話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

セミになりたい少女と内気な僕

ノベルバユーザー173668

告白

僕と、セミちゃんがセミちゃんの家を出ると、もう空が暗かった。そこで、今夜はホテルに泊まることにした。ホテルに着くやディナーが出てきた、寿司やステーキ、とても豪華だ。セミちゃんは一口食べて、
「美味しい!」
と言ったが、その後食べることはなかった。以前よりも食べる量が減っている。部屋に戻ると、僕は、布団に入った。すると、セミちゃんは、僕の布団の中に入ってきた。僕は少し緊張した。
「私、遊園地のキャストになりたいんだ。キャストになってみんなを幸せにしたいの。人を幸せにすることって自分も幸せになれると思うの。素敵じゃない? 先生なれると思う?」
と言った。僕は、
「絶対、なれるよ。」
と言った。生きていればと思うと僕の胸がチクリと痛む。そんなこと、セミちゃん自身がしっているだろう。すると、セミちゃんは、
「先生は何でカウンセラーになろうと思ったの?」
と言った。僕は、
「僕は昔救ってくれたカウンセラーに憧れてカウンセラーになろうと思ったんだ。」
と言った。セミちゃんが、
「先生は一体何に悩んでいたの?」
と言った。その後セミちゃんに、弟のことと、先生に助けられた話をした。すると、セミちゃんは、
「素敵な夢ね。弟さんも応援していると思うよ。もちろん私もね。」
と言った。その後しばらく会話が止まる。セミちゃんはとても寂しそうな顔をしていた。そして、
「それに比べて、私は妹に何もできなかった。ずっと私の看病をしてくれたのに、最後に妹の言うことに反抗的してしまった。」
と言った。反抗したのは、病院に残るか、出るかの話だろう。僕は、セミちゃんを軽く抱き締めた。そして、
「そんなことはない。絶対、セミちゃんのことを愛しているよ。」
と耳元でいった。僕は、入院している弟のことを愛していた。だから、セミちゃんの妹をみていれば分かるんだ。セミちゃんの妹がセミちゃんを愛していることくらい。愛していない人のためにあんなに怒ることはできないから。セミちゃんの背中はもうあまり、肉の感触がなかった。すると、セミちゃんが 、僕に弱々しい声でこう言った。
「私はね、もう余命は過ぎてるの。お医者さんにはいつ死ぬか分からないって言われているわ。」
僕は、どう答えたら分からなくて、
「そうか。」
としか言えなかった。すると、セミちゃんは泣始めた。
「私だって、本当は長生きしたい!先生や家族ともっと長くいたかった! もっといろいろなことをやって!
恋もしたかった! 私だって!」
それは、駄々っ子のようだった。僕は、なんて言葉を掛ければよいか分からない。だから、僕は、そんなセミちゃんの口を封じるようにキスをした。セミちゃんが驚きの表情で見てくるが抵抗しなかった。セミちゃんの唇はとても温かかった。僕は、キスをやめて、セミちゃんにこう言った。
「僕の恋人になってくれないか。咲!」

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く