セミになりたい少女と内気な僕

ノベルバユーザー173668

新しい日々

「貴方、朝よ起きなさい!!今日もカウンセリングの仕事あるんでしょ!!」
と言われ、僕は目が覚めた。昨日あった嫌なことを忘れていた。時計の針は7を指している。そして、キッチンに向かって返事をした。
「起こしてくれて、ありがとう。優花~!」
僕は机の上にある、咲にもらったカメラを手に取った。少し色落ちしてしまってる。そんな姿を見て、
「貴方、お姉ちゃんにもらったカメラをいきなり見出してどうしたの。」
と言った。僕は、
「夢で久しぶりに咲と会った。とても楽しかったよ。」
優花は、
「そう。良かったわね。きっとお姉ちゃんは私達を見守ってくれているわ。」
と言った。
 僕は、外を見ると、セミが外にいた。
「咲、落ち込んでいる僕を君が励ましてくれたのかい?」
と言った。
すると、
「ミンミンミンミン!!」
と外でセミが鳴き始めた。
僕は、窓をあけてセミにこう言った。
「咲、もう君はいない。でも君がくれた大切な人と絶対に夢を叶えてみせるからな!!」
と言った。僕は、セミが、顔をくちゃっとして、笑ったように見えた。

コメント

コメントを書く

「恋愛」の人気作品

書籍化作品