徒然なるままに

嘉禄(かろく)

The last wish



『…悪い、凪。
俺…運命の番を見つけたんだ』


俺は雨の中、傘もささず一人で歩いていた。
あの言葉を言われて、思わず逃げるように走り出して…もう走る力も無くなったのに、足は進む。
もう涙は出ない。
泣きすぎると出なくなるっていうのは、本当だったんだ。
ぼんやりとする脳の一部が何故か冷静に答えを出す。
…いや、たださっきの事を思い出したくないだけかもしれない。


「…信じてたのに。
いつか番って、俺の事を救ってくれるって…幸せにしてくれるって…」


じゃあ誰が俺を救ってくれる?
…いや、もう誰も俺の事なんか救ってくれないか。
その考えに辿り着いて、きつく唇を噛み締める。


「…だったらもう誰でもいい。
どんなにクソ野郎でも、まともな生活さえ出来れば…」


裏路地にでも出れば、Ωのフェロモンで‪α‬はいくらでも釣れる。
いや、そういう系の店に働きに出てもいいかもしれない。

とにかく誰でもいいから俺と番って。
愛してくれなくていいから。

…いっそ、ここにΩがいるぞとでも叫べば釣れるだろうか?
叫んでみようと息を吸い込んだ時、後ろから聞き覚えのある声がした。


「…凪くん?」
「…先生」


…どうしてここに。
そう聞く間もなく、俺は反射的にその人に抱きついていた-



「徒然なるままに」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く