徒然なるままに

嘉禄(かろく)

It is sometimes cruel to be destined



運命の番は、個人差はあるものの一目見れば分かるとされている。
陸と凪くんの場合は陸だけが分かっていたけれど、基本はお互いに分かる事例が多い。
それは俺も…いえ、俺達も例外ではなかったようだ。

こんなはずじゃなかったのに、と後悔してももう遅い。
一目見て、互いに分かってしまった。


『…貴方が、俺の?』


驚きに目を瞠ったあの子の目が…いえ、全てが忘れられない。


「…運命とは、番とは…恐ろしいものね」

「徒然なるままに」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く