ライジング・サーガ ~初心者エルフとチート魔人~

秋原かざや

SAVE15 そんなこんなで……解決しちゃった?

 前回のあらすじ。
 怪しい視線を送っていた庭師を調査すべく、彼の部屋に向かいました!!
 もう、カインさんにおんぶにだっこですよー!!


 王宮のお庭の片隅に、彼の部屋はありました。
 まあ、ぶっちゃけ、そんなに時間、かからなかったです。
 拍子抜け?


 とにかく、この部屋に入りましょうか。
「よっし、ここはおねーさんにまっかせなさーいっ!!」
 キッドさんはさっそく、鍵を……。


 がちゃ。


 開けるまでもなく、開いた。
 音を立てて、見事に。
「あ、どうも」
 キッドさんが思わずぺこりと頭を下げる。
「え? も、もしかして……」
 思わず突っ込む私。って、ここ、突っ込むところですよね?
「ええ、合ってるよ」
 カインさんが頷いてくれます。良い人だ、本当に。
「うん、庭師、いる。驚いてる」
「捕まえろっ!!」
 私とキッドさん、そしてカインさんが突っ込んで。
「うわあああ!!」
 庭師はあっという間に抑えられたのだった。
 え? いいんですか? これで!?


 怪しいとまでは思ったけど、本当に犯人かどうか確かめるべく、ロープでぐるぐる巻きしてから、話を聞くことにしました。
「で、先ほどは何をしていたんです?」
「テーブルにあるものを、厨房で用意されている料理に入れる……つもりでした」
 嫌らしいと噂の目は、ちょっとたれ目で、ある意味、エロい雰囲気に見える……かも?
 という感じ。
 それ以外はいたって真面目な中年おじさんのように見える。
「除草薬、か……下手したら、死ぬぞ」
 カインさんが見て、告げました。
「でもまあ、鉄壁の内臓を持っている人なら、お腹下すだけかもねー?」
 キッドさんも言います。
「でも、どうしてそんなことを?」
 思わず、私はそれを訊きました。キッドさんもカインさんも驚いている様子。
「ええ、訊いてくれますか? 可愛らしいエルフのお嬢さん……」
 ほろりと涙を浮かべて、庭師さんは語り始めました。


 庭師さんは、隣の国から出稼ぎに来たそうです。
 庭師さんの家は、大家族で、出稼ぎしないと大変な家でした。
 けれど、ここに来るためには、コネが必要でした。
 コネのない庭師さんが、この職を得るには、もっと様々な障害がありました。
 それを解決してくれたのが、隣国の王様。
 王様のお願いを聞けば、ここの職を紹介しようと、持ちかけられました。
 庭師さんは、喜んで引き受けました。
 ここは隣国とはいえ、王様のお庭。それを手入れするだけでも多額のお金を得ることができるのです。
 ただ、庭師さんは知りませんでした。
 王様のお願いが、『王女暗殺』だったとは。
 そして、断ろうにも出来なかったのです。
「家族が、人質に……なっていたのです……」
 そして、仕方なく、除草薬を用意したのだと。


「なんて、王様なのっ!!」
 ハンカチで目元を押さえながら、私は立ち上がる。
「まあまあ、とにかく、事件の犯人発見だし、証拠もここに」
「うんそうだ。後はこのことを王様に報告しよう。そうすれば、クエストが……」
「うんそうだね。でも、そうなったら、庭師さんが可愛そうだわ」
 私は庭師さんのロープを解いた。
「ちょ、サナっち!?」
「報告は、私に任せてくれないかな?」
 真面目な私の視線に、キッドさんは黙ってしまい。
「サナ嬢がそのつもりなら、最後まで見守らせていただくよ」
 柔らかい微笑で、カインさんも頷いてくれた。


 おどおどする庭師さんの隣で、私は王様の前に居た。
「して、報告とは?」
「はい、王女様を狙う犯人を見つけました」
 静かに確かに告げます。
「それが、汝の隣に居る、庭師か?」
 私は王様を見て、首を振る。
「いいえ、違います」
 と。
 後ろに居たキッドさんとカインさんが、驚いている気がする。けれど、私は続けた。
「庭師さんの話を聞きました。隣国から来たそうですね」
「ふむ。彼は隣国の王から頼まれて、雇った者だ。粗末にはできん」
 それはきっといろいろあるのだろう。
「話を聞いたところ、庭師さんはいろいろ大変な家庭を抱えているようです。それを訊いた隣国の王さまが、ここに来るようにと告げられたそうです」
「ふむ、それなら問題ないのでは?」
「そうです、それ『だけ』なら」
 もう一度、王様を見据えて、私は口を開いた。
「ですが、それだけではなかったのです。隣国の王は、庭師さんの環境を盾に、恐ろしいお願いをしたのです。『この国の王女を暗殺せよ』と」
「何だと!?」
 ですが、と私は続けます。
「それはなされませんでした。その前に私達が見つけ、その行為を止めました。なので、彼に罪はありません。問題は、彼にこんな恐ろしいことを頼んだ隣国の王が、問題だと思います」
 一応、そのときに預かった除草薬ですと、カインさんが差し出す。
「けれど、それも彼から聞いた言葉です。決定的な証拠にはならないでしょう。ですが、気をつけてください。私達がずっとここにいるわけではありません。隣国がこの国を狙っていること。それだけ心に止めていただけると幸いです。また、先ほども言ったとおり、彼は事件を起こしておりません。なので、正確には犯人ではありません。これらをどう判断するかは、王様に委ねます。ただ、彼は大きな罰を与えられる者ではないと、これだけは伝えておきます」
 全てを言って、ほっと息をついた。
 全て言ったつもりだ。
 庭師さんは、可愛そうだ。
 だから、私は、そのことを告げた。しっかりした証拠もないことも伝えた。
 この後は王様が……。


「エクセレントっ!!」


 ぱんぱかぱーーーんっ!!
『シルキィキャットのメンバーは、イベントをクリアしました。
 エクセレントな行動を選んだので、ボーナスが加点されます。
 また、新たなクエストが発生しました!!』


「して、サナと申したな? みれば、おぬし、わが娘に似ておるのう?」
 えっと、そうなんですか? 初耳なんですけど?
「実は、隣国から娘を招待したいとの文が来ておってな。先ほどの話が本当ならば、それはとても危険な行為と思う」
「ええ、そうですね」
 万が一があったら、大変だ。
「そこでだ、おぬしにわが娘の影武者を頼みたい。引き受けてくれるか?」
「私でよければ、喜んで」
 と、言った途端、後ろで声があがった。
「わああ、サナっち受けちゃった!?」
「本当に、それ、引き受けるつもりなのか?」
 へ? だって、王女さまが狙われているって……。


 ぴろぴろりーん。
『シルキィキャットのメンバーは、新たなクエストを引き受けました。
 クリア条件は、王女の影武者を演じ、この国に帰国すること』


 ……あれ?
 も、もしかして、もしかしなくても、さっきの……。
「クエスト、だったの?」
「うん」
「紛うことなき、クエストだね」


 なりゆきで、新たなクエスト、引き受けちゃいました。
 ええええ!?

「ライジング・サーガ ~初心者エルフとチート魔人~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く