悪い笑みを見せてきた。

 今後俺はどうなるんだろうな……。

「自分が作ったSSSランクパーティから追放されたおっさんは、自分の幸せを求めて彷徨い歩く。〜十数年酷使した体はいつのまにか最強になっていたようです〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く