ライジング・サーガ ~恋するオトメのオンラインゲーム~

秋原かざや

SAVE1 ラブレターから始まるトキメキ☆ライフ

「こ、これ、読んでくださいっ!!」
 朝、忙しく通勤通学で行き交う人達が行き来する、いつもの地下鉄駅ホーム。
 私、龍崎りゅうざきサナは、そのホームで人生最大の大勝負に出ていた。
 そう、素敵な『彼』に手紙というか、恋文? 直球で言うとラブレターを渡したのだ。
 周りの人がみんな、私を見てる。
 注目の的だ。
 いや、私だけじゃない。
 きょとんとした顔で私を見つめる『彼』もまた、注目の的になっていた。


 時間は少し遡る。
 あれはもの凄い通勤ラッシュで、私はサラリーマンにまぎれて、押しつぶされていた。
 か弱い女子高生をぎゅうぎゅうにするのはどうかと思うの!
 仮にも近代化された都市だというのに、こういうのは、あまり変わらない。
 それでもラッシュは軽減されたというのだから、本当にそうなのかと、逆にマスコミさん達に問いただしたい。
 まあ、そんな中で、地下鉄は無情にも急ブレーキをしてくれた。
「きゃああああっ!!」
 あんだけぎゅうぎゅうだった車内が、すっと間を空けるように、丁度、私のいた場所に隙間ができた。そうなると、どうなるかっというと……バランスを崩した私は、その隙間に放り込まれて、背中からぶっ倒れると。
 頭にガンとぶつかりそうだよねーと考える時間はあった。
「……あれ?」
 けれど、来るはずの床との衝突。衝撃がなかった。
「大丈夫?」
 代わりに聞こえてきたのは、心地よいテノールの声。黒縁めがねをつけた、クセのある髪を揺らす男の人だった。たぶん、社会人じゃない……と思う。スーツとかじゃなくて、かなりラフなカジュアルな服装してたから。それに肩には少し大きめのデイバックをかけていた。
「だ、大丈夫です……」
 そんな『彼』が、なんと、私を片手で支えてくれていたのだ。
 そう思った瞬間、恥ずかしさと照れくささがいっぱいになって……。
「あっ! ありがとうございました!!」
 ぱっと避けて、立ち上がり、私は頭を下げる。
「怪我はないみたいだね。よかった」
 そういって、笑いかける笑顔が眩しくて。
 一瞬で、私は……恋してしまいました。


 というわけで、冒頭に戻ると。
 でもね、これを渡すのにも、大変だったのよ!
 どんな手紙に書くか。どんな内容を書くか。どこで渡すか。
 もう入念な計画なしで、ここまでできません!!
 私としては、100点とまではいかないけれど、かなり上手くいったと……思ってるけど……。
 ………反応、ない?
 恐る恐る、『彼』を見上げるように、その顔を見つめた。
 へ? くすくす、笑ってる?
「ごめん、ちょっと嬉しくて」
「え?」
 そ、それはどういう意味で?
「ありがとう、これ貰っていいんだよね?」
「あ、はい」
 ちらりと手紙の裏を見て、あのときと同じ笑顔で『彼』はこう言った。
「改めてもう一度、ありがとう、サナちゃん」


 こうして、私は『彼』こと、浅樹羅那あさぎらな君と付き合い始めたのです。
 でも、知らなかったの……。
 彼も私と同じ、ううん、すっごいゲーマーだってことに!!

「ライジング・サーガ ~恋するオトメのオンラインゲーム~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く