話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

セミになりたい少女と内気な僕

ノベルバユーザー173668

覚悟

セミちゃんの家だ。僕がベルをならすと、セミちゃんの両親が出てきた。僕を見て、
「お待ちしておりました。どうぞお入りください。」
両親に案内されて一つの夢だったの部屋に通された。、部屋の中には、変わり果てていたセミちゃんがいた。セミちゃんの姿は痩せ細っていた。しかし、僕を見て、
「先生!」
と顔をくちゃっとして、笑った。その顔を見て、少し安心した。僕は、両親に言った。
「僕はセミちゃんが、死ぬのが怖くて逃げていました。今度こそ必ず咲さんを幸せにします。もう1回だけチャンスを下さい。」
と言うと、両親は、チケットを渡してきた。
「私達は、あなたが来てくれると信じていました。貴方に、咲を任せます。幸せにしてあげてください。」
僕は、チケットを受け取った。この間、行った遊園地のチケットだ。両親は、
「咲は意識を取り戻してからずっと、貴方と遊園地に行きたいと行っていました。娘の夢を叶えて上げてください。」
僕は、そっか、セミちゃんは、僕をずっと信じていてくれたんだ、それなのに僕は破ろうとしていた、あのときと同じように、僕は覚悟を決めて。
「任せてください。」
と言った。

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く